ヘルパンギーナと手足口病は似ていますね。ヘルパンギーナは主に夏の季節に流行する病気で夏風邪を代表しているといえます。主な症状として、突然39℃以上の高熱が2~4日ほど続いたり、喉の痛みを発症します。

 

この場合に喉の奥を見ると、周りが赤くなっており、その中心には水を持った水疱状のような半円を描くものができているのが分かります。

 

これが潰れると、白い口内炎のような潰瘍となり、痛みを発症します。5~8月頃に鼻水や咳を伴わない高熱が突然発症するのであれば喉の奥を確認してみると良いです。

 

(Sponsored Link)

ヘルパンギーナの症状とは

ヘルパンギーナ 薬で子供の喉や咳、鼻水を治す!?

 

また、よだれが多く出ることもヘルパンギーナの特徴となりますね。

 

■主な症状

・喉の奥に痛みや小さな水疱ができる
(肉眼で確認できます)

・腹痛や嘔吐を発症

・喉の痛みから食欲不振

 

症状をしっかりと伝えることができない子供であれば普段と違った様子を見せている可能性が高いです。たとえば、

 

■不機嫌・食欲不振・水分

■ミルク・牛乳などの水分補給が
いつもより少ない

■授乳や食事を拒否する

 

ヘルパンギーナは何歳から発症?

ヘルパンギーナは4歳までの子供に多く発症するといわれており、突然の高熱から熱性けいれんや、脱水の危険性がありますので、注意する必要あります。

 

熱性けいれんとは38度以上の高熱を発症して目が上転し、両手足が固くなって意識がない状態で震えが止まらなくなります。

 

長くて5分ほど左右手足にけいれんを起こす可能性があります。これらは数秒または数分で治まり、その後に泣いたり眠ったりします。

 

ヘルパンギーナの原因・感染経路とは

ヘルパンギーナ 薬で子供の喉や咳、鼻水を治す!?
ペンパンギーナの原因ですが、A群コクサッキーウイルスB群コクサッキーウイルスというウイルスの感染によって引き起こされます。

 

また、手足口病になる原因でもあるエンテロウイルスの感染でも引き起こされる可能性があります。

 

エンテロウイルスが原因の手足口病の症状とは!?

 

感染経路ですが、主にくしゃみや唾などによる飛沫感染や便を介した接触感染によるものとなります。特に発熱時に感染力が強く、熱がひいてきたとしても2~4週間に渡って便からウイルスが排出されます。

(Sponsored Link)

 

ですので、熱が下がったとしてもトイレ後の手洗い・うがいは徹底した方がいいですね。ヘルパンギーナのウイルスの潜伏期間ですが、約2~4日となります。

 

ヘルパンギーナに効果的な薬とは

ヘルパンギーナ 薬で子供の喉や咳、鼻水を治す!?
ヘルパンギーナの薬による治療法ですが、現段階でヘルパンギーナの原因となるコクサッキーウイルスやエンテロウイルスに有効な特効薬がありません。

 

対処療法ですが、症状を和らげるために解熱剤を使用して一時的に熱を緩和したり、脱水症状に陥らないためにもこめに水分補給をとるようにした方がいいです。

 

スポーツドリンクなどのイオンが含まれているもの(塩分0.1~0.2と書かれているもの)で5~15度くらいのほどよく冷えたものを飲むと効果的です。

 

どのくらいの水分を補給すべき?

水分補給をする際に、体重の2%を目処にすると良いです。また、アイスクリームは喉を冷やしてカロリーを摂取することができますし、氷でも水分補給となります。ただし、乳製品のアレルギーがある方は注意が必要です。

 

アイスクリームの他にもヨーグルトゼリーを食べさせると食欲が増すこともあります。柑橘系のものは酸味で潰瘍に染みて痛むので控えた方がいいですね。

 

ヘルパンギーナの合併症や登園・登校の有無

ヘルパンギーナ 薬で子供の喉や咳、鼻水を治す!?

ヘルパンギーナを悪化してしまうと、無菌性髄膜炎や急性心筋炎などの合併症を発症してしまう場合があります。

 

■急性心筋炎とは

急に心臓の働きが悪くなったり、血圧が下がるので、顔色がすぐれず高熱の割に心拍数が遅いといった症状があらわれます。血液に全身が流れなくなるといわれるような病なので治療機関にかかった方がいいですね。

 

この合併症はコクサッキーウイルスが原因のヘルパンギーナによく起こるとされています。

 

■無菌性髄膜炎とは

激しい頭痛や1時間に4・5回以上の激しい嘔吐といった症状があるので医療機関を受診した方がいいですね。

 

ヘルパンギーナに感染している子供と接触するのであれば、手洗いやうがいを十分にして消毒をしておくと良いです。

 

子供の登校・登園はどうなる?

子供がヘルパンギーナに感染すると、便から約1ヶ月にわたってウイルスが排出されますが、特に登園や登校を禁止にしなくても問題ないです。

 

ヘルパンギーナは大体軽症とされているので、学校内に蔓延しないようにするというより、患者の状態によって登校・登園の有無が判断されることになります。

 

小児科医によると、感染しても子供が元気であれば、トイレ後の手洗いやうがいなどを徹底して、登園・登校しても良いとのことです。

 

(Sponsored Link)
The following two tabs change content below.

ペリ&肌男

健康や美容がテーマとなります。主にダイエット&ニキビを中心にブログを立ち上げました。男女2人がこのブログの管理人で、それぞれのコンプレックス解消に役立った商品の生のレビューや解消方法などを紹介しています。