冬になると便利で頼りになるものといえば、「カイロ」ですよね。最近は色々な種類が出回っており、最近、もっとも人気があるのは貼るタイプの「カイロ」です。

 

冷えた部分にピンポイントで温めることができるっていう利点もありますが、実は、長時間同じ場所に使用することによって、気が付かないうちに「低温やけど」を引き起こす可能性が高いのです(‘Д’)そこで今回は、「低温やけど」とは何か?

 

また、低温やけどになった際にはどのように処置や治療をすればよいのかをご紹介していきたいと思います( ..)φメモメモ

 

(Sponsored Link)

低温やけどとは?

disposable body warmer

低温やけどは、普段は触っただけでは火傷をしないちょっと「熱い温度を長時間、肌の同じ部位に当て続ける」と発症をします。

 

人間の体は熱に耐えられることができる最大の温度は42度までと言われており、それ以上の熱を加えると体内のタンパク質を破壊し、組織細胞を傷めることになってしまうのです(*_*;

 

では、何度でどのくらい同じ部位に当てれば低温やけどになるのでしょうか。それはだいたい「44度で3時間から4時間、46度で30分から1時間、50度で2分から3分」と言われています。

 

カイロは平均、50度以上熱を帯びるので、同じ部位での長時間の使用は、低温やけどの危険性を伴います((+_+))

 

症状はにしびれってあるの?

では、低い温度で長時間、熱に触れてしまい気が付くと低温やけどになっていたっていう場合、具体的にどのような症状があらわれるのでしょうか。

 

まず、比較的軽度の場合でも、皮膚の深部にまで熱が行き届くために赤く腫れあがります。ほかのやけどに比べて低温やけどは赤く腫れる範囲が広く、ピリピリとしたしびれのような痛みを伴います。

 

また、その数時間後になると、水ぶくれといった症状も現れはじめます。そしてさらに、深刻な場合になると、患部が広範囲に赤く腫れた後、白みを帯び黄色く変色をし、重症の場合は、黒っぽく変色します。

 

これは、熱により皮下細胞が破壊されたってことであり、細菌感染を起こしやすく濃が出てきます。怖いですよね。

(Sponsored Link)

 

細菌感染で入院も!?

ここまでくると細菌感染を起こし、さまざまな病気のリスクを伴いますので、入院が必要となってきます。ところで低温やけどって、以外と起こりやすい部位ってご存知でしょうか?それはだって言われています( ゚Д゚)

 

理由は、脚はほかの部位に比べて感覚が非常に鈍く、特にかかとやくるぶしについては皮膚のすぐ下に毛細血管が多くあるため、低温やけどになってしまうと、多くの細胞に早くダイレクト

 

に熱が伝わり、破損しやすく重度の低温やけどになりやすくなるのです。

 

低音やけどの処置

yakedo1

では、低温やけどになった際にはどうすればよいでしょう?ここでは処置や治療法についてご紹介をしていきましょう。

 

まず、患部を冷やし様子をみます。普通のやけどと同じように低温やけどは冷却しようと、アロエを塗ったとしても効果はありません。

 

冷却等を数時間行い赤みや腫れ、痛みがひかなければ、とりあえずは「ワセリン系」の軟膏を患部に厚めに塗り、ガーゼで押さえ、すぐに医療機関に受診をしましょう。

 

また、水ぶくれができてきた場合でも決して自分でつぶしてはいけません。雑菌が入りやすくなります。

 

低温やけどの治療法

低温やけどの治療法は、その場所や火傷の状態によって随分変わりますが、比較的軽い場合は「保存的治療」を重症の場合は「外科的治療」を行います。

 

まず、比較的症状が軽い場合は「保存的治療」といって、冷却や消毒を行いながら、「ワセリン系」の軟膏2~3週間、患部塗り治療を行います。

 

そして、重症の場合は、「外科的治療」として、破壊された皮下細胞を取り除き縫合した後、健康な新しい箇所の皮膚を薄く剥がし、その後、患部に植皮していきます。

 

まとめ

低温やけどって、軽いやけどだって思いがちですが、実は、普通のやけどに比べ重症になりやすく、治療には随分と時間がかかります。

 

低温であっても熱を直接肌に当てず、間接的に貼付するようこころがけましょう(#^^#)特にカイロ等の長時間の使用では低温やけどになりやすいので、

 

肌着ではなく洋服の上から使用するなど、工夫をしながら上手にカイロを使用してくださいね!(^^)!

 

(Sponsored Link)
The following two tabs change content below.

ペリ&肌男

健康や美容がテーマとなります。主にダイエット&ニキビを中心にブログを立ち上げました。男女2人がこのブログの管理人で、それぞれのコンプレックス解消に役立った商品の生のレビューや解消方法などを紹介しています。