テーマは「便秘に悪い食べ物とは?食物繊維の効果的な摂取方法!」です。

 

日本人は腸が長いこともあり、肉類は消化に時間がかかるので腐敗しやすく、腸内環境の悪化に繋がります。

 

(Sponsored Link)

便秘に悪い食べ物:概要

便秘に悪い食べ物とは?食物繊維 の効果的な摂取方法!

便秘に悪い食べ物にはしぶ柿・赤ワインなど多量のタンニンが含まれ、下痢止めとして使われています。また、肉類にかたよった食事は大部分が吸収されるため、便の量が減少するので、大腸の調子に良くありません。

 

少量であれば、肉に含まれる脂によって便通が良くなることもありますが、悪玉菌のエサとなりますので注意が必要です。

 

腸内に悪玉菌が増加していくと食べたものを有毒物質へと作り出します。これは血管から全身へとまわっていき、体臭や肌荒れの原因にもなります。

 

特定のものを食べ過ぎることも便秘になる傾向があります。ですので、バランスの取れた食事を心がけましょう。

 

その他にも便秘に悪い食べ物を以下にまとめました。

■牛乳

■食物油(オリーブオイルを除く)

■マーガリン・洋菓子(トランス脂肪酸が含むもの)

■未熟な果物

便秘が何週間も続き、重度となると、体全体に悪影響を及ぼす場合もあり、こうなると外科的方法で摘出する必要になります。

 

食物繊維の効果的な摂取方法

 

便秘に悪い食べ物とは?食物繊維 の効果的な摂取方法!

食物繊維は一般的に便秘に効果的といわれています。実はこの食物繊維には2種類に分類され、それぞれに役割があります。

(Sponsored Link)

 

食物繊維は水溶性食物繊維不溶性食物繊維の2種類にわかれており、この二つをバランスよく摂取することで便秘解消に繋がります。

 

例えば、腸が過敏になっていたり、直通に便が溜まっている時は、不溶性食物繊維の摂取は逆効果となります。

 

ですので、このような便秘のような状態には水溶性食物繊維を中心に摂取するといいです。また、刺激物は摂取しない方がいいです。

 

その他にも以下の食べ物には注意が必要です。

■コーヒー

■タバコ

■唐辛子などの辛いもの

■アイスなどの冷たいもの

 

水溶性食物繊維は便を柔らくする!

水溶性食物繊維は便を柔くしてくれますし、腸内で水分を抱え込んで有害物質を吸着・排出の作用があるのです。また、善玉菌のエサにもなります。

 

水溶性食物繊維が含まれる食べ物

■昆布

■わかめ

■果物

■こんにゃく

 

不溶性食物繊維は腸を刺激する!

不溶性食物繊維は腸内で水分を含むことで数十倍に膨らみます。これが腸壁を刺激して便秘解消を促します。

 

不溶性食物繊維が含まれる野菜

■穀類(そば、ライ麦等) 

■豆類( 大豆、小豆、えんどう豆等)

 

■野菜類(ごぼう、切干大根、ブロッコリー、たけのこ、とうもろこし等)

 

■イモ類( さつまいも、里芋、山芋等)

 

■きのこ類(えのき茸、きくらげ、しいたけ等)

 

不溶性食物繊維ばかりを摂取すると便が硬くなるので逆に便秘になることがあります。ですので、水分と一緒に摂取することをオススメします。

 

元々、食物繊維とは人間では消化できないものなので、便として排出されてしまいます。毎日18~20gの食物繊維質を摂取すると便通を正常に戻します。

 

また、食物繊維を多く含む食物は食べ物の体積を大きくしますので、満腹感が得られ食べ過ぎを予防できます。ですが、食物繊維の過剰摂取はビタミンや微量栄養素の無機質の吸収率を下げますので注意しましょう。

 

(Sponsored Link)
The following two tabs change content below.

ペリ&肌男

健康や美容がテーマとなります。主にダイエット&ニキビを中心にブログを立ち上げました。男女2人がこのブログの管理人で、それぞれのコンプレックス解消に役立った商品の生のレビューや解消方法などを紹介しています。