(Sponsored Link)

夏の肌荒れの原因で最初に思い浮かべるのは紫外線です。強い紫外線を浴びるとお肌はダメージを受けます。

防御反応によってメラニンの生成が活発になることで、くすみやしみが表れることもあります。

そのため、夏の肌荒れ対策では紫外線カットを徹底することと、浴びてしまった紫外線による影響を最小限に食い止めることが重要になってきます。

(Sponsored Link)

夏の肌荒れはあごに出る?

夏の肌荒れはあごに出る?紫外線以外の思わぬ原因とは?

Tゾーンやあごの場合は、皮脂が浮いていないかをこまめにチェックすることも大切です。

 

皮脂が浮いていると更に紫外線の影響を受けやすくなりますし、皮脂が長時間肌に留まることで雑菌が繁殖して皮膚のトラブルを引き起こす可能性もあります。

 

皮脂対策で重要なのは洗顔であり、余分な皮脂はしっかりと落とすことが重要です。

 

ただし、洗浄力の強過ぎる洗顔剤を使うと肌を守るために必要な皮脂さえも取り除いてしまいますので、肌は無防備な状態になってしまいます。

 

洗顔後肌がつっぱるような感じがある場合は、洗顔剤の種類を見直してみても良いかも知れません。

 

夏の肌荒れに大切なこととは

夏の肌荒れはあごに出る?紫外線以外の思わぬ原因とは?

冬とは違って、夏は乾燥による肌トラブルはあまりありません。

 

しかし、一年で最も強い紫外線が降り注いでいますので、日除け対策を万全にしておかないと後々影響が表れることになります。

 

Tゾーンやあごは清潔な状態を保って毛穴に汚れや皮脂が詰まらないように気を付けることが大切であり、こまめにケアすることで毛穴の目立たない肌を実現することができます。

 

また、乾燥による心配は少ないとはいっても、エアコンの効いた部屋で長時間過ごす人は湿度の管理に注意が必要です。

 

夏場の肌コンディション作りでは、皮脂量と水分量のバランスを取ることが非常に難しく、ちょっとした影響によって崩れて脂浮きしたり水分不足でかさついたりしてしまいますので、1日の終わりには状態に合ったケアをしっかりと行う必要があります。

(Sponsored Link)

 

紫外線以外の思わぬ原因とは?

夏の肌荒れはあごに出る?紫外線以外の思わぬ原因とは?

夏場に肌荒れを起こすと紫外線の影響ばかり気にしてしまいますが、頬やあごの場合は他にも様々な原因が考えられます。

 

頬の場合は胃腸等の内臓系のトラブルの可能性もありますし、あごはホルモンバランスの乱れが顕著に表れる部分です。

 

ホルモンバランスは元々一定ではなく、日々変化しています。特に女性は生理前になると黄体ホルモンの分泌が増えますので、肌荒れを起こしやすくなります。

 

また、睡眠不足やストレスを受けた時、食事内容に偏りが見られる時にもホルモンバランスが崩れます。

 

夏場には、皮脂の分泌が盛んになることも肌荒れを悪化させる要因になっています。

 

洗顔時に洗い残しがあったり、毛穴の奥までしっかりと洗えていないと、気付かないうちに汚れや皮脂が詰まってしまいます。

 

肌荒れやあごの吹き出物の予防法

夏の肌荒れはあごに出る?紫外線以外の思わぬ原因とは?

対策としては、キメの細かな泡でしっかりと皮脂を吸着させて取り除くことが大切です。

 

手で泡立ててもキメの細かな泡はなかなか作れませんので、泡立てスポンジ等を活用する必要があります。

 

皮脂コントロールができたら、あとはホルモンバランスを整えるための対策を行います。

 

基本的には規則正しい生活を送り、食事の内容を見直すことが最も重要です。

 

夏バテで食事を思うように摂取できない場合でも、フルーツや緑黄色野菜を上手く取り入れてビタミンをたっぷりと摂ることが重要ですね。

 

お肌の健康を維持するために必要な栄養素が豊富に含まれていますので、積極的な摂取が望ましいと言えます。

 

また、夏風邪も肌荒れの要因となることがありますが、これは体内に入ったウイルスを退治するためにビタミンCが大量に消費されてしまうことが大きく関係しています。

 

ビタミンCが不足するとコラーゲンを作ることができなくなりますので、果物やサプリメントを利用して少し多めの摂取を心掛けることが大切です。

(Sponsored Link)
The following two tabs change content below.

ペリ&肌男

健康や美容がテーマとなります。主にダイエット&ニキビを中心にブログを立ち上げました。男女2人がこのブログの管理人で、それぞれのコンプレックス解消に役立った商品の生のレビューや解消方法などを紹介しています。