夏の季節になるとあせもは子供や乳児に多くみられ、肌トラブルとして流行していますが、最近では冬の季節でも子供があせもになるケースも多い見たいです。

 

主に頭や額、首回りや肘の内側、足の付け根やひざの裏側、お尻にできやすいとされています。

 

あせもの一番の原因はあせにありますので、予防法としては汗をかかないことが良いのですが、これは不可能なことなので、服装や環境を清潔にしておくことが重要となります。

 

(Sponsored Link)

おとなとこどものあせも症状とは

子供のあせもは足にできる?手足口病との見分け方とは

子供の場合は特に汗っかきで、大人の3倍以上の汗をかいています。これは新陳代謝が活発ということもあり、さらに、体温も高いことが要因となっています。

 

また、汗がでる汗腺の数は子供も大人と同じ数で、さらに密度が濃いのもあせもになりやすい原因となります。汗は主に体の熱を放出させて体温を下げる役割があり、汗をかくこと自体は悪くないのです。

 

ですが、汗をかいたままにしておくことがあせもに悪くさらに、アトピーにも悪影響を及ぼしています。

 

子供をあせもから守る方法

子供のあせもは足にできる?手足口病との見分け方とは
皮膚の一番外側には各層といった外部からのダメージを守る肌の細胞がありますが、これは長時間水分を
含むとふやけていくのが分かるように傷つきやすい状態になっています。

 

つまり、汗にも同じようなことが挙げられ、汗をかくことで肌の外側の角層がふやけていき、汗を排出する出口がふさがれてしまったり、衣類などでこすれてしまうことで傷がついてしますのです。

(Sponsored Link)

 

こういったことが原因となり、皮膚の内側に汗が溜まるので炎症にもつながってしまいます。子供のあせもを予防していくためには、必要以上に汗をかかないように、室内にいる時に関しては冷房などで常に室内を27度以下に保つことが重要です。

 

冷房は扇風機で拡散しよう!

夜寝ている時が一番汗をかきますので、冷房を朝までつけたままにして、かつ冷気が一か所に固まらないように扇風機で拡散しておくのが良いですね。

 

子供の洋服を選ぶ際には吸湿性や通気性の良いものを選択して、汗をかいたらシャワーで洗い流したり、濡れタオルで肌をこすらない程度にタップする感じで汗を拭いてスキンケアしていくことが大切です。

 

最近では冬でもあせもができている子供が多いといわれており、厚着が原因の一つと考えられています。ですので、基本的に夏だけではなく冬であっても、汗っかきな子供に関してはTシャツの下に肌着を着せるのではなく、大人よりも1枚少ない服装がベストといえます。

 

体内の熱は放出できる服装にしよう!

子供でもおむつをしている場合には非常にジメジメした感じがありますので、熱がこもりやすいロンパースのような服装が控えた方がいいです。

 

春や夏の季節に外出するのであれば靴下やレッグウォーマーは必要ないです。ですので、冬場であっても室内であれば裸足でも問題ないです。

 

子供であれば手や足から熱を放出していますので、足先冷たくても正常といえます。あせもを予防するためには体温調節がしやすい服装や着せ方が重要なので、子供には気を付けていく必要がありますね。

 

あせもに似た病気とは

子供のあせもは足にできる?手足口病との見分け方とは
あせもに似た症状として、手足口病が挙げられます。これは病名と同じように口や手、足に発疹や水泡ができるのが特徴であせもに似た症状となります。

 

あせもは主に背中や首にブツブツができますが、手足口病の場合には体の表面にはできずに、口の中が水泡でぶつぶつだらけになりますので食事をするのも難しくなります。また、足や足の裏にも発疹や水泡ができます。

 

手足口病の症状とは?大人にも移る?初期はかゆみ?何科?喉の痛みは?

 

(Sponsored Link)
The following two tabs change content below.

ペリ&肌男

健康や美容がテーマとなります。主にダイエット&ニキビを中心にブログを立ち上げました。男女2人がこのブログの管理人で、それぞれのコンプレックス解消に役立った商品の生のレビューや解消方法などを紹介しています。