(Sponsored Link)

こんにちわ。管理人のペリです。

 

 

花粉症のシーズになると、蓄膿症といわれる副鼻腔炎を発症することが多いです。

 

 

副鼻腔炎はアレルギーを伴うタイプが全体の40%を超える程といわれています。

 

(Sponsored Link)

 

抗生剤や医療の進歩によって重症度の蓄膿症(慢性的な)は少なくなりましたが、

 

 

軽症・中等症の方が増加しています。

 

 

子供だと、2人に1人が副鼻腔と診断されており、その内の25~75%がアレルギー性鼻炎と確認されています。

 

 

蓄膿症と花粉症の違い

花粉症 蓄膿症 違いを紹介! 通称あおっぱなの原因や症状とは!?


蓄膿症と風邪との違いは発熱があるかどうかで見分けられて、蓄膿症には発熱がなくて、

 

 

風邪だと発熱を発症する事が多いです。

 

また、鼻水に関しても、花粉症の場合水のようなサラッとした透明感がありますが、

 

 

蓄膿症だと、鼻水に粘りがあり、黄緑色っぽくなります。

 

 

これは白血球が細菌と戦った後の残骸と考えていいでしょう。

 

 

副鼻腔炎(蓄膿症)には2種類あり、急性副鼻腔炎慢性副鼻腔炎があります。

 

 

急性の場合、風邪に引き続いて起こりますが、慢性的な場合、

 

 

急性の繰り返し・遺伝・アレルギー等が原因でなる可能性があります。

 

 

蓄膿症の原因や症状

花粉症 蓄膿症 違いを紹介! 通称あおっぱなの原因や症状とは!?



【蓄膿症の原因】

■鼻の奥にある自然口が塞がって粘液が貯まることで細菌感染を起こします。

(Sponsored Link)

 

花粉症 蓄膿症 違いを紹介! 通称あおっぱなの原因や症状とは!?

■自然口が塞がることで異物の排出を正常にできない

 



■アレルギー反応によって炎症作用が強くなる。




【蓄膿症について】

蓄膿症とは鼻の奥にある「副鼻腔」という場所に炎症が起きて、膿がたまる事から発症します。

 

花粉症の治療をしているにもかかわず、中々治らない場合は蓄膿症を疑った方がいいでしょう。

 



【蓄膿症の症状】

■鼻づまり・鼻水の濁り


■鼻水が鼻から喉に落ちる


■匂いがわからない


■咳が長引く


■顔が痛い

 

などが挙げられます。

 



【治療方法】

蓄膿症は自然に治ることがあります。

 

 

重要なのは鼻をよくかんで鼻水をためないことでしょう。

 


薬をしようするのであれば、抗生剤を使って、鼻水を抑えたり、鼻水を出やすくします。

 

 

また、菌の増殖を抑えますので、症状が酷い場合にはオススメします。

 

蓄膿症か花粉症等のアレルギー性鼻炎のどちらか分からない場合は、病院でレントゲンを撮れば区別できます。

 

 

あおっぱなと言われる由縁

花粉症 蓄膿症 違いを紹介! 通称あおっぱなの原因や症状とは!?

あおっぱなと言われる由縁ですが、タンパク質の摂取が不足したことが原因で、

 

 

緑色の鼻水が大量に分泌されることをいいます。

 

日本では1960年代、食肉の消費も少ないことが原因で、

 

 

タンパク質の不足からあおっぱなを垂らしている子供が普通に見られていたそうです。

 

 

【まとめ】

蓄膿症を放っておくと大規模な手術になる可能性があるので注意が必要です。

 

 

豆知識ですが、花粉症の場合、フルーツアレルギーを持っている場合があります。

 

 

キウイやバナナを食べて、喉に違和感があったり、呼吸がくるしくなる場合があり、

 

 

特に子供には注意が必要でしょう。

 

(Sponsored Link)
The following two tabs change content below.

ペリ&肌男

健康や美容がテーマとなります。主にダイエット&ニキビを中心にブログを立ち上げました。男女2人がこのブログの管理人で、それぞれのコンプレックス解消に役立った商品の生のレビューや解消方法などを紹介しています。