(Sponsored Link)

花粉症は春だけではなく秋の時期にも花粉症の症状に悩んでいる方も多いと思われますね。春の時期だとスギやヒノキ花粉がメインとなりますが、秋の花粉だと「ブタクサ」が花粉症の原因となります。

 

ブタクサ以外だと、ヨモギやカナムグラ、セイタカアワダチソウ、イネなどが秋の花粉症の代表的なものとして挙げられます。秋の花粉症の場合だと主に風邪のような症状を発症しますね。

 

「9月から花粉症も始まっていき、鼻や目、喉などに花粉が付着すると、鼻づまりや咳、くしゃみ、症状の酷い方だと痰が出てくる場合もある」

 

「また、夏の季節にダニが大量に亡くなってしまうことから、秋にかけてハスダストが大量に発生してしまうことも、花粉症ではありませんが、花粉症に似たような症状を発症してしまいまう原因となります。」

 

管理人も今の季節には鼻水に悩ませれているので秋の花粉はハウスダストが関係している可能性が高いです。

 

(Sponsored Link)

春や秋の花粉症の部位別の症状とは

花粉症の症状は個人差がありますが、以下に 症状別の花粉症の症状を紹介していきたと思います。

 

■鼻に出る症状

鼻水が止まらなくて鼻の内部に炎症が起きている状態のことをいいます。

 

症状が酷い方だと膿のような緑色の鼻水を出してしまう方もおり、突然くしゃみがでてしまうのも鼻に出る花粉症の症状だといえます。

 

■目に出る症状

目に出る症状としては粘膜がかゆくなって、目が充血することが挙げられます。

 

目薬をさしたり、何度も目を洗ってもかゆみが止まらない場合があります。目やにが大量にでてしまう場合もあるので注意が必要ですね。

 

■喉に出る症状

鼻水が喉に流れていくと喉にも花粉症の症状を発症させてしまいます。

 

症状が酷い場合だと咳が出るようになったり痰が絡みあって咳を発症させてしまうという事態もおきます。

 

花粉症の症状で喉がかゆい!夜が酷い!?

 

花粉症で黄色の痰は危険信号なの!?

 

花粉症で頭痛が起きる仕組みとは

花粉症の症状で頭痛がひどい方は鼻粘膜の炎症が原因だと考えられます。この炎症によって副鼻腔炎を引き起こし、脳に十分な酸素が届きづらくなく事で頭痛が引き起こされます。

 

その他にも、めまい・発熱といった症状もこれが原因だと考えられます。このような症状は鼻通りを良くすれば少しずつ改善されていきますが、症状がひどい場合は副鼻腔炎の可能性が高いので耳鼻科を受診した方がいいです。

花粉症 蓄膿症 違いを紹介! 通称あおっぱなの原因や症状とは!?

花粉症による頭痛の原因はこの他にも以下が考えられます。

■アレルゲンに対する体の防衛反応

■免疫力の低下

 

※発熱が伴う場合、風邪と区別する必要があります。花粉症にの場合、微熱程度で身体がだるいと感じます。

 

また、目がしょぼしょぼしたり、鼻のムズムズが伴う場合も花粉症による発熱と判断していいでしょう。一方の風邪の場合、38度近い熱や急激な発熱を発症します。

 

花粉症が原因の頭痛を解消する方法

頭痛を解消する手段は以下になります。

■鼻にタオルをかける

■室内で軽い運動をする

■脇に”もの”を挟んで自律神経を刺激する

 

生活習慣が原因の頭痛とは

2月開始の花粉症の症状・頭痛を解消する対策や方法!

(Sponsored Link)

花粉症が原因の頭痛は食生活にも気を付けなければいけません。肉・油物中心の食事は免疫力を低下させてしまいます。

 

また、アルコール類、コーヒー等も良くないので、過剰摂取は避けてヘルシーな食事を心がけましょう。タバコは刺激物なので、花粉症によくありません。肺に悪影響なので、当然花粉症の悪化の要因にもなります。

 

こういった生活習慣が原因で、花粉症をさらに悪化させてしまう怖れがあるので、禁煙や適度な運動、十分な睡眠を心がけて免疫力をたかめるようにしましょう。

 

体内から免疫力を高めて、花粉症による頭痛を緩和してくれるものとしてダグラスの花粉スーパーパック
をオススメします。

 

これはハーブ由来なので眠気等の副作用が一切ない花粉症用のサプリメントで鼻の通りをよくしつつ、
免疫力を高めてくれます。良く運転をされている方にもオススメすね。

 

花粉症と風邪はどう違うのか?

花粉症との風邪の違いですが、「症状がどのくらい続くかで判断できる」ということになります。

 

■花粉症の場合⇒約2週間くらい症状が続く

・目が充血した時

・微熱とまりの時

・鼻水がサラサラしたもの

 

■風邪の場合⇒約1週間くらい書状が続く

・高熱がでた時

 

秋の花粉症の場合、特に花粉が大量に発生することもなく、飛散距離もそれほど長いわけではないので、「花粉症の原因の元に近づかないようにすることが秋の花粉症対策」といえます。

 

だた、個人によっては花粉症と風邪を同じ時期に発症してしまう場合があるので、見分けがつかない場合があります。

 

その場合は病院にて、検査してもらい、花粉症と風邪のどちからを判断してもらって正しい処置をするのが症状を長引かさないポイントとなりますね。

 

花粉症の病院はどこがいいの?

花粉症の場合は基本的に耳鼻咽喉科・耳鼻科・眼科にて受診することが出来ますが内科でも可能となります。

 

アレルギーにも色々な種類があるので、アレルギー別に薬を処方してもらうのがベストだといえます。

 

秋の花粉症対策とは!?

秋の花粉症対策を以下にまとめました。

 

■外出際にはマスクや花粉症用のめがねを着用する

■アウトドアなどの外出を控える

■家の中にいる際には花粉が部屋の中に入ってこないように、戸締りをしっかりする

■帰宅した際には、衣類についた花粉をしかっりと落としてから入る

 

さっくりまとめると上記のことが挙げられますね。 食事に関しても花粉症に効果的なものがあります。

 

例えば、リンゴが挙げられますね。リンゴにはアレルゲンを減少させる食物繊維が含まれていますので食べ続けることが体質改善に効果的とされています。

 

それ以外にはポリフェノールが含まれている、チョコレートが挙げられます。だた、逆に食べてしまうと花粉症によくない食べ物もあります。

 

【秋の花粉症対策でベストは??】

春の季節に発生するスギ花粉と同じように、花粉症対策には事前に病院で薬を処方してもらうと症状が緩くなりますね。

 

花粉症に良くない食べ物とは!?

■マーガリン・ファーストフード

免疫機能を下げてしまうトランス脂肪酸を大量に含んでいます。

 

■ソーセージ・ハム

ハムやソーセージには亜硝酸塩が含まれておりこれが、免疫系を過敏にするのでアレルギーの原因となる場合があるのです。

 

慢性的な鼻の花粉症を体質的に改善できるお茶!?

 

 

(Sponsored Link)
The following two tabs change content below.

ペリ&肌男

健康や美容がテーマとなります。主にダイエット&ニキビを中心にブログを立ち上げました。男女2人がこのブログの管理人で、それぞれのコンプレックス解消に役立った商品の生のレビューや解消方法などを紹介しています。