(Sponsored Link)

テーマは「大人のあせもを
ステロイド薬やベビーパウ
ダーで首やおなかを予防」です。

 

(Sponsored Link)

かゆみや小さな赤いぶつぶつ
を発症させるあせもは、子供に
多く見られがちですが、汗を大量に
かく夏の季節に関しては大人
でもあせもに注意する必要が
あります。

 

あせもの症状とは

大人のあせもをステロイド薬やベビーパウダーで首やおなかを予防

 

あせもは一般的に小さな赤い
ぶつぶつができてかゆみを
伴うものとの認識があり、
紅色汗疹と呼ばれています。

 

実はあせもには上記の
紅色汗疹と含めて3種類に
分けられます。

 

■水晶様汗疹
 ・赤みやかゆみを伴わない
 で皮膚の表面に1~3mmほどの
 透明または白っぽい水膨れが
 できます。
 これは紅色汗疹よりも皮膚の
 表面側に汗が溜まることから
 症状も軽くて、自覚症状も
 少ない場合が多いです。

 

■深在性汗疹
 これは皮膚の深い部分にて
 起こる白っぽく凹凸のない丘疹
 (直径1cm以下の皮膚の隆起)の
 ようなものができ、日本では
 あまりみられませんが、亜熱帯
 などでよくみられます。

 

あせもは湿疹や皮膚炎と同じ
ように早く段階で適切な治療を
して治していくとのが大切で
掻きむしたっりして化膿させて
しまうと治りにくくなる
可能性もあります。

 


あせもは大量に汗をかくと汗を
皮膚の中に溜めてしまうことが原因
とされています。汗は皮膚の真皮の
奥になる汗腺で分泌されて汗管と
呼ばれている通路を通って
体の表面にある汗功という出口
から放出されています。

 

 

この汗が放出されずに溜まった
状態になると、皮膚の下にある
汗管の回りの組織に漏れ出して
しまうと、水膨れや炎症を起こして
しまうのです。あせもは汗疹と呼ば
れており、おなかや首、額や肘の内側、
足の付け根やお尻、膝の裏側
などの汗が乾燥しにくい場所に
よく見られます。

 

 

基本的に夏場に多い病気と
されていますが、汗をかけば
あせもができる可能性が高いです。
湿布や包帯、ギプス、絆創膏、
通気性の低い衣類を着用すること
から汗管がつまってしまい
あせもになってしまうのです。

 

 

(Sponsored Link)

ですが、一般的には大人よりも
子供の方ができやすい傾向に
あります。というのも、汗が
作られる汗腺の数は大人も
子供も同じなのですが、子供
の場合、小さな面積に汗腺が
密集しているので、汗を大量に
かいてしまうため、十分な
スキンケアが大切となります。

 

あせもの治療法とは

大人のあせもをステロイド薬やベビーパウダーで首やおなかを予防


基本的に水晶様汗疹に関しては
汗をかいたあとにシャワーを
浴びたり、清潔で濡れた
タオルにてやさしく汗で
ふき取ることで治療や予防と
なります。

 


【対処・予防法】
■朝に2~3分ほどのシャワーで
寝汗を流す

■ぬるめのお湯に浸かって体温の
上昇と入浴後の発汗を抑制して
いく

■メントールが配合された
入浴剤を使用して発汗を抑制
していく。

 

水晶様汗疹は何もしなくても
約2~3日ほどで治まりますが、
大量の汗をかく場合には
清潔にして、急性湿疹や
とびひを併発しないように
することが大切です。

 

熱い時期に運動や、吸湿性の
高い木綿や速乾機能のある
素材を使ったものを着用するなど
の衣類の工夫も大切となります。

 

大量の汗をかく場合には
エアコンや除湿器、室温や
湿度で調整していく必要が
あります。

 

紅色汗疹に関しては炎症の
起きている部分に抗炎症作用の
あるステロイド系の外用剤によって
炎症を沈めていきます。

 


炎症が治まっていくと心理的な
ストレスも解消されていき、
掻きむしって傷つけてしまうことも
予防していくことができます。

 

寝ている間に無意識にかいて
壊している場合もあるので、
かゆみを予防していくことは
重要となります。

 

ベビーパウダーは子供に
有効とされていますが、
刺激の弱い大人にも効果的
に使用することができます。

 

ベビーパウダーを使用する
際には必ずお風呂上りの肌が
綺麗な状態で使用しましょう。

 

特にこどもの場合は我慢できずに
かいて壊してしまう場合があり、
とびひの原因になる可能性も
あります。壊してしまった場合
には抗生物質が配合された
ステロイド外用剤をで治療して
いきます。

 

薬局で販売されているものには
大・中・小といった3段階の
効果
の強さに分かれており、
子供は年齢によって使用できる
ものが限られていますので、
薬剤師に相談する必要が
あります。


ステロイド外用剤を5~6日使用
しても症状が緩和されない場合には
別の皮膚病を疑った方がいいです。


 

(Sponsored Link)
The following two tabs change content below.

ペリ&肌男

健康や美容がテーマとなります。主にダイエット&ニキビを中心にブログを立ち上げました。男女2人がこのブログの管理人で、それぞれのコンプレックス解消に役立った商品の生のレビューや解消方法などを紹介しています。