(Sponsored Link)

「食後の高血糖の症状は?低血糖の症状は頭痛!?」

 

食後に頭痛がするのは何故でしょうか!?低血糖が関係しているのでしょうか!?

 

 

(Sponsored Link)

また、高血糖の場合の症状では食後にどういった症状が出るのでしょうか!?

 

 

高血糖と低血糖の予防や対策の方法などについて解説していきますね。

 

 

高血糖や低血糖の状態と原因を探ることで予防の参考になるでしょう。

 

糖尿病の初期症状!足にかゆみやむくみ、痛みもでる!?

 

食後の高血糖の危険性とは

tounyoubyou

食後には、基本的に誰でも一時的に高血糖になります。

 

 

ただ、この高血糖が慢性化すると糖尿病に繋がりますし、

 

 

特に肥満の方、高齢の方は動脈硬化などのリスクもあるので、高血糖状態に注意して下さい。

 

 

慢性的な高血糖症は、糖尿病に繋がる危険があるので予防や対策を行って下さい。

 

 

食後の高血糖は、糖尿病をわずらっている方は特に注意が必要で、

 

 

予防では運動、治療では薬の服用をするなどして対策するようにしましょう。

 

 

糖尿病は、血糖値が高くなる病気なので血糖値を急激に上げると良くありません。

 

 

食事で摂取されたブドウ糖は、

 

 

インスリンという膵臓が分泌しているホルモン物質の働きによって腸で吸収され、血液中に移行します。

 

 

このインスリンの働きにより、エネルギーに変えられ、

 

 

細胞に行き渡りますがインスリンの分泌がうまくいかないことで血糖値が上昇します。

 

 

治療方法では、インスリン注射をしたり、薬を飲むことで改善へ向かいます。

 

インスリンいらず?高血圧の予防にサプリはこれ!

 

食後に血糖値を急激に上げると糖尿病の方などに、

 

 

特にどう危険なのかと言うと、命の危険が高くなります。

 

 

空腹時には健康な方との血糖値の差も大きくなく危険度はそれほど大きくありませんが、

 

 

食後の血糖値などでは健康な方に比べ、死亡率も2倍近くなります。

 

 

食後高血糖は、糖尿病の初期症状とも言われているもので注意が必要です。

 

 

慢性化しないよう毎食後、軽いウォーキングなどの軽い有酸素運動をするようにして予防して下さい。

 

 

日本の死亡率で一番多いのは癌ですが、2番目に多い死亡原因は心臓などの疾患によるものです。

 

 

これらは動脈硬化が関係していて、高血糖状態の慢性化は動脈硬化になるリスクもあるので、

 

 

健康上において注意が必要です。

 

糖尿病の初期症状に注意!特に40代や50代の女性!?

 

低血糖と頭痛の関係性とは

tounyoubyou

低血糖と頭痛には関係性があります。

 

 

低血糖症の疑いも考えられるので医院などで血液検査をしてもらうようにしましょう。

 

 

食後に頭痛になる人は、頭の貧血状態が原因と言えます。

 

 

低血糖により食後の血液循環がうまくいかず血流が悪くなると頭痛になることがあります。

 

 

では、低血糖には何故なるのでしょうか。

 

 

糖分が足りていないというのももちろんですが、食事の間が空きすぎていたり、

 

 

空腹の時間帯が長すぎたり、急に食時をすることでも低血糖になります。

 

 

糖分だけでなく、こういった不規則な食事習慣でも低血糖になり、それが続くと低血糖症になる原因となります。

(Sponsored Link)

 

 

予防方法や対策としては、以下が重要となります。

▪︎空腹の状態で長い時間を過ごさない。

 

▪︎定期的に血糖値を測る。激しい運動をし過ぎないようにする。

 

 

低血糖状態は生活習慣(食事方法や運動など)の中で起こる状態ですので、

 

 

日常生活の生活規則を見なおしてみて下さい。

 

 

症状では、食後に頭痛がするなどのケースもありますが、気がつきにくいのが低血糖状態の特徴とも言えます。

 

 

自覚症状の無い無自覚な状態でいることもあるので、定期的に血糖値を測ることが大事なのが低血糖です。

 

 

血液中のブドウ糖の不足も低血糖の原因なので糖分の補給も大切ですが、

 

 

糖分を多く摂り過ぎると、逆に低血糖だけでなく高血糖にも気をつけなければいけません。

 

 

高血糖は糖尿病になるリスクもあるので、血糖値を測りながら糖分補給をして下さい。

 

 

激しい運動後などは低血糖状態にあるので、水分補給が必要になりますが、

 

 

ブドウ糖やショ糖表記のスポーツドリンクなどは避けるように心がけて下さい。

 

 

急激に血糖値を上げるのは体に良くないので、果糖表記のみのスポーツドリンクを飲むように心がけて下さい。

 

 

脱水状態にある時は、汗などから出た塩分も補給する必要があるので、

 

 

ただの水やお茶などではなく、はちみつレモンやスポーツドリンクなどを摂取すると良いかもしれません。

 

 

はちみつには果糖が含まれていて低血糖状態に良いですし、レモンにはクエン酸が含まれていて、

 

 

水分補給も出来るため激しい運動後にはベストの食材と言えます。

 

 

高血糖や低血糖の予防法とは

tounyoubyou

低血糖の予防方法では、血糖値を測り、糖分を必要な分だけ補給することが大切です。

 

 

低血糖は、無自覚低血糖という言葉があるように自覚症状のないケースもあります。

 

 

定期的に血糖値を測ることが低血糖の予防方法と言えます。

 

 

低血糖は、高血糖の逆で血液中のブドウ糖が足りていない状態なので糖分を補給するようにしましょう。

 

 

症状には、頭痛、発汗や動機、空腹や唇の乾燥などがあります。

 

 

特に、血糖値を抑える薬などを定期的に服用されている方は注意してみて下さい。

 

 

血糖値を測ることで低血糖状態にあるかどうか確認する必要があります。

 

 

低血糖になる原因には、食事の感覚が不規則、食事の回数などが少ない、

 

 

空腹時の時間が長い、などの食事に関連するものが多いです。

 

 

また、激しい運動をした時やアルコールの過剰摂取、インスリンの分泌過多なども低血糖の原因になります。

 

 

高血糖の場合、糖尿病だったり糖尿病予備群の可能性が高いです。

 

 

血糖値が高く、特に高齢の方は食後高血糖などにも注意が必要です。

 

 

高血糖を予防するには運動が必要です。

 

 

カロリーメーターなどを持参しながら必要な運動量やカロリー消費と代謝、

 

 

脂肪燃焼などをする習慣をつけると良いかもしれません。

 

 

食後高血糖の予防方法では、食後の15分前後のウォーキングが効果があります。

 

 

1日に1回のウォーキングではなく、毎食後に15分〜30分程度のウォーキングをすることで、

 

 

食後高血糖を予防出来ます。

 

 

ジョージ・ワシントン大学が研究で行ったもので、毎食後のウォーキングによって血糖値が抑えられることが証明されました。

 

 

1日3食召し上がる方は、朝、昼、晩の食後の運動としてウォーキングをおすすめします。

 

 

ウォーキングに限らず、有酸素運動なども効果的なので30分程度〜行う方法もおすすめします。

 

 

有酸素運動はウォーキング開始から30分くらいから脂肪燃焼も始まります。

 

 

近くの市民プールやジムでの歩行を日常的に行う方法でも良いかと思われます。

 

糖尿病の症状!良くなる運動と食事とは!?

 

(Sponsored Link)
The following two tabs change content below.

ペリ&肌男

健康や美容がテーマとなります。主にダイエット&ニキビを中心にブログを立ち上げました。男女2人がこのブログの管理人で、それぞれのコンプレックス解消に役立った商品の生のレビューや解消方法などを紹介しています。