「うわ・・・、ニキビ跡・・・。」ニキビが出来てしまっても、潰さなければ跡にはならないっという訳ではありません。洗顔の際に潰してしまうこともあります。ニキビ跡が残ってしまったらどうすれば良いのでしょうか?

 

ラベンダーオイルとは、アロマオイル(精油)の一種です。他の精油となじみやすく、アロマテラピーでよく使用される精油の一つです。

 

ラベンダーには多くの種類があり、各々の区別するために「真正ラベンダー」という名称もありますね。

 

(Sponsored Link)

ニキビ跡にラベンダーオイルの効果とは

ravenda

幅広い効能があり、自律神経のバランスを調整し、深くリラックスさせることで安眠効果があったり、鎮痛作用があるので頭痛や筋肉痛・胃痛・月経痛などの体のあらゆる痛みを緩和させる働きがあったりします。

 

免疫力強化の作用もあるので、感染症予防に役立ちます。そして、ラベンダーオイルのお肌への効能です。

 

抗炎症、鎮痛、消毒作用により、軽い火傷の応急手当に効果があり、傷跡が残りにくい形で痛みが治まり、回復していきます。

 

また、傷やニキビなどを早く治す効果を期待できますので、ヘアケアやスキンケアにも多々使用されています。これだけ万能なラベンダーオイルですが、妊娠初期の方と糖尿病の方の使用は控えるようにしましょう。

 

ニキビ跡をラベンダーオイルで治す方法

ラベンダーオイルには、新しい肌細胞の成長を刺激してくれる促進効果があります。肌に浸透してすっと馴染むので、早く美肌効果があらわれてくれます。

 

綿棒などで1〜2滴を取り、気になるところに優しく塗るだけで十分です。塗りすぎは肌に負担をかけてしまうので避けましょう。

 

ラベンダーオイルは敏感肌やアトピーの人にも使えるの?

ラベンダーオイルは精油の中でも原液のまま直接肌に塗ることができる数少ないオイルです。安全性が証明されており、全ての肌質の方に使用できるとされています。

 

ですが、心配の人はホホバオイルで原液を希釈して使用しましょう。

 

ニキビ跡にバイオイルはどう?

biooil

バイオイルは肌角質層深部に浸透する美容保湿オイルのこと。バイオイルには、肌の深層まで潤いを届ける植物由来のピュアセリンオイルという独自成分が含まれているので、その成分で傷跡に効くとされています。

 

ニキビ跡に効くのは、それらの成分の中でもビタミンEが直接効果的になります。また、乾燥も防ぐので、乾燥が原因とされている赤ニキビにも効果を発揮します。

 

ニキビ跡に効くバイオイルの使い方

1、1日2回洗顔をして、化粧水を使った後にバイオイルを使用します。

2、バイオイルを1〜2滴手に取り、顔全体に円を描くようにマッサージしながら塗ります。1滴でも十分に顔全体をカバーできます。

3、バイオイルを塗った後は、クリームや乳液の必要はありません。

4、最低1ヶ月はバイオイルを使い続けるようにしましょう。

 

脇やビキニラインの黒ずみもバイオイルで解消できる!

バイオイルは肌を柔らかくして、新陳代謝を活発にしてくれるので、脇やビキニラインの色素沈着の解消にも効果的です。

 

やり方はとても簡単で、気になる部位にマッサージしながら塗りこむだけ。薬ではないでの即効性はないのですが、2〜3ヶ月間毎日塗っていくと、徐々に黒ずみが薄くなります。

 

海外版に注意!

インターネット通販でバイオイルを購入しようと、通販サイトを閲覧していると、内容量が同じでも価格が安いものに目がいきます。

(Sponsored Link)

 

一見、探していたバイオイルと思って購入しそうになりますが、よく見ると「バイオオイル」と書かれています。この「バイオオイル」は、海外流通用のバイオイルの名称です。

 

バイオイルの偽者と呼ばれたり、平行輸入品と呼ばれたりします。その成分は日本国内用のバイオイルと大きく違います。

 

バイオイルとバイオオイルの違い

バイオイルよりバイオオイルのほうが、余分な成分が多く、バイオイルの口コミサイトで「肌が荒れた」と言われる理由となっています。

 

その安全性は疑わしく、国によって化粧品の安全基準が違うため、外国人の肌にはトラブルは起きなかったが、日本人の肌にはトラブルが起きたということになりかねないのです。

 

値段は海外流通用のバイオオイルのほうがお安いので、手が出そうになりますが、肌トラブルを避けるためにも、日本人用のバイオイルを購入しましょう!

 

ニキビ跡をミョウバン水で改善?

myouban

口臭やニキビ、水虫の改善に効果的で、コストパフォーマンスも良く、手軽に作ることができると魅力的な「ミョウバン水」ですが、そもそもミョウバンとは何なのでしょうか。

 

ミョウバンとは、なすの漬物の色出しや、レンコンを白くするなどの効果がある食品添加物のこと。ミョウバンには殺菌作用があると言われており、肌を引き締め、汗を抑えることができるとして注目されています。

 

ミョウバンの殺菌効果は抜群で、太古の昔から皮膚病や殺菌予防として使われていました。ミョウバンは食用に使用されますので、体に無害ということもあり、肩や背中、二の腕、お尻、顔などの全身のニキビ菌を殺菌してくれるのです。

 

また、ミョウバンの殺菌効果はニキビのほかにも加齢臭やワキガ対策にも効果的とされています。

 

ミョウバン水の作り方

まず、焼きミョウバン50g、水道水1.5リットル、1.5リットルのペットボトル、ろうと、新聞紙か紙コップを用意します。全てスーパーと100円ショップでそろえることができます。

 

1、ミョウバン水の原液を作ります。水約800mlを沸かして沸騰させます。

2、ミョウバン50gをペットボトルに入れて掻き回し、ミョウバンを溶かします。

3、白くなっったら、、水を700ml加えて振る。

 

これでミョウバンの原液は完成です。最初は白く濁っていますが、時間がたてば徐々に透明になっていきます。涼しい場所に保管していれば、保存期間は約3年ほどになります。

 

おすすめのミョウバン風呂

浴槽に原液をペットボトルのキャップ約8杯くらいを入れて混ぜます。

 

胸や背中、体のニキビを治したい方や、加齢臭やワキガを改善したい方には効果的といえます。

 

また体臭を抑制しつつも綺麗に毛穴の奥まで殺菌できますので、ニキビ予防にも効果的ですね。

 

ミョウバン水の注意点

ミョウバン水は殺菌効果に優れていますが、ニキビの炎症を抑える効果はありません。ニキビやニキビ跡のケアには殺菌も大切ですが、まずは炎症を抑えることが重要となります。

 

ミョウバン水と薬用クリームを併用するとより効果的です。また、ミョウバン水には保湿効果が全くありませんので、とても乾燥してしまいます。

 

ミョウバン水を使用した後は、保湿クリームを使用して、しっかり保湿ケアをしましょう。

 

日ごろのケア+αとしてラベンダーオイルやバイオイル・ミョウバン水

ニキビ跡を作らないためには、ニキビを作らないことが大切です。ニキビはニキビ菌によって引き起こされるので、毛穴の奥までしっかり殺菌することが大切です。

 

そして、しっかり保湿することで、肌を刺激から守ることができます。

 

ニキビ跡の改善でリプロスキンが圧倒的に効果的!?

 

リプロスキンの生のレビュー

 

 

(Sponsored Link)
The following two tabs change content below.

ペリ&肌男

健康や美容がテーマとなります。主にダイエット&ニキビを中心にブログを立ち上げました。男女2人がこのブログの管理人で、それぞれのコンプレックス解消に役立った商品の生のレビューや解消方法などを紹介しています。