(Sponsored Link)

花粉症の症状は鼻や喉だけではなく寒気や下痢といた症状が見受けられます。寒気を起こす理由ですが、風邪と同じ原理で引き起こしている可能性が高いです。

 

風邪による寒気は体内に侵入してきたウイルスを撃退しようとするために体温が高く上げて熱を体の内に留めてしまいます。

 

これは、皮膚まで熱を運ばなくなるので、皮膚付近に関しては温度が低くなります。これが寒気の原因となるのです。

 

(Sponsored Link)

花粉症の症状で寒気になる理由

花粉症 症状 寒気や下痢になるメカニズムとは!?

体温を体内で高める理由ですが、ウイルスは基本的に38度以上になると活動できなくなります。花粉症の場合はウイルスが花粉の変わりになったと考えれる事ができます。

 

体に害はないのですが、勘違いをした結果、追い出そうとして色々な症状が発症するようになったのです。

 

つまり、花粉はウイルスではないのですが、体内の熱を上げて追い出そうとするので、微熱や寒気といった症状が発症するようなったと考えられますね。

 

ですが、医学的には、まだ寒気が起きる理由についはハッキリと解明されていません。というのも、花粉症はアレルギーの一種という事もあり、アレルギーは自律神経に悪影響を与えるといわれています。

 

自律神経が悪化した場合でも熱を発症しますので、寒気が起きる要因にもなりますよね。

 

五月病で自律神経失調症?症状は不安!耳で治る!?

 

風邪を併発したから寒気が起きる!?

また、別の見解では花粉症ではなく、風邪を併発した結果だといわれています。

 

それ以外にも花粉症の咳や鼻水の症状が酷くて免疫力が低下した結果、熱を出す前のような寒気を感じるとの情報もありました。

 

色々な意見がありますが、それほど酷い寒気ではないので、症状が酷い場合は何かの病気と併発している可能性がありますので、病院を受診した方がいいですね。

(Sponsored Link)

 

寒気の対処療法としては、生姜湯などをのんで、体の表面にも熱を送れるように、十分に体内を温めるといいです。

 

花粉症の症状で下痢になる理由

花粉症 症状 寒気や下痢になるメカニズムとは!?

花粉症が原因で下痢になるのは花粉を含んだ鼻水を飲み込んでしまった結果、消化器症状がでるようになるからといわれています。

 

例えば、花粉症の方はよく特定のフルーツを食べると吐き気下痢を催してしまうといわれています。これは口腔アレルギー症候群といって花粉症の方であれば、あり得る可能性が高いです。

 

つまり、花粉を吸いこむと鼻に症状ができるように、お腹の中でも同じような事が起きているのです。

 

花粉症対策の食べ物にわさび?トマトは?ワインなどのお酒は?

 

お腹の中でも花粉症の症状が起きてる?

胃酸分泌が増えて、逆流性食道炎が起きてしまい、胃粘膜が炎症に耐え切れなくて胃潰瘍やビランになる可能性があります。

 

また、腸にも炎症が広がるとおなかに風船が入った感じになり、過敏症大腸症になっていまうのです。食欲はあるけれど、お腹が緩くなってしまったり、水のような下痢になってしまいます。

 

一方で下痢になる要因として自律神経が乱れることが挙げれます。花粉症に対するストレスから自律神経が乱れて、副交感神経が優位になりすぎた結果、下痢になってしまうのです。

 

なので、自律神経を整えるために朝日を浴びたり、朝食をしっかり食べるようにした方がいいですね。

 

花粉症の咳を止める方法とは?黄色の痰は危険信号!?

 

(Sponsored Link)
The following two tabs change content below.

ペリ&肌男

健康や美容がテーマとなります。主にダイエット&ニキビを中心にブログを立ち上げました。男女2人がこのブログの管理人で、それぞれのコンプレックス解消に役立った商品の生のレビューや解消方法などを紹介しています。