(Sponsored Link)

「急性扁桃炎はうつる?仕事はどうなる?薬や食事で治す?」

 

急性扁桃炎はうつるのでしょうか。また、症状や治療方法にはどういったものがあるのでしょうか。

 

(Sponsored Link)

お子さんが急性扁桃炎になってしまった場合、学校は休めるのか、効果的な食事はあるのか、など急性扁桃炎という病気についてまとめてみました。

 

急性扁桃炎の症状とは!うつるの?

扁桃腺は口を大きく開けると見えるもので、喉の奥の方にある口蓋垂という部分の両方の脇にあるものです。

 

この扁桃腺が炎症を起こす病気で扁桃腺炎というものがあります。

 

細菌やウイルスが原因とされていますが、疲れや風邪、喉の乾燥からなる人が多いと言われています。

 

特に、冬場の乾燥した風邪の流行っている時期などは扁桃腺が腫れやすく、喉の痛みが出ることで食欲不振になるお子さんも多くいらっしゃいます。

 

蜂蜜など喉の炎症に効果のある食材を使用して、消化の良い食事を与えるようにして下さい。

 

症状では扁桃腺が腫れて、喉に痛みが出て、熱や悪寒、頭痛や関節痛、ダルさなど風邪の症状が出ます。

 

熱が出るしんどさだけでなく、喉の痛みなどで食欲なども減退するため、豆腐やリンゴをすったものなどで喉越しの良い食事方法に切り替える必要があります。

 

珍しい病気ではなく、誰でも子供の頃なった経験はあるのではないかと思います。

 

風邪の症状として扁桃腺炎はよくなるものでもあります。

 

扁桃炎の症状では38度以上の高熱になる場合もあります。

 

特に体の出来上がっていないお子さんには、体力的に厳しい熱ですのでしっかりとした休養、睡眠が必要になります。

 

急性扁桃炎はうつりませんが、くしゃみや咳などの飛まつからウイルスが進入してしまうとうつります。

 

子供がなりやすい病気でもあるので、子供から大人にうつるというよりは子供から子供にうつる可能性はあると言えます。

 

治りかけで学校に行く時などはマスクをすると良いかもしれません。

 

くしゃみや咳は自分では感じていなくても周りは敏感に感じるものなので、うつさないようにするのもマナーではないでしょうか。

 

急性扁桃炎で仕事や学校は休める?

急性扁桃炎などの扁桃腺の病気は、主に小児期がなりやすいものでもあります。

 

扁桃炎には、急性扁桃炎と慢性扁桃炎がありますが口蓋扁桃は、4歳から8歳の時期に最も活発になります。

 

この扁桃腺に、のどの乾燥や疲れなどの理由から細菌やウイルスが付くことで腫れあがり、熱と共に風邪のような症状が出ます。

 

悪寒やダルさ、扁桃腺の腫れと痛み、熱、頭痛、時には下痢などの症状が出ることもあります。

 

急性扁桃炎を何度かくり返し、癖になることで慢性扁桃炎にならないよう注意が必要です。

 

大人になると口蓋扁桃は徐々に小さくなって、大人になると殆どわからなくなります。

 

子供は急性扁桃炎による高熱や慢性扁桃炎にならないようにするためにも学校は休んでも問題無いと言えます。

 

くしゃみや咳をしてウイルスが他の子供に入ってしまうと、うつす可能性もあります。

 

子供の熱の高さとしんどさを聞きながら、小児科の先生と相談し休ませるかどうか判断して下さい。

 

診断書などを書いてもらい学校の先生に報告すれば、学校も休むことが可能です。

(Sponsored Link)

 

こじらせて癖になってしまうと慢性扁桃炎になる可能性もあるので、無理して学校に行かせない方が良い場合もあります。

 

体力の回復と抵抗力を付ける食事、免疫力をつけることが治療方法になりますので、自宅で静養して薬や効果的な食事を摂りながら寝るようにして下さい。

 

しっかりとした睡眠によって体力の回復も見込めますし、体の抵抗力がつくので無理して動かないようにして下さい。

 

ただ、仕事など大人は急性扁桃炎程度では休めないというのが通常ではないでしょうか。

 

喉の痛みや腫れは出るものの小児期になりやすい風邪のようなものなので、多少のことでは仕事は休めないというのが一般的な意見かもしれません。

 

しっかりとした疲労回復と帰宅後の静養、たっぷりととる睡眠と薬などで完治させるようにして下さい。

 

急性扁桃炎に効果的な食事や薬とは

急性扁桃炎に効果的な食事や薬にはどういったものがあるのでしょうか。

 

急性扁桃炎の食事をみていこうと思います。

 

扁桃は、細菌がたまりやすく、また、入りやすい場所でもあります。

 

体力や免疫力をつけ、健康的な日常生活を営むことが予防や対策でも必要になってきます。

 

日常生活での予防方法は、規則正しい生活をする、バランスの良い食事をする、適度に運動をしストレスを減らす。などがあります。

 

冬場に喉を乾燥させないため、加湿器などを利用しても良いかもしれません。

 

急性扁桃炎に効果的な食事として、免疫をつけるため、にんにくをおすすめします。

 

ビタミンB1が吸収を助けてくれるので、喉が痛く食欲の無い時などにおすすめです。

 

にんにくには、滋養強壮の効果もあるので、バテ気味の体にも良いかと思われます。

 

ビタミンCやビタミンEなどを摂取することで抵抗力も付きます。

 

小さいお子さんなどは体力や免疫力と共に、抵抗力もまだついていない時期ですのでビタミンを摂取するようにしてみて下さい。

 

ビタミンCは柑橘類の果物に多く含まれていて、オレンジやみかん、グレープフルーツなどがおすすめです。

 

ビタミンEを含む食材には、大豆、青魚、たらこやいくらなどの魚卵系やマヨネーズなどがあります。

 

免疫力をつける効果的な食事には他にも、バナナや納豆、うなぎ、レバーに含まれる亜鉛も良いと言われています。

 

レンコンもおすすめです。

 

咳などに良いとされていて、喉の炎症などからくる咳止めに効果があります。

 

サラダに入れて食べたり、スープに入れても良いですし、レンコン湯などの調理方法もあります。

 

レンコンチップスなどにするとお子さんもおやつ代わりで美味しく食べてくれます。

 

食欲が無い時は、喉の炎症を抑える効果として蜂蜜を利用してみても良いかもしれません。

 

扁桃腺の炎症に効果を発揮し、組み合わせて摂取すると良い食べ物には、玉ねぎや大根があります。

 

また、薬は小児科や内科で診察してもらい、処方された薬を服用するようにしましょう。

 

市販で売られているもので勝手に判断するよりも効き目があります。

 

熱を下げたり、風邪の症状を和らげる効果はありませんが、喉の炎症を和らげるトローチやヴィックスなどの口に含んでおきやすいものを常用しても良いかもしれません。

 

(Sponsored Link)
The following two tabs change content below.

ペリ&肌男

健康や美容がテーマとなります。主にダイエット&ニキビを中心にブログを立ち上げました。男女2人がこのブログの管理人で、それぞれのコンプレックス解消に役立った商品の生のレビューや解消方法などを紹介しています。