アトピーの赤ちゃんが最近増加している傾向にあり、かゆみや湿疹が起きやすくなるので、ストレスが溜まる原因にもなっています。

 

特に、食物アレルギー持ちの赤ちゃんの場合、乾燥や湿疹・たまに軽いアトピーのような症状を発症する可能性があります。

 

(Sponsored Link)

アトピーの赤ちゃんに日焼け止め対策

赤ちゃん日焼け止めに人気は?アトピーにオーガニックが必要?
また、アトピー持ちの赤ちゃんの中には日焼け止めを塗るだけでかぶれてしまい、敏感肌に対応している日焼け止めであっても合わないものもあります。

 

だからといって、日焼け止めを塗らないで外出したせいで軽く日焼けをしてしまうと目の周りがかぶれてしまうことがあります。

 

ですので、肌が弱い赤ちゃんや子供には、一般的に先に保湿剤を塗ってから日焼け止めを塗るので、肌のガサガサを抑制する必要がありますね。

 

赤ちゃんが日焼け止めを塗らずに日向にいても問題ない時間が約15分といわれていますので、10分以上は日陰で休憩した方がいいです。

 

赤ちゃんと外出する際の注意点

赤ちゃんを連れて外出際の注意点ですが、午前10時から午後2時までの時間帯に外出するのは控えた方がいいですね。

 

というのも、やはり日差しが強い時間帯といえますので、日焼け防止のためにも外出を控えるのは効果的です。以下に日焼け止め予防の服装についてまとめました。

 

■首の後ろまでカバーする防止を着用

■虫除け効果も含め半袖・長ズボン

■紫外線をカットできる薄い色のレンズが入った子供用サングラス(目の横までカバーできるゴーグルタイプをオススメします。)

 

紫外線が赤ちゃんに与える影響

赤ちゃん日焼け止めに人気は?アトピーにオーガニックが必要?

 

紫外線にはA波とB波の2種類あり、以下にその2種類について紹介していきますね。

 

紫外線A波

紫外線A波は肌の土台となる真皮の大部分となるコラーゲンを破壊していきます。これが原因で肌の土台が弱り、肌が生まれ変わる時には保湿力の弱い細胞しか生れず、さらに、新陳代謝といった肌の生まれ変わりに必要不可欠なものも乱れてしまうのです。

(Sponsored Link)

 

その結果、乾燥している古い角質が肌の表面に残り続けてしまうことから幾つにも重なってしまいます。特に赤ちゃんの肌は保湿に気を付けないとすぐにダメージを受けてしまうので将来を見据えるためにも日焼け止めは必要ですね。

 

紫外線B破

紫外線B破は肌に日焼けを起こし、肌にメラニンを増殖させるので、黒くさせてしまいます。日焼けは火傷と同じなので、赤ちゃんにはしっかり日焼け止めを塗る必要があります。日焼けをしてしまった場合には、まず、水で冷やし、保水することで最小限にダメージを抑えると良いです。

 

赤ちゃんの皮膚は大人と違い、皮膚の機能が未完成なので、体内の水分を皮膚を通して外へ排出してしまう傾向にあり、皮膚の層が薄いので日焼け止めをしないと、皮膚の奥の機能まで壊してしまう場合があります。

 

赤ちゃんの頃にしっかり紫外線対策をしておかないと、大人になった時に白内障や皮膚がんのリスクを高めてしまうので、十分な対策をする必要がありますね。

 

赤ちゃんに日焼け止めを使用する際の注意点

赤ちゃんの日焼け止めとして使える強さの数値や成分に関しては以下をオススメします。

 

■SPF10~20

■PA+~++

■紫外線吸収剤無添加・無香料・無着色といったノンケミカル

 

さらに、オーガニックな日焼け止めであれば良いですね。数値が高ければ高いほど日焼け止めの効果は高いですが、肌への負担が大きく、石鹸では落とせないほどの強い刺激となるので、赤ちゃんには使用しないようにしましょう。

 

また、日焼け止めを塗ったからといって汗など濡れた場合には再度塗り直すようにした方がいいですね。

 

「日焼け止めを塗るのはかわいそう」または、「紫外線を浴びないとビタミンDやセロトニンが分泌され
ない」といった声もありますが、やはり適材適所となりますね。

 

赤ちゃんにおすすめの日焼け止めとは

オゾン層の破壊は確実に進んでいるので、長時間太陽を浴びるような外出であれば、アトピーの赤ちゃん
でも、皮膚に合った日焼け止めを使用した方がいいですし、ほんの数分であれば塗る必要もないといえます。

 

赤ちゃんの日焼け止めに人気の商品を以下にまとめました。

 

■Alobaby UVクリーム

100%オーガン行く植物で構成されており、さらにベビーオイルなので顔や全身ベビーマッサージにも使えます。

 

■オーガニック モスガード

生後6ヶ月から使用可能な日焼け止めで天然ミネラルの一種である酸化亜鉛と二酸化チタンを紫外線散乱剤として使用されているので紫外線をカットできます。また、メイドオブオーガニックなので、白っぽさが残ったりもしないです。

※SPF15、PA++

 

■アトピタ

アトピー肌の赤ちゃんにも安心して使用でき、天然成分であるヨモギエキスがお肌を保湿します。また、紫外線吸収剤不使用で無香料・無着色といたノンケミカル100%でできています。

※SPF29 PA++

※アレルギーテスト済み

 

日焼け後のケア!子供は?ビタミンはかゆみに効果的!?

 

 

(Sponsored Link)
The following two tabs change content below.

ペリ&肌男

健康や美容がテーマとなります。主にダイエット&ニキビを中心にブログを立ち上げました。男女2人がこのブログの管理人で、それぞれのコンプレックス解消に役立った商品の生のレビューや解消方法などを紹介しています。