(Sponsored Link)

テーマは「花粉症 レーザー 治療の副作用や失敗とは?効果は期待できない!?」です。

 

レーザー治療とは炭酸ガスレーザーで鼻の粘膜を照射する事でスギ花粉が付着してもアレルギー反応しにくくなるというものです。それ以外にも花粉症の症状に合わせて色々なレーザー治療を行います。

 

(Sponsored Link)

花粉症 レーザー 治療の概要・効果

花粉症 レーザー 治療の副作用や失敗とは?効果は期待できない!?

花粉症のレーザー治療は花粉症の季節が始まる前に治療をするといいそうで、保険も適用されます。また、外来で軽い手術のような感じで受けられるそうです。

 

値段が3割負担で9600円と痛み止めの370円がかかります。手術は日帰りでも可能ですが、骨を切除する手術や神経切断術等は1週間ほどの入院が必要となります。

 

レーザー治療の手術はほとんど痛みもなく歯に少し痛みがあるだけで、レーザーで焼却した際にできたカサブタも通常であれば、2~3週間程で取れてスッキリします。

 

ですが、麻酔が切れると、痛みが発症するので痛み止めを使用しましょう。これはレーザー治療後に処方してもらえます。

 

この治療では目のかゆみも抑える事ができます。というのも大半は鼻内の粘膜から入った花粉が原因で目のかゆみが起きるので、点鼻薬も不必要となるのです。

 

注意点ですが、蓄膿症と合併している場合は、レーザー治療をしても効果が薄いので手術前に蓄膿症の治療を優先しましょう。

 

レーザー治療の副作用・失敗時

花粉症 レーザー 治療の副作用や失敗とは?効果は期待できない!?

(Sponsored Link)

花粉症がひどくてレーザー治療をした方の中には副作用で困っている方もいますね。

 

例えば、花粉症の治療後にも薬を飲み続けないと、レーザーで焼いた粘膜が再生してしまったり、治療後のカサブタが大きくなりすぎて鼻づまりの原因になってしまいます。

 

このカサブタは病院で除去してもらえるのですが、除去後には皮膚細胞が修復する過程でできる「鼻くそ」のようなものができてしまい、これも、鼻を詰まらせる原因となります。

 

それ以外にも吸気の加湿する鼻の機能が一時的に失われるとの口コミもあります。一般に傷が治まるのに約8~10週間ほどかかるそうです。

 

レーザー手術の一部に下鼻甲介粘膜切除術があるのですが、これは副作用として歯のしびれが挙げられますね。

 

元々、レーザー治療は1~2年後には効果がなくなるといわれているので、結果的に再度治療費もかかるのでオススメしません。また、2割程度の方がレーザー治療をしても効果がないとの報告があります。

 

花粉症を体質改善で治す方法

花粉症 レーザー 治療の副作用や失敗とは?効果は期待できない!?

リノール酸低減式花粉症対策 というものをオススメします。これは体内に溜まった花粉症を引き起こす原因の物質を減らしていくという方法です。

 

マスト細胞に溜まったヒスタミン・ロイコトリエンを減らす事で花粉症を引き起こす原因を除去していきます。

 

東京大学薬学部助手と公立病院の先生が研究してきた治療法で通院をしないで自宅でできます。

 

(Sponsored Link)
The following two tabs change content below.

ペリ&肌男

健康や美容がテーマとなります。主にダイエット&ニキビを中心にブログを立ち上げました。男女2人がこのブログの管理人で、それぞれのコンプレックス解消に役立った商品の生のレビューや解消方法などを紹介しています。