(Sponsored Link)

テーマは「五月病の治し方!対策は食事?克服には筍のチロシンが重要!?」です。こんにちわ。管理人のペリです。五月病の治し方を徹底的に分析してみました。

 

五月病の治し方・対策・克服方法をまとめましたので参考になると思います。

 

最後ら辺の筍に含まれるチロシンは物凄く納得できますよ!。

 

(Sponsored Link)

五月病の原因・注意点

春になると多くの新人はゴールデンウィーク明けころから心身の不調に悩まさせられると思います。特に、体の重さやだるさを感じたり、睡眠をとっても疲れがとれないとなると五月病の可能性があります。

 

また、新生活に一段落すると、「期待していたけれど、現実は違うのか」といった喪失感・無気力がさらに、心身の不調を重たくさせることもあります。

 

ですが、新生活を始めた方であれば、五月病は誰もが感じる一般的な不調だと思えばいいでしょう。ゴールデンウィーク中に夜更かしや、飲み会等で生活リズムが乱れることも五月病につながりますので注意が必要です。

 

五月病で注意すること

五月病は長引かさいことが大切です。6月・7月と続いて行く場合は「アバシー状態」といわれるような無気力・無感動な態度になるので、周りの友人達に自分の想いを話すようにしましょう。

 

■五月病のの原因「ビア・プレッシャー」

「ビア・プレッシャー」とは自分と周りを比べることから起きる精神的な圧迫のことをいいます。

 

例えば、新社会人の場合、先輩社員がノルマを達成してく姿に、「自分も頑張らないといけない」といった”あせり”であったり新入生であれば、周りが優秀な学生ばかりだと自信の喪失に繋がったり、地方からきた学生の場合、文化の違い等も実感することもあるでしょう。

 

こういったあせりや圧迫感が原因で自信の喪失や無気力感に襲われないようにするために、「これは誰にでも感じること」と割り切ることを大切です。

 

うつ病で仕事ができない・ついていけない時の改善方法!

 

周りに振り回されずにコツコツと自分の目指す方向を進むことで、自然と実力もついてくるものです。

 

五月病の治し方・克服・対策「食事&心理編」

①高田純次を意識する

完璧主主義な人は五月病だけではなく、うつ病にもなりやすい体質です。

 

「8割できればオッケイ」という想いで仕事・人間関係をこなしていきましょう。

 

 

②ストレスを発散させる

心の中にある不満をカラオケや車の中で大声を出すようにしましょう。スッキリすることが大切です。

 

散歩や適度なスポーツも適度な疲労から質の高い睡眠を得られるので効果的です。

 

 

③「健康な体には健康な魂が宿る」

規則正し生活をして体調を整えるようにしましょう。不規則な生活はネガティブな思考につながります。

 

ですので、前向きな思考でいられるように、早寝早起きのリズムを作るようにしましょう。

 

 

④睡眠の重要性

五月病は脳内の伝達物質の問題によって引き起こされます。ですので、脳内にも十分な休息が必要となります。

 

睡眠不足は頭痛・めまい・下痢にもつながりますので質の高い睡眠を得ることが大切です。

 

 

⑤五月が旬の食事療法

新玉ねぎ・新キャベツ・ピーマン・たけのこ・アスパラ・さやえんどうといった野菜類、他にもいちご・マグロ・カツオ・わかめ等を摂取して栄養をとるようにしましょう。

 

カルシウムを多く含む、小魚・干し海老などの食品はイライラを減少させることができます。毎日摂取するのはむずかしいので牛乳が効果的です。

 

牛乳はマグネシウム・ビタミンCと一緒に服用すると、カルシウムの吸収を助けますのできのこ類や魚であれば、鮭・カレイと一緒に摂取するといいですね。

(Sponsored Link)

 

アーモンド・大豆・落花生・納豆などにもマグネシウムは含まれているので手軽に補給することができます。

 

【以下、五月病対策のレシピ参考サイト】

五月病対策・ストレスをリセット!オススメレシピ!

 

 

⑥目標設定の重要性

「1日ヶ月に10冊は本を読む」「資格を取得する」等の目標を立てて自分の中の向上心をあげましょう。

 

 

⑦リラックスタイムの作成

人間には心の休息が必要です。365日仕事のこと・いつも気を遣っていることがあると思考も休むことができません。

 

ですので、”何も考えない時間”(瞑想)を15分でもいいので実践してみると、本当に前向きな気持ちになれます。←実際に私も実践しています。

 

個人的に高田純次療法がかなり効果抜群かと…。40℃以下のお風呂に浸かることも五月病対策で効果があるといわれていますね。

 

五月病の治し方・対策・克服ランキングTOP5

 

五月病の治し方!対策は食事?克服できる7つの方法

 

五月病を治す方法ですが、アロマテラピーやハーブ・筍も効果的といわれていますね。

 

アロマテラピーで対策・克服方法

五月病の根源はストレスにあります。気分が沈むと食欲不振や不眠といった体調不良を引き起こしてしまいます。

 

これに対して、アロマテラピーでは”匂い”で五月病を克服していきます。人間は香りによっては気分を落ち着かせることができます。

 

効果的な克服・対策ですが、寝る前にアロマオイルをハンカチ等に数滴垂らして枕元に置くと良いですよ。

 

アロマポットやアロマバス等も実践すると良いでしょう。

 

ハーブで対策・克服法

ハーブの中でも、セントジョーンズワートが効果的ですね。ふさぎ込んだ気持ちを明るい気持ちにさせるそで、

 

古代ギリシャ時代から「悪魔を祓うハーブ」として普及されていたそうです。ある研究によると、実際に抗鬱剤よりも効果があるではないかといわれています。

 

また、五月病の原因の一つにセロトニンの不足があげれていますがセントジョーンズワートはセロトニンの量を調節してうつ病を緩和できるとのこと。

 

その他のハーブで効果的なのはカモミール・バレリアン・パッションフラワー等があります。

 

五月病は筍で克服

筍には「チロシン」といったやる気を高める成分が含まれていることが判明しました。チロシンは脳を活性化させるドーパミンやアドレナリンの分泌に必要がものです。

 

ドーパミンやアドレナリンはやる気や集中に関係しますので、チロシンを補給することで脳を活性化させ、やる気スイッチを”オン”になるということになります。

 

最近では、認知症やパーキンソン病にも予防・効果があるといわれていますね。筍の節の隙間にある白いモロモロとした部分がチロシンの結晶化になりますので、

 

ここを取り除かずに料理をしていきましょう。チロシンは筍の他にも大豆・卵の黄身・チーズ・たらこ・しらす干し・落花生等にも含まれています。

 

チロシンの効果を高める方法

チロシンの効果を高める方法ですが、ブドウ糖と一緒に摂取すると効率的に”やる気”を脳に送り込むことができます。

 

ブドウ糖は脳が働くエネルギーです。ですので、ご飯と一緒に食べるようにすると良いですね。

 

マインドガードdx粒タイプの効果!精神を安定させる!?

 

(Sponsored Link)
The following two tabs change content below.

ペリ&肌男

健康や美容がテーマとなります。主にダイエット&ニキビを中心にブログを立ち上げました。男女2人がこのブログの管理人で、それぞれのコンプレックス解消に役立った商品の生のレビューや解消方法などを紹介しています。