(Sponsored Link)

熱中症にかかる方は年々増加しており、夏の気温が35℃を超すこともありますね。

 

熱中症が一番多き時期だと梅雨明けからといわれており、7月下旬から8月下旬にかけて一番発症しています。

 

時間帯だと気温のピークから2時間後の午後4時からが多いです。

(Sponsored Link)

熱中症の症状で寒気の原因と処置法

熱中症の症状は寒気や鼻血に下痢?

熱中症は主に、脱水症状などによって汗をかきにくくなり、体内を循環している水分が低下することで体の外へ熱を放出する機能を失ってしまうのです。

 

つまり、脳にある体温を調整する神経が熱よってダメージを受けてしまい、体温調節がうまく機能を果たせなくなるのです。

 

熱中症にも軽度なものから重度なものまで、症状には様々なものがあります。

 

熱中症にかかると、どのような症状を発症するのかについては以下の記事に書かれていますので参考になるでしょう。

 

熱中症の症状!子供に嘔吐や頭痛?翌日まで続くの?

 

熱中症の症状で寒気を感じた場合は危険信号と思った方がよいですね。

これは、熱によって明らかに体温調節をする機能を失っている証拠です。

 

体内の温度が40℃近くまで上昇しているにも関わらず、皮膚の表面が冷たく顔色が悪いのであれば、熱疲労の可能性が高いです。

 

寒気以外にも吐き気や頭痛も同時に感じたのであれば、病院にて診察してもらった方がいいですね。

 

熱中症になると鼻血が出る原因と処置法

熱中症の症状は寒気や鼻血に下痢?

熱中症は基本的に屋外・屋内問わずに気温が高い所にいると、発症してしまいます。

 

症状としては、個人差はありますが、寒気や吐き気、頭痛以外にも鼻血や下痢といったものがありますね。

 

鼻血が出てしまう原因ですが、熱中症によって、身体に熱がこもってしまうことで、体温調節機能を失ってしまい、鼻の粘膜が弱いことこから破れてしまうことが挙げられます。

(Sponsored Link)

 

また、体に熱がこもることによって、のぼせる・逆上するといったことが原因となり、鼻血が出てしまうこともあります。

 

鼻血が出ているということは、血流量が高く、鼻血が出るほど体温が上昇している状態といえます。

 

ですので、しびれや意識が遠のく前に身体をゆっくりと冷やしていき、安静にしておくことが大切となります

 

体を横にする場合ですが、頭を少し高めにして寝かせることで、血流を下へ流していくと良いですね。

 

また、室内のエアコンをできる限り低めに設定して、水分補給をしてき、部屋に湿気が多いのであれば、体内から熱を放出しにくくなりますので、除湿器などを使用するのも効果的です。

 

鼻血が止まらない状態であれば、鼻の穴付近の小鼻を圧迫すると良いですね。

 

熱中症の症状で下痢と処置法とは

熱中症の症状は寒気や鼻血に下痢?

熱中症の症状は一般的に脱水症状や眩暈、吐き気などが挙げられますが、初期症状として、下痢が挙げれます。

 

普段から少し便が緩いのであれば、特に問題ありませんが、食事をする度に毎回下痢をしてしまうのであれば、熱中症の初期症状といえます。

 

この下痢はウイルス性ではないので、下痢止めによって症状を抑制することは可能といえますが、薬は体に負担をかけてしまうので、消化に良いお粥などを摂取した方が良いです。

 

下痢なってしまうと、体内の水分が体の外へ排出されてしますので、脱水症状を引き起こしてしまう場合があります。

 

また、下痢になってしまい、体温が上昇してしまうと、体の中にある良い菌がほとんど消えてしまいます。

 

ですので、重度の熱中症にならないように日陰や冷房のある場所で体を冷ましていき、少し塩が入った水分を補給していくことが処置法となりますね。

 

濡れたタオルや氷を巻いたタオルを使用して、脇の下や首を冷やすのも体の熱を下げる効果があります。

 

この処置法が熱中症全般にいえることですね。夏の季節に関しては1日の食事に梅干しをと入れることが熱中症対策にもなるといわれていますので実践していくことおススメします。

(Sponsored Link)
The following two tabs change content below.

ペリ&肌男

健康や美容がテーマとなります。主にダイエット&ニキビを中心にブログを立ち上げました。男女2人がこのブログの管理人で、それぞれのコンプレックス解消に役立った商品の生のレビューや解消方法などを紹介しています。