(Sponsored Link)

テーマは「肉やあさりで食中毒?
症状は?何時間後にわかる?」です。

 

あさりの毒素は怖いので注意が必要です。

 

(Sponsored Link)

 

肉による食中毒の症状と潜伏時間

肉やあさりで食中毒?症状は?何時間後にわかる?

 

食中毒の季節は大体、梅雨にはじまり、
夏の季節になると流行するといわれて
います。基本的には1年中食中毒は
発生していますが、特に湿気が多く
暖かい季節には細菌が繁殖しやすい
ことから発生しやすい傾向にあります。

 


鶏肉や牛肉には「0-157」や
「カンピロバクター」といった細菌
が付着しているので、食中毒には
気をつける必要がありますね。

 

 

こういった菌は肝臓内部にも付着して
おり、生肉を触れた手でまな板や
野菜などを触ってしまうと菌が
付着してしまいます。

 

 

付着した菌を体内に入れてしまうと
約2~7日くらいで腹痛や発熱・下痢
・吐き気といった症状
があらわれて
きます。

 

 

少量の菌でも感染し、抵抗力の弱い
子供や高齢者にうつってしまうと
重症化しやすく、合併症を引き起こし
てしまうと逝去する事例
があります。

 

 

最近では鶏肉の刺身やユッケといった
生肉を食べたことが原因で食中毒に
なったとの報告が増えていますね。

 


基本的に、「0-157」や「カンピロバクター」
の細菌は熱に弱いので、十分に加熱した
ものであれば、食中毒にはならない
です。
食中毒にならない肉の焼き加減ですが、
約1分間肉の内分の温度を75度くらいに
して加熱
すれば良いとされています。

 


ハンバーグであれば、お箸で内部を
つついてみて肉汁にまだ赤みがかって
いるのであれば、加熱が不十分の状態と
いえます。

 

 

飲食店などでステーキやハンバーグなどを
注文するのであれば、食べる前に
十分に火が通っているかどうかを
確認した方がいいですね。

 


家で保存をする際のポイントですが、

 

■すぐに冷蔵庫・冷凍庫に保管する

■汁がもれないようにしっかり袋で包む

■冷凍庫-10度 冷蔵庫-15度以下

 


また、
飲食店だけではなく、家庭でも
食中毒は起きていて、スーパー等
で肉や魚などの生鮮食品は賞味期限
を確認したり、生肉を入れた袋とは
別に野菜などを入れて持ち帰るように
した方がいい
ですね。

 


冬の季節に発生する食中毒には
「ノロウイルス」によるものがあり、
これは気温が低くて空気が乾燥して
いることが原因
となりますね。

 


食中毒は上記以外にもキノコや野草・
フグなどといった自然毒があり、
細菌やウイルスほど多発していませんが、
毎年発生しているとの報告があります。

(Sponsored Link)

 

 

あさりでによる食中毒の症状と潜伏時間

肉やあさりで食中毒?症状は?何時間後にわかる?

 

先ほども紹介しましたが、魚介類が
持っている自然毒(マリントキシン)
といったものがあり、これは海水中
の有毒プランクトンを食べてしまった
貝を人が食べたことによって発症します。

 


特に4~5月頃の水温が上がる季節
毒性プランクトンが発生するといわれて
おり、怖いのがこの毒素は加熱をしても
毒を消すことができない
のです。

 


この毒がついた貝を食べても
特に変な味もないです。

 

 

毒の蓄積量は貝の種類や地域によっても
異なり、排泄のスピードも色々な
ので、中毒を起こす場合と起こさない
場合があります。

 


比較的に帆立貝やムラサキ貝は
毒化の期間が長く、カキは短期間
といわれています。

 

 

日本でよく発生している毒は
主に麻痺性貝毒下痢性貝毒
2種類があり、ホタテやアサリ・
ムラサキガイなど麻痺性貝毒が
多く、全国的にも毎年発生して
います。

 

 

以下に麻痺性貝毒と下痢性貝毒を
食べた場合を症状をまとめました。

 

 

■麻痺性貝毒

 唇や舌などの顔面または首から
 全身に痺れを発症します。
 軽症であれば、24~48時間ほどで
 回復
しますが、重症になると
 運動障害や頭痛・嘔吐・言語障害
 ・呼吸困難となり逝去してしまう
 場合があります。
 潜伏期間は食後30分とされています。

 特に決まった治療薬がなく対処療法
 となります。主に胃洗浄や人工呼吸
 が中心となり、毒素は時間の経過と
 共に回復していきます。約12時間ほど
 で毒素が排出
されますし、後遺症も
 残りません。

 

 

■下痢性貝毒

 消化器系の食中毒の症状で吐き気や
 激しい下痢・嘔吐や腹痛を伴う
ことも
 ありますが致命的には至らず、
 発熱がないので、他の食中毒と
 見分けが付きにくいです。

 潜伏期間は食後約30分から4時間と
 されており、治療薬はないですが、
 3日以内に回復する場合があります。

 

 

■あさり毒

 食欲不振・悪寒・倦怠感・嘔吐・
 便秘といった症状があり、2~3日後
 には歯茎や鼻の粘膜から出血や
 口臭が臭うようになります。

 重症化すると神経錯乱を起こして
 1週間以内に逝去した事例も
 あります。

 

 

あさりに含まれるのは「下痢性」と「あさり毒」
の毒性なので注意した方がいいですね。
しほり刈りをする場合には地元
漁協が管理しているところが安全だと
いえます。

 

(Sponsored Link)
The following two tabs change content below.

ペリ&肌男

健康や美容がテーマとなります。主にダイエット&ニキビを中心にブログを立ち上げました。男女2人がこのブログの管理人で、それぞれのコンプレックス解消に役立った商品の生のレビューや解消方法などを紹介しています。