熱中症の症状を子供や大人に関わらず徹底解説しています。

 

夏の季節になると、熱中症には注意していく必要がありますね、強い日差しの下や熱い気温の中ではよく起きる病気で、部活動をしていた子供が熱中症で運び込まれるといったニュースもよく耳にします。

 

熱中症とは、高温環境下の中で体内の水分や塩分のバランスを崩れていき、体内の調整機能に障害が起きて発症するもので、命を落とす危険性があるといわれています。

 

(Sponsored Link)

熱中症の症状は4つに分けられる

熱中症の症状!子供に嘔吐や頭痛?翌日まで続くの?

子供・大人関わらず熱中症は主に以下の4に分けられすが、基本的に熱射病で運ばれる場合が大半とされています。

 

熱射病の概要

体温の上昇によって腎臓の機能に障害をきたし、尿がでなくなる。

 

熱射病の原因

非常に暑く、屋外や屋内に関わらず人の体温以上の温度になった際に起きてしまい、体温を下げようと汗をかいても体が追い付かない状態になるのです。

 

この状態が続くと、体温調節のメカニズムに障害をきたし、41度以上の発熱を発症してしまうことあります。

 

41度以上を超えてしまうと、体内のタンパク質が破壊されて腎臓機能に障害をきたし、尿がでなくなるので、命の危険性にかかわります。

 

熱射病の症状

大量の発汗によって血液量が減少するので、顔色が悪くなり、唇も蒼っぽくなります。また、ひどい場合だと汗をかかない状態となり意識障害を起こしてしまう場合があります。

 

体温が41度以上になるのは体内が乾燥している状態なので、汗で水分が体内から排出されることで、血液が濃くなり、血流が悪くなってしまいます。すると、血の塊ができて、内臓への血液が減ることから内臓が機能しなくなります。

 

熱射病の治療

体温を下げることが重要なので氷やアイスノンで体全体や脇・足の付け根を冷やしたり、扇風機などで40度以下に冷やすと効果的です。点滴を行うことで脱水を改善していくこともできますね。

 

熱痙攣の概要

体温は平熱にも関わらず、手や足の筋肉がピクピクする

 

熱痙攣の原因

温度の高い屋外や屋内で運動をしている時に大量の汗をかくことでおきます。汗をかくと血中の塩分が減少するので、手足の筋肉がピクピクと痙攣をおこす病気なので塩分が含まれている水を飲むことが大切ですね。

 

熱痙攣の症状

体温が平熱ですが、大量の汗ににより、体内から水分と塩分が排出されることから血液量が減少していきます。すると、顔色が悪くなり、脈が速く、弱い状態となっています。

 

熱痙攣の治療法

塩分が含まれた飲料水を涼しい所で飲むと良いです。筋肉の痙攣がヒドイのであれば、塩分を補う点滴を医療機関で受診することをおススメします。

 

熱失神の概要

体温は平熱ですが、顔色が悪くなり血圧の低下を招く

 

熱失神の原因

屋外にいると炎天下といった強い日差しの下であれば、体温の温度が上がっていきますので、体の表面の皮膚の温度を早く冷やそうと皮膚側の血管が拡張していくので、血流が通常よりも大量にながれていきます。

 

すると、体表に血液量が集中することで内臓にながれるえ血液量が減少してしまうことから熱失神を発症します。運動をしている時によく発症しますね。

 

熱失神の症状

体温が平熱にも関わらず、体表の皮膚が血液によって冷却しようとするため、平熱よりも低くなる場合があります。

(Sponsored Link)

 

血液量を増やそうとすると、血管が広がるので、血圧が低下する一方で、脈が弱く速い状態となります。また、顔色も悪くなり、血圧が下がったショック状態になる場合があるので、病院にて血圧を測定した方がいいですね。

 

熱失神の治療

経口補水液などの水分補給をすると共に涼しい所で安静にする必要があります。症状がひどくてショック状態であれば、病院にて電解質を含んだ点滴による治療をおススメします。

 

熱疲労の概要

体温は平熱ですが、気温の熱さで夏バテ状態になる。

 

熱疲労の原因

気温の高いに運動、または室内にて安静にしている時であっても暑さが原因で疲れた状態となります。体調がすぐれない時に外出していると発症しやすいとされていますね。

 

熱疲労の症状

体温は平熱である場合が多いですが、40度以上の熱を発症することもあり、大量の発汗によって体内の水分が減少するため、脱水症状を起こして体がだるい状態となります。

 

その他にも、倦怠感やめまい、頭痛、ひどい時には嘔吐といった症状を発症し、疲労状態を続くと体温が上がり続けることから熱射病になる場合もあります。

 

大人・子供に関わらず後頭部からこめかみにかけて痛みがあり、頭ーがボーとするような状態は夏風邪の可能性も疑う必要があります。

 

夏風邪の症状とは?食事による予防法を紹介!

 

熱疲労の治療

塩分を含むイオン水やスポーツ飲料を補給しつつ、涼しい所で安静することが大切です。症状がよくないのであれば点滴をする必要があります。

 

熱中症は前日に温度が高い中で作業や運動をしていた場合に、翌日になっても体温の上昇がひどくて頭痛やめまい・嘔吐といった症状を発症する場合があるので、十分に首筋や脇といったリンパ節を冷やす必要があります。

 

熱中症の初期症状

■口や鼻の中が乾燥してる

■舌が白っぽくなっている

■目が落ちくぼんでいる

■皮膚に弾力性がなくカサカサ状態
また熱失神のように皮膚の温度を下げようとするので、気温が高い中大量の汗をかいているのであれば、子供の手などを触り、冷たいかどうかを確認することも大切です。

 

子供を熱中症から予防する方法

熱中症の症状!子供に嘔吐や頭痛?翌日まで続くの?

 

子供は大人と違って、自己管理が難しいので、遊びやスポーツに夢中になってしまい、体の危険信号に気付かずに、熱中症になってしまうことが多々あります。

 

ですが、子供を近くで見れない、あるいは遊びにいかせるのであれば、

 

■普段と違った疲労(頭痛・吐き気)を感じたら、涼しい所で安静にする

 

■喉が渇いていなくて、こまめに水分補給をする

 

■水分補給であれば、スポーツドリンクなどのイオンを含む飲料が良く、5〜15度といった程よく冷えたものを持たせる(塩分0.1~0.2%と表記されているもの)

 

特に大塚製薬OS-1(経口補水液)は人気がり、過度の発汗によって麦茶や水を飲んでも喉が満たされないといった脱水症状の初期状態に効果的す。

 

体内の電解質を補給・維持する役割があるので、子供だけではなく高齢者にも適しています。

 

■運動中は約20分ごとに1口摂取するようにする。

 

■熱中症の知識を教えて、実際に熱中症ぽい症状を感じたら周りの大人に早めに伝える

 

こういったこから熱中症を予防していくことが大切です。

 

(Sponsored Link)
The following two tabs change content below.

ペリ&肌男

健康や美容がテーマとなります。主にダイエット&ニキビを中心にブログを立ち上げました。男女2人がこのブログの管理人で、それぞれのコンプレックス解消に役立った商品の生のレビューや解消方法などを紹介しています。