(Sponsored Link)

新型インフルエンザの潜伏期間の感染力ついて網羅しています。

 

感染しても無症状の人もいるそうですよ。

 

(Sponsored Link)

新型インフルエンザの感染経路とは

季節性のインフルエンザの感染源は通常A型のインフルエンザを保有している水鳥渡り鳥が国境を越えてウイルスを拡散しているのです。

 

家畜や輸送などによって貿易が盛んな現在では実際に鳥がインフルエンザウイルスを拡散していることになります。

 

ですが、鳥から人へA型のインフルエンザに感染しても人から人へと感染することはないのです。人の間で流行するにはウイルスの抗原自体が変化しないと流行しないそうです。

 

人の間で流行しているインフルエンザのの大半は基本的に 豚の間でウイルスが生成されているのです。

 

【まとめ】

新型インフルエンザの感染経路は鳥⇒豚⇒人という流れで感染する。

 

インフルエンザの発症起源とは

新型インフルエンザの潜伏期間の感染力とは!?

 

インフルエンザの発症起源はメキシコといわれています。2009年5月に豚が原因で世界的規模の感染を起こしたことから「豚インフルエンザ」または「新型インフルエンザ」といわれるようになりました。

 

新型インフルエンザはA型の「H1N1亜型」に分類されています。ですが、この新型インフルエンザは過去にも流行した経緯があり、高齢者の方の一部に免疫を保有している可能性もあるといわれています。

 

感染した際の致死率は季節性のインフルエンザとあまり変わりないそうです。

 

ちなみに東アジアを中心とした鳥インフルエンザが流行した年(2003年末)は鳥が原因であったことから”鳥インフルエンザ”という名称が付けられています。

(Sponsored Link)

 

原因となる名称によってインフルエンザの名前も違ってくるのですね。

 

感染・潜伏期間時の感染力とは

豚が持つインフルエンザの方はH1N1 H3N2 H4N6といった型が多数ですが、増殖を繰り返す内に抗原が変化し新型のインフルエンザを誕生させるようになるのです。

 

このようにウイルスの突然変異の大半が豚の体内で起こっています。また、豚の持つウイルスと鳥や人が持つウイルスが混ざって人間には免疫がない

 

新型インフルエンザが誕生することもあります。

 

インフルエンザの感染力について

インフルエンザの感染力は感染して3日目が最も強い時期といわれています。インフルエンザに感染した場合入浴は症状が引くまで控えたほうがいいでしょう。

 

新型インフルエンザから身を守る知っておきたい感染予防策

 

東京都感染症情報センターによると新型インフルエンザは2014年8月31日まで流行するといわれています。マスクや空気清浄機を使用して新型インフルエンザの対策をした方がいいですね。

 

新型インフルエンザの感染力ですが、一概に強いといえません。理由は感染力に差があるからです。新型インフルエンザは感染した日が不明確な場合が多く潜伏期間が最短で1日といわれています。

 

つまり、潜伏期間を判断できない場合が多いということになります。一般的に発症前が最も感染リスクが高く、最初の感染したばかりの状態が最も感染リスクが低いといわれています。

 

症状は38度以上・咳などの気道症状・全身の倦怠感といった季節性のインフルエンザとあまり変わりません。ですが、これに加えて、胸痛・腹痛・下痢・嘔吐・鼻血・歯肉出血といった症状があらわれることもあります。

 

感染別症状の確率とは

新型インフルエンザウイルスの感染者の内軽い風邪のような症状の人は3分の1、高熱がでるのは3分の1全く発症しない人は3分1といわれています。

 

早期発見であれば、タミフルで新型インフルエンザを治せることができます。また、インフルエンザに感染したにもかかわらず症状を発症しない人は潜伏期間中にインフルエンザウイルスに打ち勝ったといえます。

 

(Sponsored Link)
The following two tabs change content below.

ペリ&肌男

健康や美容がテーマとなります。主にダイエット&ニキビを中心にブログを立ち上げました。男女2人がこのブログの管理人で、それぞれのコンプレックス解消に役立った商品の生のレビューや解消方法などを紹介しています。