(Sponsored Link)

こんにちわ。管理人のペリです。花粉症の時期がティッシュが散乱してしまいます。では、本題の「ハンノキ花粉症の原因と治療法!シラカバ花粉症との併発で危険?」です。

 

1月に発症しやすいアレルギー性の花粉症の危険性を紹介します。この花粉症は通称:ハンノキ花粉症といわれているそうで、原因と治療法に迫っていきますね。

 

(Sponsored Link)

1月ハンノキ花粉症の危険性&原因

ハンノキ花粉症について、あまり聞いたことがない人も多いと思います。これは北海道等に生息していて、花粉の飛散時期が12月~1月と、

 

スギの花粉よりも少し早いのですが、スギの花粉と勘違いしてしまう可能性も高くなります。ハンノキ花粉症は水田や湿原を好み、高さは成長がはやいもので15メートル程を記録しています。

 

直径は60センチとやや細身な感じですね。

 

2014 1月の花粉症は危険!?ハンノキ花粉症の原因と治療法!

 

シラカバ花粉症の症状と似ている!?

また、ハンノキ花粉症と同じ時期に花粉症で悩まされている方はシラカバ花粉症でも悩まされてる可能性があります。

 

シラカバ花粉症同様、ハンノキ花粉症の危険性ですが、果物アレルギーとの併発に注意する必要があります。

 

特にりんごやさくらんぼを食べると、口の中にかゆみを感じて、喘息のような咳のような症状が出始めて、呼吸困難に陥る可能性もあります。

 

ハンノキ花粉症との併発について

ハンノキ花粉症の方は40%以上の確率で併発してしまう可能性がありますので、注意が必要ですね。

 

ハンノキは雌雄同株、落葉樹で花粉量はそれほど多くはないみたいなのですが、シラカバ花粉症の方がハンノキ花粉症のアレルギー症状を引き越してしまう事もあるみたいです。

 

ラテン語でハンノキとは「水辺に栄える」という「ALNUS」といわれており、水に耐久力が優れており、水辺に自生する樹木という意味を表しています。

(Sponsored Link)

 

 

【まとめ】

 ■北海道在住の方で1月から花粉症で悩まれている方はハンノキ&シラカバ花粉症を警戒

 

■りんごやさくらんぼ等の果物過敏症との併発に注意

 

花粉の種類は何種類!?

日本では約60種類もの花粉が存在しており、スギ・ヒノキといった花粉は本州・四国・九州から風邪に乗って北の方へ浮上していきす。

 

ですので、沖縄や北海道在住の方はスギ花粉からくるアレルギー性の花粉症ではない可能性が高くなりますね。

 

ハンノキ花粉症の治療法

花粉症の治療を始める前に、本当に花粉からくる鼻水・鼻づまりといったアレルギー性鼻炎であるかどうかをチェックする必要があります。

 

花粉はI型アレルギーと分類されており、花粉以外では、ハウスダストや動物の毛からのアレルギー性鼻炎があります。

 

耳鼻科でアレルギー性鼻炎の原因花粉をチェックして貰いましょう。確認方法として一般的に2種類あるそうです。

 

①鼻汁好酸球検査(鼻水を採取して調査)

 

②血液検査

 

一番の治療法は花粉症の原因となる物資に触れない事であり、北海道の方では移住する事をオススメします。ですが、仕事の関係等で”そんな簡単にできないよ”という方はやはり、抗ヒスタミンを服用する必要があります。

 

抗ヒスタミンの服用はどう?

抗ヒスタミンの服用は、くしゃみや鼻水には効果抜群ですが、鼻づまりに対しては効果が減少してしまいます。

 

現在では鼻づまりにも有効とされている薬も使用されているそうです。副作用が嫌な方はステロイド系の点鼻薬を使用する事で鼻づまりに効果を発揮しますね。

 

近年ではレーザー療法を施される所もあり、レーザーといっても出血もなく、通院だけで入院も必要ないそうです。

 

これは、花粉症からくる鼻づまりに長期的な効果を発揮するのに対して、くしゃみや鼻水に対する効果は1年程度とされています。

 

【まとめ】

■花粉症となる原因の物質を検査する

 

■出来る限り原因となる物質に触らない。不可能であれば、抗ヒスタミンの服用&点鼻薬を常備

 

■近年ではレーザー療法が取り入れられている

 

(Sponsored Link)
The following two tabs change content below.

ペリ&肌男

健康や美容がテーマとなります。主にダイエット&ニキビを中心にブログを立ち上げました。男女2人がこのブログの管理人で、それぞれのコンプレックス解消に役立った商品の生のレビューや解消方法などを紹介しています。