秋の季節になると、特に男性の方は抜け毛を気にされている方も多いと思われます。基本的に成人男性の場合だと1日に100本ほどは抜けているといわれています。

 

特に秋の季節になると1日に約250本ほど抜けているとされていますが、これは個人によっても変わってきますね。元々、抜毛が1日約200本ほど抜けている方であれば、特に抜け毛による薄毛を気にする必要はないでしょう。

 

「つまり、個人によっては1日50本ほどの抜毛で薄毛になることもあるということです。」

 

男性の場合で、抜け毛による薄毛を気にしているのであれば抜け毛の本数というよりも、抜けた髪の毛の状態を確認すること必要があります。

 

つまり、抜けた髪の毛の状態が成長段階の短い髪の毛の場合であれば、男性型脱毛症疑った方がいいですね。勿論、秋の異常な抜け毛にも注意が必要です。

 

というのも、秋に大量に抜けていたにも関わらず冬や春になってもそのまま大量に抜け毛が増えたままになることもあるということです。

 

(Sponsored Link)

秋の季節に抜け毛が増加する原因とは

秋に抜け毛!男性は必見!

秋の季節に抜け毛が増加する原因として、体内にある抜毛や薄毛を抑制する物質「IGF-I」というものが作られにくくなることが挙げられます。

 

「IGF-I」とはインスリン様成遺伝子というもので、これが増加することで、毛母細胞を活性します。すると、健康的な抜けにくい髪の毛を発育させることができますし、アンチエイジング効果にも期待することができるのです。

 

「IGF-I」は本来、頭皮といった外的な視覚神経の刺激や胃腸といった内的な知覚神経の刺激によって増加させていくことができます。

 

秋は頭皮の温度が低下する

つまり、秋といった気温が下がる季節になると、頭皮の温度も下がってきますので、「IGF-I」が作られにくくなってしまい抜け毛が増加してしまうのです。

 

また、抜け毛が増加する原因として、夏の季節に受けた頭皮へのダメージが挙げられます。夏の季節では、高い気温や湿気などで大量に汗をかいてしまい頭皮の毛穴に皮脂を溜めてしまうことも多々ありますね。

 

さらに、紫外線によるダメージを受けたことによる血行不良や冷たい飲み物や食べ物の摂取し過ぎによっても知覚神経は刺激を受けにくくなり抜け毛の原因となりますね。

 

秋の抜け毛は夏のダメージが多いに影響!?

秋の季節になると湿気も低下してきます。これは肌が乾燥してしまうので、頭皮の温度を下げてしまいます。

 

「つまり、秋の季節は夏に受けたダメージが大量に出てきて抜け毛が促進する」

 

ということになります。毎日シャンプーをしてたけど抜け毛が促進されている場合には皮脂や汚れが頭皮に少しずつ溜まっている可能性があります。

 

IGF-Iを促進させる方法とは

秋に抜け毛!男性は必見!

(Sponsored Link)

IGF-Iを増やすためにはできる限り入浴する際にお湯を沸かして浴槽に入浴すると良いですね。入浴することで、皮膚の知覚神経を刺激することができますので、ストレスに敏感な交感神経を休息させて、副交感神経を高めることができます。

 

【ポイント】

「IGF-Iを高める方法として、副交感神経を刺激する」

 

副交感神経の働きを高める方法としては快適な睡眠による成長ホルモンの分泌が大切です。快適な睡眠時間を確保するためには髪の毛が成長しやすい夜10時~午前2時頃までに寝て質の良い睡眠を心がけると良いですね。

 

さらに、快適な睡眠を得るためには適度な運動も重要で、筋肉の緊張を緩和したり、頭皮への血行も良くします。

 

食事で抜け毛を抑制する方法

秋に抜け毛!男性は必見!

食事によって抜け毛を抑制するためには青魚や海草類、ゴマなどを積極性に摂取することが大切で、また、牛乳や大豆、卵などのタンパク質も髪の毛には重要です。

 

■タンパク質⇒髪の毛をつくる

■ビタミン類⇒新陳代謝の促進

■亜鉛⇒抜け毛の抑制

■ヨード⇒髪の毛の発育促進

■コラーゲン⇒健康な髪の毛をつくる

 

上記は髪の毛に良い成分なので積極的に摂取することをおススメします。

 

唐辛子と豆腐で抜け毛を抑制!?

秋に抜け毛!男性は必見!

以前、某番組にて唐辛子に含まれるカプサイシンと豆腐に含まれるイソフラボンを同時に摂取することで抜け毛を抑制することができるとの情報が流れていましたね。

 

実はこれは嘘というか、本当は

 

「名古屋市立大大学院医学研究科の教授によるねつ造」

 

ということが発覚しました。

 

その結果、教授は懲戒解雇となりましたね。これはYahoo!ニュースや「オールアバウト」でも話題になっていました。ですが、カプサイシンにはカルシトン遺伝子を増加させる仕組みがあるとの報告がありますね。

 

簡単に説明すると、血管を拡張する仕組みがあり、知覚神経を刺激することからIGF-Iを増加させることができるといわれています。

 

つまり、カプサイシンが全く抜け毛の抑制に効果を発揮しないかというとそうでもないとということが分かります。

 

「ほどよく唐辛子などを摂取することが抜け毛の抑制につながる」

 

ということになりますね。

 

(Sponsored Link)
The following two tabs change content below.

ペリ&肌男

健康や美容がテーマとなります。主にダイエット&ニキビを中心にブログを立ち上げました。男女2人がこのブログの管理人で、それぞれのコンプレックス解消に役立った商品の生のレビューや解消方法などを紹介しています。