(Sponsored Link)

こんにちわ。管理人のペリです。花粉の種類別、飛散量のピーク、そして、シダトレンの効果や副作用を紹介していきますね。

 

基本的には2月から5月くらいの春の季節に大体的に流行。予防法と対策は間違っていないか確認していく必要がありますね。

 

(Sponsored Link)

 

花粉症はいつから?厳しい季節は?

花粉症は日本国民の4人に1人が花粉症だといわれており、今まで特に花粉症に悩まされていたかった人でも突然花粉症にかかることもあります。花粉症のピークは大体2月から5月とお伝えしましたが、花粉の種類によってピークが変わってきます。

 

主に春(2月~5月)で流行する花粉がスギとヒノキと言われています。スギは2月からスタートしてピークが3月前半と言われています。

 

ヒノキの場合、3月前半からスタートして4月前半がピークをいわれていますね。というのも、花粉の始まりは1月の気温によって変わり、

 

暖かい日が多い場合、花粉の始まりの時期も早くなるそうです。花粉のピークは地域によっても異なるそうで以下にまとめました。

 

 

【スギ花粉の飛散量ピーク】

■北陸地方 3月下旬

■東北地方 4月下旬~中旬

■関東~関西 3月上旬~中旬

 

【ヒノキ花粉の飛散量ピーク】

■関西~関東 4月上旬~中旬

 

■それ以外の地域 平年より数日早期化

 

スギ花粉の入れ替わりでヒノキ花粉の飛散量が増加していくそうで、太平洋側の地域は例年通りとなり、日本海側の地域は例年よりも遅いと予想されています。

 

次に花粉の飛散時期の地域別予想です。

■北陸&東北 2月下旬~3月下旬

■四国・中国・中部・近畿・関東 2月中旬

■九州 2月上旬

 

2014年の花粉飛散量のは昨年よりも20%減少するといわれています。一般的に、昨年の花粉の飛散量が多い場合、今年は減少するという傾向になるそうです。

 

20%減少するといっても、地域によっての花粉の飛散量は変わってきますので、キッチリ対策して行く必要があります。九州~東海地方が主に20%減少するそうですが、それ以外の地域は例年並となるそうです。

 

 


花粉症と予防と対策を徹底分析

花粉症の予防・対策方法を一覧にまとめてみました。

 

■室内に花粉を持ち込まないように、花粉を落として、帰宅した際は手洗い・うがいをする。

 

■花粉に対する免疫を付けるために、ストレレスを溜めないで、規則正しい生活をする。

 

■栄養が偏らない、バランスの良い食事を摂る。

 

■マスクの保湿や花粉対策100%のマスクを使用する。

 

■花粉のピーク時は洗濯などの干物は避けるようにする。

 

■昼前~15時頃は花粉の飛散量が多いので外出を控える

(Sponsored Link)

 

■花粉天気予報をチェックして、飛散量の多い時間帯は避ける。

花粉天気予報 天気をもっと楽しくするtenki.kp

 

■花粉がつきやすいニットや毛皮を着用しない。

 

■花粉を芯まで除去可能な空気清浄機を使用。

以上、9項目が花粉が開始した時期に予防&対策として徹底すべきポイントを紹介しました。

 

 

花粉が飛散する2週間前~の予防&対策について

花粉症の症状は基本的に数日~2週間程かかるといわれています。

 

症状を実感する前に対策・予防することが推奨されており、花粉症の抗アレルギー薬等は早期に使用することをオススメします。

 

 

花粉症が発症した場合の対策&予防法

花粉症の症状を抑える働きがある食品にふくまれる有効成分を紹介していきます。

 

■魚脂に含まれているIPA・DHAが免疫機能の向上に働きかけ、アレルギー症状を抑えてくれます。

 

■花粉症のアレルギーの原因である、ヒスタミンの増加を抑制してくれるカテキン。主に録茶に含まれています。

 

■エゴマ、アブラナ、ダイズ、アマに含まれるα-リノレン酸は人間の体内でIPA・DHAと変化しますので、魚脂と同様の効果を得られます。

 

■アレルギー症状を抑えるために、最も効果的なビタミンB6を合成するビフィズス菌が含まれるヨーグルト。

 

ヨーグルトには免疫力を高めてくれる乳酸菌で有名ですよね。以上、4項目は花粉症のアレルギー対策&予防の食事療法として参考にして頂けますと幸いです。

 

 

花粉症対策&予防の新薬とは!?

現在、病院では眠気や喉の渇きという副作用も少ない薬を処方して貰えるみたいなので、症状が厳しい方は一度病院に行くことをオススメします。

 

厚生労働省によると、スギ花粉を根治する事ができる新薬承認したそうで、鳥居新薬が申請した「シダトレン」になります。

 

これは、口に含んで粘膜から取り込んで体を慣らして花粉症の体質改善となるといわれています。「シダトレン」は花粉の成分を元に生成されているので、かなり期待できますね。

 

花粉症の根治療法ではなめる薬は国内初となり、患者の負担も減少するという事で、専門医の間で普及しそうです。

 

 

シダトレンの使用方法

⑴くすりを舌の裏側に垂らして、2分後に飲み込みます。

 

⑵その後、5分以上は飲食を禁止

①開始1週目~少しずつ増量

 

②2週目以降:濃度を少しずつ下げて増量

 

③3週目以降は所定の量で継続していきます。

 

⑶上記の反復を2~3年以上毎日続ける。

※対象年齢は12歳以上

 

注意点としては、アレルギー反応によるアナフィラキシーショックに気をつける必要があり、自宅で管理をしっかりしなければなりません。

 

(Sponsored Link)
The following two tabs change content below.

ペリ&肌男

健康や美容がテーマとなります。主にダイエット&ニキビを中心にブログを立ち上げました。男女2人がこのブログの管理人で、それぞれのコンプレックス解消に役立った商品の生のレビューや解消方法などを紹介しています。