(Sponsored Link)

テーマは「日焼け後のケア!子供は?ビタミンはかゆみや美白に効果的?」

 

日焼け止めは肌を乾燥させてしまうので、美白には天敵です。



 

 

(Sponsored Link)

 

日焼け後のケア:子供の対策とかゆみ編

日焼け後のケア!子供は?ビタミンはかゆみや美白に効果的?

 

 

子供も大人と同様に日焼け後のケア
が重要ですが、運動会や日差しが強い日
でもUVケアに対する意識は低いと
いえます。

 

 

特に子供とると、日焼け止めの
重要性を認識していないので、
外出前に日焼け止めを塗って肌の
露出を控えさせることが難しいとも
いえますね。

 

 


子供を成長させる上で日光にあたる事は
大切ですが、日焼けしすぎるのは
よくないので、日焼け後のケアは
大人がした方がいいですね。

 

 

子供は大人と違って体が小さい分、
脱水症状などが起きやすいので、
肌への水分補給や保湿をしたり、
吸収率の良いスポーツドリンクなど
をこまめに飲ませるようにした方が
良いです。

 

 

また、日焼けをした場合には度合い
にもよりますが、”かゆみ”といった
症状を発症してしまうこともあります。

 

 


日焼けをすると、皮膚の水分がなくなり
乾燥してしまうことからかゆくなって
しまい、さらに肌が熱を持っていると
かゆみの症状を増長させる場合があります。

 

 


こういった、症状は大人にも見られ、
発疹のようなブツブツができた場合
日光皮膚炎”可能性がありますので、
皮膚科を受診すると良いです。

 

 

日光皮膚炎、通称”紫外線アレルギー”の症状とは

 

 


かゆみの症状がひどいといっても
絶対に掻いたりしてはいけません。
まずは、日焼け後の炎症を抑える
ために、水や氷で肌を冷やすように
した方がいいですね。

 

 


子供も大人同様に日焼け後のケアと
して、まず、クールダウンさせるため
に冷やしていくことから始めましょう。

 

 

流水から始めて(約15分)、少し落ち着いて
きたらアイスノンや氷を使うと良いです。

 

 

子供が自分で冷やそうとしたら
冷やしすぎて凍傷する場合が
あるので、大人が時々冷やす位置
を変えてあげるようにしましょう。

 

 

 

また、アイスノンや氷で冷やす場合には
タオルやガーゼを巻いて冷やすと
効果的で、冷やしたおしぼりなどで
はすぐぬるくなってしまい、また、
水に濡れたおしぼりやタオルを長時間
使用し続けると皮膚を乾燥させて
しまう場合がありますので注意が
必要です。

(Sponsored Link)

 

 


お風呂に関してはシャワーを中心に
変えて、日焼けしている皮膚が
治りかけている部分には無理に皮膚を
むかない程度に洗っていく必要が
あります。

 

 


子供には化粧水を使って日焼けを治す
認識がないので、低刺激で保湿力に
優れている化粧水やクリームを使うと
良いですね。

 

 

日焼け止めとビタミンCと美白の関係

日焼け後のケア!子供は?ビタミンはかゆみや美白に効果的?

 


日焼け止めにはビタミンCが非常に
効果的といわれています。ビタミンCには
メラニン色素の定着を抑制させる作用
があり、シミやそばかすを防いで
くれるのです。さらに、肌の保湿を高め、
弾力性を高める働きもあります。

 

 

【以下、ビタミンCの効果】

■メラニンの生成を抑制

■活性酸素の生成を抑制

■コラーゲンを生成を促進

■肌の活性化を促進

 

 


ビタミンCが多く含まれている食材
にはパセリ・やブロッコリー・
ピーマン・グレープフルーツ・レモン
などがありますが、ビタミンCは水
に溶けやすく、熱に弱いとされて
いるので、短時間で火を通す炒め物や
サラダを食べるようにすると良いです。

 

 


高い効果を得るために一度に大量の
ビタミンCを摂取しても、大きな効果
は得られませんので1日の摂取量を
考慮するようにしましょう。

 

 


普段の食事からビタミンCを中々
摂取できないのであれば、サプリメントで
補うことができます。

 

 

特に、ビタミンCと併用してビタミンEを
摂取すると、日焼け後の肌の回復力を
向上させることができます。

 

 


というのも、ビタミンEが不足した場合、
老化色素といったものが作られる
ので、シミやそばかすができやすく
なります。

 

 

ですので、ビタミンEが多く含まれる
食材、例えば、大豆・アボガド・ごま・
うなぎ等もビタミンCの食材と同時に
摂取するようにすると効果的です。

 

 

P.S.
美白効果を得るために、日焼けをした
後にビタミンC配合の化粧水を使う
方もいますが、皮膚が炎症を起こして
いる時に使用しても効率よく吸収
できないので、肌の調子が整って
から使用するようにするようにしましょう。

 

ハイドロキノンとアンプルールがメラニン色素を抑制!?

※シミ・そばかすに悩んでいる方必見です。

 

(Sponsored Link)
The following two tabs change content below.

ペリ&肌男

健康や美容がテーマとなります。主にダイエット&ニキビを中心にブログを立ち上げました。男女2人がこのブログの管理人で、それぞれのコンプレックス解消に役立った商品の生のレビューや解消方法などを紹介しています。