(Sponsored Link)

こんにちわ。管理人の肌男です。そもそも赤ニキビってなに?

 

赤ニキビができる原因はニキビの第一段階「白ニキビ」を放置して、毛穴の中でアクネ菌が増えてしまうことが挙げられます。

 

詰まった毛穴の中は、皮脂などの油分をエサに、アクネ菌がどんどん増殖している状態です。

 

アクネ菌は誰の肌にも存在している常在菌で、本来は肌のバランスを整える役割がありますが、増えすぎると炎症を起こし、肌トラブルの原因となります。

 

赤ニキビは赤く腫れ、触ると熱を感じ、時折痛みを感じることが主な症状です。

 

ニキビ跡になりやすい段階のニキビですので、早めの対策がニキビ跡を残さないために重要となります。

 

(Sponsored Link)

赤ニキビを冷やすのは逆効果?

「炎症を起こして赤くなっているし、触ると熱があるので冷やすと改善されるのでは?」っと思って冷す人も居ますが、それはニキビを悪化させてしまいます。

 

ニキビはアクネ菌によって引き起こされる炎症ですので、冷しても全く意味がありません。

 

炎症を鎮める抗炎症作用のある薬を使わなければ治ることはありません。

 

顔には毛細血管という細い血管がたくさんあり、細い血管なだけに冷えにとても弱いです。

 

血管は冷やしてしまうと収縮してしまい、血行不良を引き起こしてしまいます。

 

また、冷えてしまうとターンオーバーが起こらなくなってしまい、逆にニキビが治らないことでニキビ後の原因になってしまう場合もあります。

 

肌に直接氷を当てて冷すことは、肌の細胞にダメージを与えてしまい、最悪細胞が死んでしまいます。

 

さらに、冷すことで必要な皮脂まで流れ落ちてしまいます。

 

すると乾燥肌になり、大人ニキビを招く原因になります。

 

しかし、洗顔の際に冷たい水を使用するのは大丈夫です。

 

赤ニキビが出来たときにしてはいけないこと

・冷す

・赤ニキビに触る、潰す

・1日に何度も洗顔をする

・ニキビ専用の洗顔料を使う

・ファンデーションやコンシーラーでニキビを厚く覆う

・油分の入った化粧品を使う

 

ニキビが目立ってきたら、ニキビ専用の洗顔料に変える方も多いと思いますが、ニキビ専用の洗顔料は、ニキビの原因の皮脂を落とすことに特化した洗顔料です。

 

たしかに、ニキビの原因は皮脂ですが、必要な皮脂まで落としすぎると乾燥し、乾燥が刺激になり、ニキビを悪化させてしまいます。

 

特に、成人してからのニキビは皮脂が原因である場合は少ないので、市販のニキビ専用の洗顔料はオススメできません。

 

また、化粧品に含まれる油分は、ニキビのもとであるアクネ菌のエサになりますので、ニキビを余計に悪化させてしまいます。

 

赤ニキビの改善におすすめの洗顔料「nona」の生の口コミ!

 

「nona」を実際に使用してみた感想

 

100%オイルカットの化粧水やファンデーションを使うのをオススメします。

 

難しいようであれば、化粧下地やファンデーション・フェイスパウダーなど、顔の広い範囲を覆う化粧品は100%オイルカットのものにし、

 

それ以外は油分が入っている物などにする工夫をすれば、比較的ニキビを減らすことができます。

(Sponsored Link)

 

逆に温めるのは効果的!

蒸しタオルを使わずに、湯船につかり毛穴を開かせ、それから洗顔を行うことで、毛穴の奥底のアクネ菌を洗浄することができるので、ニキビ改善や予防に効果的です。

 

また、冷水で洗顔するより、体温より低い温度のぬるま湯でやさしく洗顔することで、不要な皮脂だけを落とすことができます。

 

肌がしっとり潤っていないと、毛穴の周りが硬くなり、余計に皮脂や汚れが毛穴に詰まってニキビを悪化させてしまうので、洗顔後はニキビ部分も保湿することが重要になります。

 

おすすめは週に1〜2回の酵素洗顔

毎日の肌ケアだけでは、ニキビを繰り返したり、毛穴が目立って仕方がないという方も多いと思います。

 

そんな時にお手軽に解消したい場合は市販の酵素洗顔を夜に週1〜2回の頻度ですると、毛穴の汚れや角質まですっきり洗い流すことができます。

 

毛穴の汚れをしっかり洗浄することができるので、肌トラブルを防ぐことができ、化粧のりも良くなるのでおすすめです。

 

肌質に合うか心配な方は、まずは少量入りのトライアルパックで試してみると良いでしょう。

 

赤ニキビにイソジンは効果的?

うがい薬として昔から愛用されてきたイソジンですが、赤ニキビに効くとネット上で話題となっています。

 

その理由は、イソジンにはポビドンヨードという、ヨウ素に含まれる抗微生物成分にあります。

 

このポビドンヨードには殺菌作用があり、うがいによって構内の細菌を殺菌や切り傷の殺菌消毒として効果があり、さらにニキビのアクネ菌をも殺菌することができると考えられます。

 

イソジンで赤ニキビをケアする方法は、洗顔後にイソジンを化粧水のようにコットンにつけて、ニキビ部分に軽く塗布します。

 

副作用が心配の方は、イソジンを水で希釈してから、コットンにつけ患部に付けると刺激になりにくいです。

 

3週間程度継続的に塗ってみて、もし途中で症状が改善されなかったり、副作用が出た場合は使用を中止しましょう。

 

赤ニキビにイソジンを使う際の注意点とは

イソジンは風邪菌などのバイ菌を殺菌できる非常に強い殺菌作用のある濃い液体ですので、ニキビケアには個人差が大きく、副作用として皮膚の刺激感や発疹や発赤などの症状が出てしまう人も居ます。

 

また、イソジンの製造元である明治株式会社は、顔や体の皮膚には使用しないでくださいと名言していることから、イソジンでニキビケアをする際は完全に自己責任で行うべきでしょう。

 

酷ければ医師に相談しよう!

軽い赤ニキビなら民間療法で様子を診ても良いのですが、あまりにもニキビの範囲が広かったり、何度も治っては出来てを繰り返したりするなら、

 

自分でなんとかしようとせず、専門医に診てもらいんましょう。

 

正しい洗顔の方法や、日常生活で気をつける点、生活習慣や食生活などのアドバイスを、専門家から聞くことができます。

 

ニキビを悪化させないためには、朝と夜の洗顔が大切です。

 

朝は洗顔料やクレンジングなどを使わず、ほこりなどを洗い流すイメージでぬるま湯で洗顔し、化粧水や乳液などでしっかりと保湿します。

 

赤ニキビにおすすできる化粧水リプロスキンの生の口コミ

 

リプロスキンを実際に使用してみた感想

 

夜に湯船に浸かって、しっかりと毛穴を開かせてから洗顔料を使ってケアしてあげると、肌トラブルを回避しやすくなります。

 

(Sponsored Link)
The following two tabs change content below.

ペリ&肌男

健康や美容がテーマとなります。主にダイエット&ニキビを中心にブログを立ち上げました。男女2人がこのブログの管理人で、それぞれのコンプレックス解消に役立った商品の生のレビューや解消方法などを紹介しています。