テーマは「ips細胞とは わかりやすく簡単に子供向けに解説!es細胞 の違い?」です。

 

iPS細胞とは自分の一部例えば、毛髪や皮膚から摂取した細胞をiPS細胞に変化させることで色々な臓器を作りだせるというもので、人工多能性幹細胞といわれています。

 

別名「万能細胞」といわれていますね。

 

(Sponsored Link)

iPS細胞とは?簡単に子供向けに解説

ips細胞とは?わかりやすく簡単に子供向けに解説!es細胞の違い?

これは2006年に京都大学の山中伸弥という方によって発見され、ノーベル賞を受賞していました。

 

ips細胞とは?わかりやすく簡単に子供向けに解説!es細胞の違い?

自分の体の一部から作られたものなので拒絶反応がないといわれていますが、iPS細胞が増殖するにつれてになる可能性が高まるといわれています。

 

また、拒絶反応に関してもマウス実験の一部では拒絶反応が見られたため実用化までの課題はまだありそうですね。

 

iPS細胞の由来とは

iPS細胞の”i”が小文字である理由ですが、実はアップ社の「iPod」をまねて命名されたそうです。実際に、山中教授がTVで話していたので信ぴょう性は高いですね。

 

元々はInduced pluripotent stem cellsの略で、簡潔に意訳すると生物の器官に成長する基となる細胞を作り出すといった意味になるでしょう。

 

iPS細胞が生成される過程やリスク

iPS細胞が生成される過程ですが、1つの細胞がどんどん分かれていき、多くの細かい細胞が人間の重要な器官(筋肉・骨等)へと作り上げていくのです。

 

ですが、iPS細胞に関して倫理的な問題的が議論されるようになりました。それは、iPS細胞によって人工的に作られた精子や卵子を作られることによって自分の子供が勝手に作られる可能性があるからです。

(Sponsored Link)

確かに、毛髪や皮膚の一部だけからでも作れるので怖いですよね。文部科学書によると、iPS細胞で作られた受精は禁止としたので大丈夫だと思いますが…。

 

iPS細胞が実用化されるとどうなる?

ですが、iPS細胞が実用化されれば、男性でも卵子・女性の場合だと精子を作ることも可能となるので、同性愛者にとっては子供を授かるチャンスもあります。

 

こういった場合、宗教や習慣といった様々な倫理問題に繋がるので、iPS細胞の今後の発展には議論のマトとなりそうですね。

 

es細胞との違いとは!?わかりやく解説!

 

ips細胞とは?わかりやすく簡単に子供向けに解説!es細胞の違い?

es細胞とは「胚性幹細胞」(はいせいかんさいぼう)といいます。初めて聞いた方でも分かりやすく以下に説明していきますね。

 

胚とは受精卵の初期状態といった細胞のカタマリの事をいいます。これが、細胞分裂(卵割り)を繰り返す事で成長して胎児となります。

 

幹細胞とは木の幹のようなもので新しい皮膚や血液を製造している専門の組織と捉えるとオッケイです。つまり、この二つの機能を合わせたものがes細胞となります。

 

胚がこれから細胞分裂を繰り返しす中で細胞の全てが幹細胞であり、全ての組織を作っているものということになります。

 

ですが、es細胞を胚から抽出するには胚のある段階から一部分を切り取って培養して得る必要があります。ある段階とは胚盤胞まで育った時点のことをいいます。

 

es細胞の倫理的な問題

es細胞には倫理的問題があるといわれています。なぜなら受精卵を扱うので、いずれは人間に成長する細胞を扱うことになるので、実際に人間になるのはどの段階であるのかが問われるようになるのです。

 

また、es細胞は万能細胞とは少し意味が違います。というのもあらゆる組織に分化できるものが”万能”といえるのですが、es細胞の場合、胎児となる過程の胎盤組織が必要となるので、分化できない細胞があるといえます。

 

 

(Sponsored Link)
The following two tabs change content below.

ペリ&肌男

健康や美容がテーマとなります。主にダイエット&ニキビを中心にブログを立ち上げました。男女2人がこのブログの管理人で、それぞれのコンプレックス解消に役立った商品の生のレビューや解消方法などを紹介しています。