(Sponsored Link)

本日のテーマは「夏風邪を
食事で予防!症状は下痢や
吐き気?」です。

 

夏風邪に効果的な食事法を
徹底紹介しています。

 

 

(Sponsored Link)

 

夏風邪は主に夏に引き起こす
風邪とされていますが、実は
冬に引き起こす風邪のウイルス
とは全く異なり、症状にも大き
な違いがあるのです。

 

 


夏風邪の症状とは

夏風邪を食事で予防!症状は下痢や吐き気?

 


ですので、夏風邪の症状を緩和
させていくには、冬風邪とは
違った方法で対処させていく
必要がありますね。

 

 


一般的に風邪の原因となる
ウイルスは低温で乾燥している
環境を好んでおり、冬を代表する
ウイルスとしては

 


■コロナウイルス

 


■RSウイルス

 


などが挙げられます。

 

 

一方で夏風邪の原因となる
ウイルスに関しては高温多湿と
いった環境を好み
ます。
以下が主なウイルスとなります。

 

 


■エンテロウイルス
※エンテロ⇒腸

 


■アデノウイルス
※アデノ⇒喉

 

 

この二つの名称通り、症状
としては発熱を中心とした
腹痛や下痢、喉の痛み・吐き気
が特徴的となります。

 

 


エンテロウイルスによるものだと
激しい腹痛になる場合がありますね。

 

 


喉の傷みとしては咽頭炎を
起こしている状態なので、
食べ物や飲み物を飲み込むと
痛みを発症してしまい、食事の
量が減少することから夏バテ
の原因に繋がる場合があります。

 

 


ですので、症状を長引かす前に
まで、対処法や予防法をしっかり
身に着けていく必要がありますね。

 

 

 

夏風邪を治す・予防法:生活編

夏風邪を食事で予防!症状は下痢や吐き気?

 


現状、夏風邪の原因となる
ウイルスに対する特効薬は
ないので、即効で治すのは
難しいといえます。

 

 


また、抗生物質は細菌に
対してだけなので、ウイルス
感染による夏風邪には効果が
ありません。

 

 


ですが、
夏風邪を対処するために、
市販の解熱剤や風薬を使用する
方もいますが、これは胃腸障害に
つながり便秘を起こしてしまう
場合があります。

 

 


下痢はウイルスを体外へ排出する
ための症状なので、便秘になって
しまうと、逆に症状を長引かして
しまう可能性が高いのです。

 

 


ですので、病院にて適切な処置を
して頂いた方がいいですね。

 

 


特に高齢者の方が
下痢の症状がひどいと脱水症状に
なる場合があるので、水分補給を
定期的行う必要があります。

 

 


食事に関しては脂っこい物なや
刺激的なものではなく、おかゆ
や卵スープといった胃腸に
やさしい食べ物がいいですね。

 

 


咽頭炎がヒドイのであれば、
濡れマスクが効果的で、喉が
乾燥してしまうと免疫力の低下
やウイルスを繁殖しやすくなり
ます。

(Sponsored Link)

 

 


注意点としては、夏風邪は高温
多湿で不潔な環境を好みますので、
マスクを常キレイな状態に保つ
ために、早めに交換すると良い
ですね。

 

 

また、はちみつののど飴を
舐めることで唾液の分泌を
促し、喉に潤いを与えてくれ
ます。

 

 


喉が痛すぎて、飲み込むのも
困難であれば、病院にて点滴を
してもらった方がいいですね。

 

 


夏風邪は38〜40度ほどの高熱が
2〜3日ほど続く場合があります。
ですが、布団にくるまって無理に
汗をかいて治すのは、かえって
体力の消耗に繋がりますので、
十分な水分補給と睡眠をとり、
体力を回復していくことが大切です。

 

 


微熱ほどであれば、ぬるめのお風呂に
入ることで新陳代謝が高まり、
免疫力の回復を助長
させる効果が
あります。

 

 

夏風邪を食事で治す方法

夏風邪を食事で予防!症状は下痢や吐き気?

 


少量のワインと生姜を
混ぜた飲み物も免疫力を高める
ので、おススメですね。

 

 


赤ワインには消炎作用のある
ポリフェノールが豊富で、
アルコールも約25℃くらいなので、
対応を2℃ほど上昇させます。
これは免疫力を約3倍ほど活性化させ
、さらに炎症を抑え体温を上げる
生姜との相乗効果で血流もよくなり
抗ウイルス作用を助長できます。

 

 


作り方ですが、赤ワイン20mlの
中に生姜汁を3〜4滴ほどいれると
効果的
で、風邪の引き始めで
あれば、ビールや日本酒も良いです。

 

 


その他に夏風邪の改善・予防に
効果的な食事を紹介

 

 

■キムチ
キムチは発酵食品を代表する
食べ物で夏風邪のウイルスを
腸から予防してくれます。


他にも発行食品として、納豆
やぬか漬け、ヨーグルトやチーズ
などがありますね。
1日朝と晩の2回に分けて発酵食品
を摂取すると効果的です。


また、ビタミンが豊富に含まれ
ており、乳酸菌の整腸作用や
カプサイシンによる消化促進
作用、さらにスコルジニンの
スタミナ増進作用があるので
予防するには最適の食品と
いえます。

 

■果物
果物などに含まれる天然酵素
は体内の消化酵素の代わりと
しても作用するので、免疫力と
消化する役割を活性化させて
くれます。

 

■大根
大根には酵素が含まれており、
喉の炎症を抑制する働きと消化
作用があります。

 

■ネギ
黒く焼いたネギをタオルを
寝る時に一緒巻くと、翌日には
喉の痛みが緩和させる効果が
あります。

 

■熱い緑茶
熱さと緑茶の効果で喉に
殺菌作用を促します。

 

■喉に蒸気を当てる
口から蒸気を吸い込む感じで
深呼吸をすると、殺菌効果で
喉を潤します。

 

 

38度以上の高熱が続いたり、
黄色い痰がでるようであれば、
肺炎などの二次感染が考えられ
ますので、その際には早めに
病院にて診察してもらった方が
いいです。

 

 

子供の夏風邪を代表する
へルパンギーナには高熱に
加えて口の中に白い口内炎の
ようなものを発症しますので、
注意が必要ですね。

 

へルパンギーナの症状?薬で子供の喉や鼻を治す!?

 

(Sponsored Link)
The following two tabs change content below.

ペリ&肌男

健康や美容がテーマとなります。主にダイエット&ニキビを中心にブログを立ち上げました。男女2人がこのブログの管理人で、それぞれのコンプレックス解消に役立った商品の生のレビューや解消方法などを紹介しています。