(Sponsored Link)

大人・背中・思春期ニキビに効く食べものやニキビに悪い食べ物を完全網羅しています。

 

長文となりましたが、誠心誠意こめてまとめました!以下一読で、ニキビに関する食事法はマスターできます。

 

最後にはニキビに最も効果的な薬に関する記事を紹介しています。

(Sponsored Link)

 

ニキビに悪い食べ物とは

大人・背中・思春期ニキビに効く食べ物・悪いものはこれで完全予防!

 

一般的に肉中心の脂っこい食べ物はニキビを引き起こす原因となります。ニキビに良い食材とはビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンA・ビタミンC・ミネラルや食物繊維を多く含むものといわれています。

 

ビタミンC⇒皮脂の酸化防止やコラーゲンの生成補助・皮脂分泌の抑制。

ビタミンB2⇒口内炎やニキビ等の改善・予防をして皮脂組織を作成。

ビタミンB6⇒皮脂の過剰分泌を抑制。

※タンパク質・脂質の代謝を促すビタミンCと同じ効果を発揮。

食物繊維⇒便秘を解消してくれます。

 

ニキビに悪い食べ物では肉類・脂分(バター)・糖分多いもの・清涼飲料水が挙げれます。

 

ニキビとチョコレートの関係

チョコレートはニキビに悪いといわれていますが、これは体質的な問題が影響しているといえます。チョコレートには油が多く、多量な糖分によって皮膚を硬くして毛穴を詰まられる可能性もあります。

 

しかし、ポリフェノールが含まれているチョコレートにはカルシウムが含まれており、ストレス緩和に効果的といわれているのです。ですので、適切な量の摂取であれば大人ニキビには有効といえるでしょう。

 

辛いものはニキビに悪影響

辛い食べ物は汗をかき、血液の循環を良くしますが内臓にストレスをかけてしまうのでホルモンバランスが崩れニキビができやすくなります。

 

炭水化物とニキビの関係

炭水化物や甘いお菓子は食べると消化する際に脂となり皮下脂肪の原因となるので皮脂の分泌も多くなります。

 

脂分の多い鶏肉・牛肉・豚肉等(特に揚げ物)動物脂肪は血中の脂肪分を増加させてしまうので、これも皮脂の分泌を増加させる要因となります。

 

スナック菓子やカレーでは皮脂の分泌を活性化してしまい良質な脂ではないので、ニキビの要因となってしまいます。

 

 ※どうしても油分を食べたい方は始めに野菜をや果物を摂取して脂質の吸収を抑制させ血糖値の急激な上昇を予防するといいです。

 

海藻類の取りすぎはニキビに悪影響

実は海藻類の取りすぎにもニキビの要因となります。ニキビの悪化の原因であるヨウ素が海藻類に含まれているのです。

 

ヨウ素は皮脂腺から排出されるので、ニキビを作ってしまうのです。皮脂は肌に必要でありますが、多すぎると毛穴が詰まってしまいます。

 

清涼飲料水はニキビに悪影響

飲み物に関してはコーヒーが挙げられます。カフェインが含まれているため、過剰な摂取はニキビだけはなく、体にも良くありません。

 

食生活以外にも睡眠不足・ストレス等もニキビの原因となっています。また、お酒は糖が多く皮脂の新陳代謝をあげるためビタミンBを多く消費するのです。

 

 

お酒は飲むと血圧が上げり、血液がドロドロとなるので体全体に栄養がしっかりと運ばれないので体にいい物を食べてもニキビ・肌荒れに良い結果をだせません。

 

大人・背中・思春期別ニキビに効果的な食べ物

大人・背中・思春期ニキビに効く食べ物・悪いものはこれで完全予防!

 

基本的に大人・背中・思春期に関わらず、共通した原因・予防法・対策があげれます。以下にビタミン別食べ物について紹介していますが思春期の方は特にビタミンC・B2・Eを摂取するといいです。

 

ビタミンCとビタミンB2がホルモンバランスからくる大量の皮脂の分泌を抑制してくれます。

 

ビタミンB6が多く含まれる食材

ニキビ跡の原因となるチロシナーゼの活性を抑制させてくれるビタミンB6は以下の食材に多く含まれています。

 

肉類⇒鶏・牛のレバー・豚ヒレ肉・とりささみ・鶏等

魚類⇒くろまぐろ・かつお・さけ・さんま・アジ・カワハギ・ぶり・いわし等

果物類⇒ひまわりの種・くるみ・落花生・ピスタチオ

その他⇒にんにく・酒粕・黒砂糖・きなこ・小麦胚芽・納豆・豆腐・はちみつ・トマト・バナナ等

 

 

特に、にんにくマグロによく含まれています。ビタミンB2が不足すると新陳代謝や直接的な肌荒れの原因となるので摂取するようにしましょう。

 

ビタミンB2が多く含まれる食材

皮脂の過剰な分泌を抑制するビタミンB2には以下に挙げられる食材があります。

 

肉類⇒鶏・牛のレバー・フォアグラ・鴨・鶏もも肉等

魚類⇒魚肉ソーセージ・たらこ・ぶり・かつおぶし・いくら・うなぎ・キャビア・土壌・いわし・あんきも・ズワイガニ

海藻類⇒焼き海苔・青のり・まこんぶ・ひじき

乳製品⇒カマンベール・パルメザンチーズ・ブルーチーズ・ヨーグルト・脱脂肪乳・牛乳・卵

※但し、乳製品の取りすぎは注意です。

卵類⇒烏骨鶏卵・うずら卵・鶏卵

その他⇒納豆・まいたけ・アーモンド・干し椎茸・しその葉

 

ビタミンCはニキビ対策に必須!?

ストレスを緩和してくれるビタミンCが含まれる食材にはみかん・レモン・キウイ・いちご等のフルーツやほうれん草・ブロッコリー・ピーマン等の野菜に多く含まれています。

 

ビタミンCはコラーゲンの生成に必要不可欠です。肝臓が弱くなると体内のビタミンを減少して、ビタミン不足となりホルモンが解消されなくなります。

 

これが原因で皮脂の分泌量が増加するのです。例えば、ビタミンAが減少した場合、角質が急激に増殖されて毛穴が詰まりやすくなります。

 

また、ビタミンBが減少すると皮脂が出やすくなります。ですのでニキビができにくい体を正常に整えるためには全てのビタミンが必要不可欠となっているのです。

 

お酒・喫煙・加工食品は肝臓を弱くしてしまうのでナチュラルな食材を摂取するようにしましょう。

 

ビタミンCが豊富な食べ物とは

以下、ビタミンCが含まれる食べ物一覧です。

野菜類⇒録黄色野菜・カリフラワー・かぼちゃ・キャベツ・しその葉・さつまいも・もやし・大根・じゃがいも等

果物類⇒アセロラ・ゆず・キウイ・パパイア・グレープフルーツ・イチゴ・みかん・レモン・かき・パイナップル等

海藻類⇒海苔・青のり等

その他⇒たらこ・ローストハム・ベーコン・クリ等

(Sponsored Link)

 

特にアセロラにビタミンCが豊富に含まれる!

ビタミンCが多く含まれている食材はピーマンといわています。赤・緑・黄色に関わらずビタミンCが多いです。

 

ですが、郡を抜いて多いのはアセロラですね。ピーマンの10倍ものビタミンCが含まれ、アセロラドリンクが効果的です。ビタミンCを摂取してもニキビ解消につながらない方はストレスの原因となります。

 

ストレスは副腎皮脂ホルモンといった物質が分泌されるのですが、これを生成するのがビタミンCなのでビタミンCの無駄遣いとなります。

 

また、喫煙もタバコ1本にビタミン25mgを消費するのでニキビ・肌荒れには天敵ですね。

 

ビタミンEが含まれる食べ物

ホルモンバランスの乱れを調整してくれるビタミンEにはたらこ・モロヘイヤ・かぼちゃ等に含まれています。

 

ビタミンEの機能は血中コレステロールの低下・血液循環の促進・抗酸化作用で老化を予防でき結果としてニキビ改善・肌荒れを助けてくれます。

 

また、角化異常・色素沈着も予防してくれます。1日の最低摂取量が女性8mg男性10mgとなっているので、効果を持続するには1日約150mgは摂取するようにしましょう。

 

ですが、ビタミンEをこれほど摂取するには食事だけでは厳しいので、サプリメントを使用すると良いです。

 

効果的なビタミンEのサプリメントを摂取する方法ですが食後に必ず水で摂取すると吸収力を格段にあげれます。またビタミンCはビタミンEを生成する役目もあるので同時に摂取すると効果も倍増です。

 

大人・背中・思春期ニキビに効く食べ物・悪い食べ物 厳選集

 

ミネラルが豊富な食材

マンガン・亜鉛・マグネシウム・銅・イオウ・ヨウ素(適切な量)・セレンといったミネラルはニキビに重要なミネラルです。

 

ミネラルは人間の体内では生成されないので食事からしか摂取できません。ミネラルが不足すると新陳代謝によくないので摂取するようにしましょう。

 

以下ミネラルが含まれている食べ物一覧

 

大人・背中・思春期ニキビに効く食べ物・悪い食べ物 厳選集

 

体内でビタミンAに変わるベータカロチン

ニキビ予防には皮膚をカバーしてくれるビタミンAが必要です。

 

かぼちょ・ほうれん草が効果的です。特にビタミンAが豊富なレバーの栄養素は素晴らしく、動物の種類が変わっても栄養バランスはほぼ同じといわれています。

 

レバーは人参の10倍ものビタミンAを保有しています。また、レバーには鉄分・ビタミンC・良質なタンパク質・ミネナルが豊富ですのでニキビ予防には最適な食材といえます。

 

 

また、ビタミンAは皮膚の粘膜を強化して免疫力を高めニキビ菌の増加の抑制をしてくれます。ビタミンAが含まれるその他の食べ物以下参照。

 

肉類⇒鶏・牛のレバー・フォアグラ等

魚介類⇒うなぎ・小魚・ホタルイカ・あんきも等

野菜類⇒しその葉・人参・ほうれん草・かぼちゃ・ニラ・小松菜・青梗菜・ねぎ

野菜類⇒海藻・わかめ・ひじき等

乳製品⇒バター・たまご・うずらの卵・牛乳

 

どうしてもお腹が空いて小腹を満たしたい場合はオレイン酸・リノール酸等が含まれているナッツ類を食べるといいです。

 

これは肌の潤いを保つのに必要なもので良質な油(食物性油脂)ですが、適切な量を摂取しましょう。

 

ニキビに効果的な食事法や口コミ

大人・背中・思春期ニキビに効く食べ物・悪いものはこれで完全予防!

1日の野菜の摂取量は約500グラムを目標とするといいです。野菜の栄養素を効果的に摂取するには生野菜だけではなく炒め物・煮物・汁物等の温野菜もいいです。

 

色々な種類の野菜を食べた方がビタミン・ミネラルのバランスもよくなります。1日で500グラム以上を摂取するのは難しいのでVegeMIX Beauty(ベジミックスビューティ)をオススメします。

 

これは楽天ランキング1位を獲得した実績があり、108種類もの野菜を濃縮したものとなります。ダイエット効果にもあり、芸能人も愛用しているのです。

 

ニキビの主な原因「活性酸素」とは

活性酸素は老化の要因ですがビタミンEには抗酸化作用があり活性酸素による細胞への攻撃を守ってくれます。

 

抗酸化作用のある食べ物は玄米・胚芽米・大豆・緑茶・ごま・赤ワイン・ココア等があり、主食を胚芽米に変えるだけでも抗酸化作用を発揮します。また、録茶にも抗酸化作用があります。

 

【ニキビの発生場所別の原因】

おでこ

ストレスによるホルモンバランスの崩れなので生活習慣に注意しましょう。カルシウムが豊富な食べ物を摂取するといいです。

 

あご・首

男性ホルモンが活性化されるとできやすく女性でも過敏になりますので注意が必要です。

 

また、自律神経の乱れ、大人であればデスクワークや運動不足も原因となります。ビタミンB6が効果的です。

 

口の周り

食べ過ぎると出来やすくなる場所になります。というのも胃腸が弱っていると口の周りにでき肝機能が弱っている場合だと頬の中央にニキビや吹き出物ができる可能性があります。

 

消化のいい食べ物を摂取しましょう。

 

口コミによるニキビ解消法

3日間程の断食をして、水だけを補給する生活をすると、ニキビかなり落ち着き綺麗な肌を手に入れることができました。以下その他の口コミです。

 

大人・背中・思春期ニキビに効く食べ物・悪いものはこれで完全予防! 大人・背中・思春期ニキビに効く食べ物・悪いものはこれで完全予防! 大人・背中・思春期ニキビに効く食べ物・悪いものはこれで完全予防!

 

大人・背中・思春期ニキビのまとめ

 

大人・背中・思春期ニキビに効く食べ物・悪いものはこれで完全予防!

 

ニキビに良くない食べ物等を紹介しましたが食べる量が適度である場合、ニキビになる可能性は低いです。”食べ過ぎる”ことがニキビの要因につながるのです。

 

ビタミンAであっても大量に摂取すると食欲不振や吐き気といった症状も出てくる可能性があります。ビタミンCであっても同様に、腹痛・下痢・嘔吐といった症状を発症する可能性があります。

 

また、偏った食事もニキビには効果的ではありません。ビタミンA・B・E・ミネラル等をバランスよく食事をすることが大切です。

 

ニキビ跡の赤みや色素沈着を治す魔法薬とは!?

 

(Sponsored Link)
The following two tabs change content below.

ペリ&肌男

健康や美容がテーマとなります。主にダイエット&ニキビを中心にブログを立ち上げました。男女2人がこのブログの管理人で、それぞれのコンプレックス解消に役立った商品の生のレビューや解消方法などを紹介しています。