日焼け後のスキンケアは長い目で見ると本当に重要です。

 

夏の季節になると、海や山またはバーベビューといったレジャーを楽しむようになりますね。 やはり、日焼けには注意して事前または事後には気をつけていく必要があります。

 

紫外線による日焼けは肌が軽い炎症を起こしているのと同じなので、乾燥している状態といえます。ですので、十分な水分補給が大切となります。

 

(Sponsored Link)

日焼け後のスキンケア:顔や体編

日焼け後のスキンケアで体や顔を美白にするには?

水分不足はシワの原因にもなります。日焼けをして赤みやほてり、炎症といった症状を引き起こした場合にはまずは冷やすことが大切です。

 

体に関する日焼け後のスキンケアとして、全身に冷たいシャワーを何回が浴びると良いです。また、局所的に日焼けを起こしてしまった場合には氷を袋に詰めてからタオル一枚をまいて日焼けした部分に当てると効果的です。

 

冷やすことで赤みや炎症が落ち着いてきたら、次は保湿効果の高いローションを使用していきます。もし、日焼けをして黒くなってしまった場合には、それ以上日焼けをしないように十分に紫外線を予防していかなければなりません。

 

ソラーレンが残ったままの日焼けは危険!

特に、ソラーレンが含まれるきゅうりやレモン・パセリで顔パックをした場合には、ソラーレンを残したまま紫外線に当たると、シミになってしまうので十分に落としてから外出した方がいいですね。

 

こういった事を前提として、美白成分が配合されているスキンケア商品でメラニンの増殖を抑制していく必要があります。日焼けをしている肌は乾燥している状態なのでしっかり保湿力の高いスキンケア商品で保湿していくのが重要となります。

 

また、肌の外側からケアをするだけではなく、体の内部からも紫外線に対するケアをしていく必要があります。

 

紫外線をうけると体の内部から活性酸素を発生させてしまい、メラニンの増殖や細胞を傷つけてしまいます。ですので、スキンケアをするだけではなく、体の内部からも栄養を補給していくと良いでしょう。

(Sponsored Link)

 

体の内部から美白効果を促進する方法

日焼け後のスキンケアで体や顔を美白にするには?
抗酸化作用のある食べ物として、人参やかぼちゃ、碌黄色野菜・抹茶・大豆・ごまなどが効果的で、サプリメントも使用すると尚良いとされていますね。

 

サプリメントですが、紫外線対策で効果的な栄養素に「セレン」が挙げられます。紫外線を受けるとセレンを含む酵素であるグルタチオンペルオキシダーの働きが抑制されてしまいます。

 

これは活性酸素を抑制する酵素なので、酵素の力を高めるためにもセレンが重要となってきます。以下に肌に必要な栄養についてまとめていきます。

 

■良質なたんぱく質

魚・卵・肉・大豆製品

 

■ビタミンA(肌を健康的に保つ)

抗酸化作用と免疫機能を高めます。録黄色野菜・うなぎ・レバー

 

■ビタミンB(血行促進効果)

録黄色野菜・ごま・アーモンド・魚・ナッツ類

 

■ビタミンC(コラーゲン生成で肌のハリを保つ)

いちご・キウイ・録黄色野菜・かんきつ類ニキビや肌荒れで気になっている方は脂肪の取りすぎが原因の一つとなっているので、ビタミンB群を積極的に摂取していくと良いです。

 

大人や背中・思春期ニキビに効果的な食べ物・悪い食べ物とは!?

 

シミやそばかすに効く成分を摂取しよう!

一方でシミやそばかすが気になっている方は活性酸素を除去するポリフェノールやビタミンA・ビタミンC・ビタミンE等を摂取すると良いですね。

 

ビタミンEは抹消血液循環を改善する効果があるので、肌の新陳代謝が活性化されることで美白効果に繋がります。

 

ハイドロキノンとアンプルールでシミを消す方法

 

紫外線のダメージを体の内部に蓄積していると30代・40代になって肌に現れてきますので十分な紫外線対策が必要ですね。

 

(Sponsored Link)
The following two tabs change content below.

ペリ&肌男

健康や美容がテーマとなります。主にダイエット&ニキビを中心にブログを立ち上げました。男女2人がこのブログの管理人で、それぞれのコンプレックス解消に役立った商品の生のレビューや解消方法などを紹介しています。