(Sponsored Link)

 

人は糖尿病という病気にかかり、血糖値などを測り、薬や運動、食事制限などで治療をしないと命にかかわることもありますが、猫にも血糖値などからくる体の不調があるのか!?

 

原因や症状、治療法や予防方法など、猫を飼っている方は参考にしてみることをおすすめします。

 

(Sponsored Link)

糖尿病の初期症状で足にかゆみ?むくみや痛みもでる?

 

糖尿病の症状で良くなる運動と食事とは?

 

猫の糖尿病の原因

5818

人だけではなく、猫にも糖尿病はあるそうです。

 

原因はインスリンというホルモンの一種の働きが悪くなることで血液中の糖分が多くなってしまう高血糖状態です。

 

人間の糖尿病では、血液中の糖分はインスリンという膵臓から分泌されるホルモンの働きによって細胞に取り込まれてエネルギーとして利用されます。

 

食後は誰でも高血糖状態になりますが、インスリンの働きにより、血糖値が一定の値にコントロールされています。

 

猫の糖尿病でも人間と同じように、このインスリンの働きが悪くなることで高血糖状態が慢性的なものになると糖尿病になります。

 

猫の糖尿病の症状

食後には血糖値が高くなるのが普通ですが、インスリンの分泌により、血糖値がコントロールされて通常の値に保とうとしています。

 

けれども、インスリンの分泌が少なかったり、働きが悪かったりすると、慢性的に血糖値が高い状態が続いて、全身にさまざまな障害が現れます。

 

これが猫の糖尿病の原因です。猫の糖尿病の症状としては、食欲不振や体重減少、嘔吐や元気消失などがあります。

 

発症しやすい状態としては、高齢や肥満の猫がなりやすいと言えます。

 

キャットフードのあげすぎとかキャットフードに含まれている糖質の値も発症しやすい状況を作り出している可能性があります。

 

糖質の明記されている(または制限されている)キャットフードを選ぶようにしましょう。

 

猫種としては、シャム猫やバニーズ猫に多いとも言われています。

 

治療にはインスリンの注射を継続してする必要がありますので、動物病院などの獣医師さんに診察に訪れて下さい。

 

食事の量などもあげすぎていないか、カロリーの高いものを与えていないか、など改善出来る部分を見つける食事メニューの見直しをして下さい。

 

猫の低血糖の症状や原因!吐くの?

1116259874_ef1a8d8deb

糖尿病(高血糖状態)が猫にもあるように、低血糖症にも猫はなります。

 

猫の低血糖の症状は、ぐったりしてしまったり、元気がない、食欲の低下、ふるえ。などがあります。

 

嘔吐や痙攣などが症状として出ることもあるので、飼い主さんは普段と違うと感じたら低血糖症も疑ってみて下さい。

 

原因には、「空腹の状態が長い。」「食事が不定期。」「食事の間隔が空きすぎている。」など、食事回数や間隔などの習慣から低血糖状態になります。

 

低血糖を放っておくことで、最悪のケースだと命にかかわることも考えられます。猫の状態の毎日の観察が大切になってきます。

 

通常の健康な猫では、それほど飼い主さんも神経質になる必要はありませんが、低血糖症になる可能性のあるものとしてインスリン注射などもあります。

(Sponsored Link)

 

インスリン注射は高血糖の猫にする治療方法ですが、血糖値が下がり過ぎてしまうこともあります。

 

高血糖治療として、インスリン注射などをしている猫の飼い主さんは、低血糖症にも気を配り観察する必要があると言えます。

 

インスリン投与の量が多すぎたり、食事の量が少なかったり間隔が空きすぎていたり、運動が足りていない。などの3つの大きな要因を疑うことも必要になってきます。

 

注意しなければいけないこととして、低血糖が心配だからといって糖分を摂らせる際に、チョコレートなどは絶対にあげないようにして下さい。

 

そもそも犬や猫は、チョコレートを食べないというケースも多くありますが、犬猫にはチョコレートはあげてはいけません。

 

痙攣や失神、嘔吐や下痢、呼吸困難などを起こします。犬にはチョコレート以外にも、たまねぎやにんにく、コンソメなどは絶対にあげてはいけません。

 

人間の体とは違い、テオブロミンと言う成分が体内に留まり、中枢神経に働くことでこれらの重篤な症状が出ます。

 

猫の低血糖対策として糖分を与える際にも、チョコレートなどの食材に注意しながら糖分を与えるようにしましょう。

 

また、炭水化物にも糖質は含まれています。

 

飼い主さんが糖分を与えるよりもこういった糖質の制限のしっかりされているキャットフードを選ぶことで食事内容の見直しをすれば、糖分を別に与える必要はないかと思います。

 

猫の糖尿病を予防する予防法や治療法とは

9117a63065ba9f6c79f9d40213aae644

猫の糖尿病の予防方法でも人間と同じように、食事療法や運動療法があります。

 

日常的に食事を与えすぎていないか、高カロリーのものをあげすぎていないか、などの食事関係の見直しと、遊ばせている時間が短くないか、動かないで寝ている時間が長過ぎないかなどの運動関係の見直しが猫の糖尿病の予防方法と言えます。

 

肥満の猫が一般的に糖尿病になりやすく、また高齢であまり動かない(運動しない)猫もまた糖尿病になりやすいです。

 

猫の糖尿病の治療方法は、定期的なインスリン注射がメインとなります。

 

インスリンはお薬ではなくホルモンで、人間の糖尿病と同じように途中でやめて良いものではなく、ずっと注射を続けなければなりません。

 

猫の場合、人間のように飲み薬を与えることが出来ないので、インスリンを注射することで分泌の働きを促し、血糖値を正常に戻すのが治療となります。

 

注射をしすぎると低血糖にも注意しなければいけないので、獣医師さんに相談されてみて下さい。

 

糖尿病は、不治の病と言われることもあり、人間でも一度なると薬を長い期間飲んで治療しなければいけなくなります。

 

猫が糖尿病になった場合でもインスリン注射などの治療は一時期ではなく、死ぬまでずっとしなければいけないというのが基本的な治療方法となります。

 

また、糖尿病は食べものから摂取した糖分を、体内でうまく代謝出来ない病気なので食事改善などの食事内容の見直しなども治療方法の1つになります。

 

ご自身の飼っている猫が糖尿病になっているか気になる方は、動物病院など獣医師に血液検査などをしてもらうよう診察されて下さい。

 

猫は、糖代謝機能の能力が低いと言われています。

 

猫の体内の糖代謝機能には限界があり、完全肉食動物を呼ばれる所以にもなっていることから、糖尿病になりやすい動物と言えるかもしれません。

 

(Sponsored Link)
The following two tabs change content below.

ペリ&肌男

健康や美容がテーマとなります。主にダイエット&ニキビを中心にブログを立ち上げました。男女2人がこのブログの管理人で、それぞれのコンプレックス解消に役立った商品の生のレビューや解消方法などを紹介しています。