(Sponsored Link)

テーマは「歯周病の治し方はヨーグルト?虫歯にも効果的な予防法とは?」です。

 

歯周病は放置していると本当に恐ろしい病気を引き起こしていきますね。



 

(Sponsored Link)

歯周病が原因の恐ろしい病気とは

歯周病の治し方はヨーグルト?虫歯にも効果的な理由とは?

 

日本人の約7割の方が歯周病菌に感染しているといわれており、例え、歯周病菌がなくても口の中で菌が繁殖していっているといわれていますので、歯茎や痩せてきたり歯がグラグラしていると思ったら歯が危険信号を送っていると認識した方がいいですね。歯周病は想像以上に健康に害をもたらし、最悪の場合、失明や心臓病や心筋梗塞、脳梗塞など死に至るかもしれない病気にかかる可能性があります。

 

口の中は元々細菌の溜まり場といわれているくらい、バイ菌が集中的に繁殖しやすい環境といえます。TBS「スゴ腕の専門外来SP4」にて歯周病の特集が組まれていた際、東京医科歯科大学の歯周病分野:和泉雄一教授によって虫歯のない女性の口の中をモニターとして細菌に関する調査を実施しました。その結果、歯石1㎎に対して約1億個以上の細菌が見つかったのです。

 

番組にて映し出された映像では、らせん状のミミズのような構内細菌がウヨウヨしていました。一般的に口内細菌には約600種類いるとされており、中でもレッドコンプレックスといわれてる以下の細菌には注意が必要です。

 

■P.g菌:口臭の原因となるアンモニアを発生させる。

■スピロヘータ:上記で紹介したらせん状の菌で歯の組織を破壊して骨の中へ侵入していきます。

■T.h菌:歯茎から出血させる強い毒素を放出しています。

 

心筋梗塞などの重大な病気になる原因としては、歯周病の原因となる細菌達が血液やリンパ液の中へ侵入して、全身へ細菌を送ってしまうからです。これが血栓の基を作って血流を予防していきます。血栓できてしまい、体内の細胞が壊死してしまうと失明や手足を失ってしまうことにもつながりますので、口内細菌の量を清潔に保つことが重要となります。

 

また、1996年のアメリカの研究報告では「歯周病が早産の危険因子の1つ」とされていることが発表され、妊娠37週未満で生まれた早産の方や約2500g以下の低出生体重児を出産した方の大半が歯周病であることが判明したのです。これは歯周病でない方の約7.5倍とされています。

 

歯周病の治療法とは

歯周病の治し方はヨーグルト?虫歯にも効果的な理由とは?

 

(Sponsored Link)

歯周病の治療を病院にて行うのであれば、一般的に口内細菌除去がメインとなり、スケーラーと呼ばれている器具で歯周ポケットにある細菌や歯石を除去していきます。上記で紹介した番組では研究段階とされていますが、オゾンナノバブル水を使用して細菌を除去していく方法が紹介されていました。ナノは約10億分の1とされており、ナノバブル水は直径約100ナノメートル以下の極微小のオゾンの気泡を含む水で、スケーラーで細菌や歯石を除去後に歯周ポケットの中をオゾンナノバブルで洗浄する方法となります。

 

オゾンナノバブルは通販で入手することは可能ですが、単にうがいをするだけでは改善されないので、歯周病を完治するのであれば、歯科を受診することをおススメします。基本的に歯石は歯ブラシだけでは取り除くことができません。

 

歯周病の予防法とは

歯周病の治し方はヨーグルト?虫歯にも効果的な理由とは?

 

歯周病の予防法としては、正しいは歯磨きの仕方を理解する事とヨーグルトが効果的とされています。歯周病を予防する正しい歯磨きの仕方としては基本的に歯と歯茎の境目を歯ブラシにて横に細かくぶるぶると振動させる感じで磨いていくことが重要となります。縦に歯ブラシを動かすのは歯の汚れを落とすのには効果的です。1日3回の食事後に歯磨きをした方が良いですね。

 

歯磨き後の仕上げとしてヨーグルトを使用していきます。使用するヨーグルトは無糖なものを選択して、歯に少しだけヨーグルトを付けて約10秒ほど軽く磨いていき、磨いた後は放置状態にして乳酸菌が歯周病を消していきます。元々、虫歯菌となるミュータンス菌や歯周病菌は炭水化物を食べたことにより酸を放出することが原因となります。ヨーグルトに含まれる乳酸菌は食べても口の中で酸にはならないので、放置状態にして殺菌効果を期待した方がいいとのことです。ヨーグルトの塊は飲み込むと良いです。

 

これは乳酸菌が含まれる整腸剤による歯磨きでも当てはまります。口の中に乳酸菌や良性菌を含めたのであれば、洗い流していけません。銀の詰め物やクラウン、ブリッジなどをしていても、ヨーグルトや整腸剤を使用して歯を磨いたからといって悪影響にはなりませんので、心配する必要はないですね。

 

ヨーグルトに含まれる乳酸菌にはプロバイオテクス効果といって、免疫力をアップさせる共に歯周病や口臭、歯茎の腫れにも効果的とされています。乳酸菌に入りの歯磨き粉もあるので、効果的に利用していくと良いですね。ですが、番組によると、ヨーグルトを使用して歯を磨いた後は十分に注いだ方がいいとされています。というのも、ノンシュガーとされているヨーグルトであっても糖が多からず含まれているとの声が出ているのです。ですので、ヨーグルト歯磨き実践して放置状態でも特に問題なく、効果的であると実感できたのであれば継続することをおススメします。

 

ヨーグルトに含まれる乳酸菌が癌やノロウイルスに効果的な驚きの理由とは!?

 

(Sponsored Link)
The following two tabs change content below.

ペリ&肌男

健康や美容がテーマとなります。主にダイエット&ニキビを中心にブログを立ち上げました。男女2人がこのブログの管理人で、それぞれのコンプレックス解消に役立った商品の生のレビューや解消方法などを紹介しています。