お産が近づいてきたある日、お腹が痛い、これは大変!陣痛が始まったかなと思ったけれど、不規則で強弱の一定しない痛み、長時間だったり短時間だったり。

 

なに?何かが違います。そして、結局は、痛みがなくなってしまいます。あとで「この痛みは陣痛じゃなかったの?」って思うことがあります。

 

いえいえ、本物の陣痛は、規則的で徐々に痛みが強くなり、このような症状は「前駆陣痛」といわれていて、陣痛とは違い痛みはしだいにおさまっていきます。

 

お産前は身体にさまざまな変調があって、肉体的精神的に不安になることって多くありますよね。そこで今回は、「痛み」にクローズアップし、「陣痛」と「前駆陣痛」のちがい、そして、その痛みの中でも

 

「腰痛」の症状を軽減するための対処法、さらに「おしるし」についての説明をしていきたいと思います。

 

(Sponsored Link)

前駆陣痛と陣痛の違いとは!?

jintsu

お産は女性にとっては一大事で、人生最大の大仕事と言っても過言ではないでしょう。身体もそれを承知していて陣痛より前にウォーミングアップをします。

 

人間の身体ってよくできていますよね、さすがです。この痛みのことを「前駆陣痛」といわれ、「陣痛」に非常によく似た痛みを発症します。

 

まずは、「前駆陣痛」についてご紹介していきたいと思います。

 

前駆陣痛とはどういうものか?

陣痛との違いは、痛みが起こる間隔が不規則で、最終的には痛みが消える陣痛です。

 

前駆陣痛がいつ起こるかは人それぞれですが、陣痛の1ヶ月以上前にもしくは、出産のほんの数時間前に起こることもあります。

 

特に夜、遅い時間に痛みが現れることが多く、この前駆陣痛があることによって、子宮の出口は柔らかくなり、子宮が少し開いて赤ちゃんの出入りがしやすくなります。

 

ここで、「陣痛」と「前駆陣痛」の痛みの違いをご紹介しましょう。

 

【陣痛の痛み】

■痛みが段々、一定になる。

■痛みが段々、長くなる。

■少しずつ、痛みが広がっていく

■身体を動かしても痛みが軽減しない

■おしるしや破水など他の症状を伴う。

 

【前駆陣痛の痛み】

■痛みが不規則で安定しない。

■痛みが強くなったり弱くなったり、

長かったり短かったりしている。

■姿勢を変えると痛みがおさまる。

■不快感や張った感じがある。

■痛みが消える時がある。

 

前駆陣痛による腰痛の症状とは!?

jintsuyoutuu

「陣痛」もその痛みの強弱は個人差があるように「前駆陣痛」の症状も個人差があります。また「おなかの痛み」、「圧迫感」、「腰痛」なども、人によって違います。

 

そう、全て皆、同じ痛みではないのです。ですので、痛みがひどい場合には、早めにかかりつけの産婦人科医に相談をして見ましょう。

(Sponsored Link)

 

前駆陣痛の腰痛対策は!?

では、「腰痛」をはじめ、痛みを少しでも軽減できるようにいくつか対処法をご紹介していきましょう。

 

一つ目は呼吸法です。

 

呼吸法はマタニティ教室で練習している方もいらっしゃるかと思います。あらかじめ練習をすることによって、痛みが襲ってきたら即座に実践しましょう。

 

そのときは落ち着いて呼吸を行うと酸素も充分に赤ちゃんに届き、リラックスできます。時間のあるときに練習をして、その時に備えてくださいね。

 

【腹式呼吸の方法】

①仰向けで寝てから、両膝を軽くたて両手はお腹の上です。

②余分な力を抜いて息を吸いながら下腹を大きくゆっくりと膨らませます。

③そしてその後、ゆっくり吐き出します。

 

二つ目はマッサージです。

 

マッサージを行うことによって、リラックス効果が得られます。ここでは二種類のマッサージについてご紹介していきましょう。

 

■水平マッサージ

1. 仰向けでひざを立て寝ます。両手は下腹のあたりに置きます。

2. 息を吸いながら、おへそから脇腹に向けて手でさすり、吐きながら元の位置に戻ります。

 

■回転マッサージ

1.  仰向けでひざを立て寝ます。両手は下腹のあたりに置きます。

2. 息を吸う際に、脇腹を円を描くようになでて、息を吐きながら下腹部中央へと手を動かしながらマッサージを行います。

 

おしるしって何!?

oshisrusi

さあ、出産も近くなってきました。ここでは「おしるし」とはなんでしょうか?それは、出産の際、子宮の入り口が少しずつ開き始める際に出る血液の混じった「おりもの」のこととを言います。

 

おしるしがあると、出産のサインでもあり、おしるしがあるとだいたい、

 

24時間から数日後のあいだに陣痛が始まります。

 

出産の順番としては、

 

おしるし、破水、陣痛です。

 

ですが、「おしるし」は全員に必ず起こるものではなく、たとえ「おしるし」があってもすぐに陣痛が始まるとは限らない、そう当てにはならないので、無くても慌てることなく大きな気持ちで心構えをしていくことが大事です。

 

おしるし対処法と陣痛までの期間

もし、おしるしがあっても、特に気にすることは無く、自身の体調を見ながら、日常生活を送っても問題はありませんので、

 

焦らず冷静に対処しましょう。

 

ただ、出血がひどいようなら、直ぐに産婦人科医に受診することをおススメします。そして、いつ出産することになってもいいように、荷物をひとつにまとめておくとよいかと思います。

 

おしるしがあると、さあ、お産まであともうすこしです!

 

焦らずにゆったりと大らかな気持ちでお産に向けて心も身体も準備ができるといいですね。たとえおしるしが無かったとしても大丈夫、心配はしないでくださいね。

 

不安や焦りは何よりも禁物です。ストレスを抱えて過ごすことはかえってよくありません。人は十人十色、お産もそれぞれあるっていう気持ちで、皆と違うからと神経質にならずド~ンと構えてそのときを待つとよいかと思います。

 

(Sponsored Link)
The following two tabs change content below.

ペリ&肌男

健康や美容がテーマとなります。主にダイエット&ニキビを中心にブログを立ち上げました。男女2人がこのブログの管理人で、それぞれのコンプレックス解消に役立った商品の生のレビューや解消方法などを紹介しています。