(Sponsored Link)

これ一読で二日酔いマスターになれます。春の季節は、歓迎会や送別会などが多くなるので、二日酔いには注意する必要がありますね。

 

ですが、二日酔いを防止する方法に関してかなり多くの方が間違った認識をしている可能性があります。

 

(Sponsored Link)

二日酔いの概要編 

二日酔い防止や飲む前に食べ物を摂るといいものとは!?

 

 

二日酔いを防止するには効果的な食べ物を摂取して正しい飲み方をする必要があります。

 

ですので、お酒を飲む前や飲んでいる時に食べると効果があるものを以下にまとめました。

 

飲む前・飲酒中に防止できる食べ物

二日酔い防止や飲む前に食べ物を摂るといいものとは!?

 

■ラムレーズン・ナッツ類・サラダなどの脂肪分

ヨーロッパでは、アルコールの吸収を抑えるために、オリーブオイルを事前に1杯飲むそうです。また、ノンオイルではない、ドレッシングがかかったサラダを食べるのもいいでしょう。

■録茶・ペットボトルといったカテキン入りのお茶

(上記の脂肪分を摂取したくない方にはお茶をオススメです。)

飲み物の中でも牛乳は脂肪分が4%しかないので効果的ではないです。

 

■ウコン・カレー・マスタードなどクルクミンが多く含まれているもの。

ウコンはターメリックともいわれていますね。

 

これらは胆汁の分泌を促進して肝臓全体の解毒作用を高めてくれます。

 

■かぼちゃの種・玄米・ごまなどビタミンB15を多く含むもの

(ごまは脂肪分も多いので注意です。)

特にゴマは活性酸素を取り除き肝機能を高めて、アルコールの代謝を高めるといわれています。ゴマのサプリメントを服用するのもいいですね。

 

■キャベツ・ブロッコリー・カリフラワー・ケールなどのスルフォラファンが多く含まれているもの。

 

飲んだ後に二日酔いを防止できる食べ物

二日酔い防止や飲む前に食べ物を摂るといいものとは!?

■オレンジジュース

オレンジに含まれる果糖はアルコールの分解スピートを早めてくれます。また、ビタミンCもアセトアルデヒドの分解を促進してくれますね。

 

■柿

柿に含まれるタンニンが胃の粘膜を収縮させるので、アルコールの吸収を緩やかにします。さらに、ビタミンCも豊富でカタラーゼといった酵素がアルコールの代謝を活発にします。

 

■梅干

梅干に含まれるクエン酸がエネルギーを生み出す回路を活発にしてくれます。飲酒時は各栄養素がアルコール分解に必要となり、一時的にエネルギー不足になることから効果抜群ですね。

 

普段から、ビタミンや良質な蛋白質を含む食事をすることで肝機能を鍛えておくのも重要です。

(Sponsored Link)

 

アルコールとアセトアルデヒドを分解してくれる食べ物

 

二日酔い防止や飲む前に食べ物を摂るといいものとは!?

■あさり・しじみ・はまぐり等の貝類に多く含むアラニンやグルタミン効果的です。

 

タウリンを多く含む、たこ・ほたて・イカ等の貝類

 

オルニチンを多く含むゴマ・カシューナッツ・鶏胸肉などの肉類

 

Lシスティン・メチオニンを多く含む卵・豚肉・しゃけ・ひまわりの種

 

セサミンが多く含まれるゴマ・大麦・ライ麦・米。これらはアルデヒドの分解を促進。特にゴマは二日酔い予防に万能とされています。

 

飲み終わった後の炭水化物は低血糖や吐き気を抑えてくれますが、食べ過ぎには注意が必要ですね。

 

二日酔いの可能性を低める飲み方

二日酔い防止や飲む前に食べ物を摂るといいものとは!?

知っている事もあるかもしれませんが、二日酔いにならないような飲み方を以下にまとめていきたいと思います。

 

■空腹時にお酒は飲まないようにした方がいいです。

すぐに体内に吸収されて、血中アルコール濃度が上がってしまいます。ですので、上記で述べた食べ物を摂取してから飲酒とするといいです。

 

■アルコールを低カロリードリンクや炭酸で割らない方がいいです。

特に、炭酸はアルコールの吸収スピードを早めてしまうので、カルピスやお茶割りで飲むといいでしょう。

 

■温度が高い熱燗から飲まない方がいいです。

というのも、鼻からアルコールの気体を吸収してしまうので、直接脳までお酒を与えてしまいます。

 

■飲酒中や飲酒前に薬を服用しない方がいいです。

アルコールと薬の科学反応によって、頭痛などの副作用を起こしてしまう可能性があります。

 

■運動をしながら飲むと、糖分の消費や脱水症状によって二日酔いの原因となります。

二日酔いとなる原因は主に、低血糖症や脱水症状に多いので注意が必要です。

 

 

■安酒や蒸留酒、メタノール入りの酒は飲まない方がいいです。

お酒には蒸留酒と醸造酒の2種類がり、特に、安酒同様、蒸留酒の方が不純物が多いので二日酔いになりやすい傾向にあります。

 

また、アルコールには、メタノールとエタノールがあり、特に、メタノールは体内での処理に時間がかかるので、二日酔いになりやすいです。

 

ですので、メタノールの含有量が少ない焼酎・ウォッカ・ジン・ラム・泡盛などから飲むといいです。

 

二日酔い防止や飲む前に食べ物のまとめ

以上の他にも、一般的に知られているチャンポン酒や遅くまで飲まないことも重要ですね。ビール一本を体内で分解をするのに約3時間かかるといわれています。

 

また、お酒は飲めば飲むほど、利尿効果があるので、脱水症状となります。ですので、寝る前は必ず水分補給をした方がいいですね。

 

⇒二日酔いで寒気や吐き気が治まらない理由とは!?

 

(Sponsored Link)
The following two tabs change content below.

ペリ&肌男

健康や美容がテーマとなります。主にダイエット&ニキビを中心にブログを立ち上げました。男女2人がこのブログの管理人で、それぞれのコンプレックス解消に役立った商品の生のレビューや解消方法などを紹介しています。