すっかり国民病として定着した感のあるこの「花粉症」。仕方なくお薬を飲んだり、病院に通ったりしている方も多いのではありませんか?

 

そもそもアレルギーって何でしょう?本来は自己防衛本能であり、外の有害なものに立ち向かう私たちの優れた力なのです。

 

(Sponsored Link)

花粉症の症状は喉がかゆい?

kafun

外から異物が入ってくると、速やかに指令を出し、取り除こうとするのですが、その反応が強すぎて、結果として日常生活にまで支障を及ぼしてしまうというわけです。

 

一旦炎症がひどくなると、粘膜が腫れ上がり、喉や鼻などは気道が狭くなり、呼吸が苦しくなったり喉のイガイガ感がずっと続いてしまうということになります。

 

また、花粉症の症状が鼻や喉の症状から出るのは、花粉が呼吸に伴って体内に入ってくる入口だからです。喉や鼻、目といった器官は、他所とは違って、表面が粘膜です。皮膚バリアがないので、直接体に取り込まれてしまう場所でもあります。

 

ですから、メガネやマスクといった、外界との遮断グッズはかなり効果的です。完全にシャットアウトできなくても、侵入してくるアレルゲンの数を減らすことは、大切ですね。

 

花粉症を家や体内に持ち込まないようにしよう!

なってしまうとこんなにも面倒な花粉症ですが、花粉症の対策に一番効果的なのは、とにかく花粉を体内に取り入れないこと、つまりおうちの中にも入れないようにすること、なのです。

 

花粉に接さなければ、アレルギー反応は出ないということです。花粉の季節に、スギやヒノキのない海外に行っていたら、毎年ひどい花粉症なのに、まったく症状が出なかった、という人もいます。

 

では、どうやったら花粉を追い出せるかを考えてみましょう。キーポイントは、ドアと窓。つまり、いかにそこで上手に花粉の侵入を阻むかによって、症状を含め家の中でのイロイロも変わってくるのです。

 

まずは、玄関。外から帰ったら、しっかりと払いましょう。コートやジャケットも、つるんとした生地のものを選ぶときれいに取り除くことができます。私たちの体の中で一番花粉を巻き込みやすいのは衣服と髪の毛です。

 

帰宅後はシャワーを浴びよう!

「ですから、帰宅したらすぐにシャワーを浴びる」というのも一つの手です。こまめにうがいや鼻をかむこともよい行動と言えるでしょう。

 

また、お布団や毛布も、ほこりを吸いやすい素材のひとつ。寝ているときに咳き込んだり鼻水が出るのも、そこにあるほこりの中に花粉も混じっているという可能性があります。

 

ベッドカバーをかけておくと、不在時にほこりが布団にくっつくのを防いでくれます。時間が許せば、毎日はたいたり、掃除機でほこりを吸うのは効果的ですね。

 

意外にもカーテンもかなり花粉をくっつけるので、コートと同じくつるんとした素材のものがいいと言われています。

 

ミクロダストの危険性

家の中の花粉やほこりといったミクロダストは、ふわふわと漂っていて、ゆっくりと床に向かって落ちていきます。

 

お掃除のプロに聞くと、6〜8時間かけて、ミクロダストは着床するのだそうです。アレルギーのある人が、お布団より、ベッドの方がいいと言われるのはそのせいです。

 

床に近いほど密度の濃いミクロダストの層があり、それを直接吸い込むことになるということです。たかがほこりですが、花粉や化学物質のほか、何を巻き込んでいるかわからないので大敵。こまめにお掃除してほこりを溜めないようにしましょう。

 

掃除機をかける際の注意点

お掃除の仕方で一番いけないのが掃除機を使ってほこりを拡散させてしまうこと。掃除機をかけるときは、排気口のついている本体を外に出したり、窓を開け、通気をよくして使うことが大切です。

 

ほこりに効果的なのは何より拭き掃除。床や壁、天井もフロアモップなどに湿らせたウェスを挟み込んで拭き取れば、すっきり取れます。

 

花粉症で手遅れにならない家での対策や予防法【必見】

(Sponsored Link)

 

喉がかゆくなった場合の対処法

nodoigaiga

空気清浄機や加湿器の活用も見逃せません。濡れたタオルを干したりもいいですね。加湿器にアロマオイルを入れてみるのもおすすめします。

 

お部屋も潤い、アロマの香りで、辛い花粉症のストレスも少しは軽減されるといえますね。湿度のコントロールで家の中は相当快適になります。湿度が適度であれば、ほこりの舞い方が全く違います。

 

「室内にある程度の湿気があることにより、飛散している花粉も床におちます。」

 

砂漠と森の中での風をイメージすれば、いかに湿度が大切かわかると思います。ちなみに、生活するのに最適な湿度は40〜70%と言われています。

 

なので、乾燥しがちな冬や春は、一番手軽な湿度確保にマスクは最適です。花粉を避けるだけではなく、湿度もキープできるかなり万能なグッズと言えます。

 

嫌でなければ、睡眠時に着用するのもありなのです。道具や自分の動作をちょっと代えて、上手に花粉コントロールができるようになれば、相当体も楽で、お薬も少なくて済むようになります。

 

のど飴やお茶も喉のかゆみ対策に!

のど飴、ハチミツなどで、喉の周りをコーティングしてあげるのも花粉症の症状を楽にしますね。

 

マヌカハニーの効果!ニキビ・花粉症、咳に殺菌力は抜群?

 

花粉症には、お茶も効果があると言われていますので、バックやカバンにお茶を持っておくのもおすすめですね。「お茶の持っているカテキンは、花粉症に効くと言われています。」

 

えぞ式スースー茶が鼻づまり鼻水にいいわけ!花粉症対策に最適!

 

アレルギーは辛いですが、本来は花も咲きはじめ、緑も青々として、外に出るには気持ちのいい季節なのです。少しでも快適に過ごせればいいですね。あまり症状がきつい場合は、我慢せず専門医のドクターと相談しましょう。

 

夜になってから出る症状の対処法は?

夜寝ている間や、寝付くまでの間に、咳が止まらなっかり、喉がイガイガして痒くなると、花粉症の症状も辛いですが、睡眠がとれない為にストレスも溜まってしまいますね。

 

寝る前に、体の花粉を出来る限り少なくしましょう。うがい、鼻うがい等をして、体内から花粉を出します。

 

寝る時にマスクを2重にしてみたり、先ほども紹介しましたが、加湿をする事でも少しは楽になりますね。また、枕元にお茶などを置いて寝ると、辛くなった時にお茶を口に含んで、喉を潤すといいですね。

 

「咳が出始めて、止まらなくなった時には、体を横向きにして、背中を丸め、丸まって寝ると、咳が落ち着いてきますよ。」

 

まとめ

今回お話した方法は、あくまでも自宅で出来る手軽の対処法です。症状が改善されなかったり、悪化していくような時は、病院の受診をおすすめします。

 

花粉症は、風邪などの治る病気とは、性質上も違うので、長い間苦しい思いをされる方がほとんどです。いろいろと、情報を探し、症状を緩和してくれる自分にあった方法や、薬を見つけて、薬を上手く使い、少しでも楽な生活をおくりましょう。

 

(Sponsored Link)
The following two tabs change content below.

ペリ&肌男

健康や美容がテーマとなります。主にダイエット&ニキビを中心にブログを立ち上げました。男女2人がこのブログの管理人で、それぞれのコンプレックス解消に役立った商品の生のレビューや解消方法などを紹介しています。