食後の胸焼けと吐き気、そして背中の痛みを感じる方は危険な病気の兆候の可能性があります。

 

胸焼けとは食道辺りが焼けるように感じ、胃酸が食道に逆流することで起こる症状です。

(Sponsored Link)

胸焼けの原因と治し方

1

 

胃酸が逆流して炎症を起こす症状を「胃食道逆流症」と言い、最近では「逆流性食道炎」というほうが馴染みがあります。

 

そして、逆流は起きるが炎症が見られない症状を「非びらん性胃食道逆流症」と言います。

 

胃酸はアルカリ性・中性・酸性強でいうと酸性になっています。

 

よく洗顔フォームのCMで言われる弱酸性とは違い、強力な酸性です。

 

その強力な酸性から胃自体を守るため、胃の内側はムチンというたんぱく質と多糖類が結合した粘性物質が胃粘膜を保護し、胃酸によって傷つかないようになっています。

 

しかし食道にはそのような強い粘膜がなく胃酸が逆流すると胸焼けしてしまうという仕組みです。

 

胸焼けの原因となる食べ物

症状としては、胸焼け以外にも、胃もたれ、胸や胃の痛み、「ウッ!」と胃酸が上がってくる感じや吐き気、げっぷの他に、喉の違和感、慢性的なせきなどを伴ったりします。

 

どうして胸焼けになってしまうのかというと、食道と胃をつなぐところに、下部食道括約筋があり、これは、食べ物を飲み込むときには緩み食べ物が食道から胃に入るようにしています。

 

それ以外のときは、ふさがっていて胃の内容物や胃酸が食道に戻らないようにする役割を担っています。

 

この機能が低下してすると、この作業がうまくいかなくなり、弁が閉じずに、胃酸が食道に逆流して食道内が炎症を起こしてしまうのです。

 

下部食道括約筋は、食事の内容、肥満、加齢、姿勢などが原因で働きが弱くなったりします。

 

軽い胸焼けだったり、一時的な食生活の乱れから起こる食べ過ぎや飲み過ぎでおきる胸焼けであれば、生活習慣を変えたりすると良いでしょう。

 

胸焼けを起こしやすい食べ物や飲み物は、揚げ物や油分の多いものなど、炭水化物、甘いもの、香辛料、アルコール、コーヒーなどやタバコなどです。

 

上記の食べ物を控えるだけでも効果があります。

 

また、行動としては、食べ物をよく噛んで食べる。

 

いわゆる早食いをやめることです。

 

そして、下記のことに注意します。

 

胸焼けの注意点

▪︎食事は腹八分目にする。

▪︎食後にガムを食べて唾液を増やす。

▪︎食後すぐに横にならない。

▪︎寝る前に食べない。

▪︎枕で上半身に傾斜をつけて寝る。

▪︎食べ過ぎたり飲み過ぎた日の翌日は食事を抜く。

▪︎姿勢をよくする。

▪︎腹部を締め付けない格好をする。

▪︎激しい運動は控える。

▪︎内臓脂肪を解消する。

 

この行動をするだけでもかなりの効果があります。それでも、辛いようなら、市販の胃薬を利用するのも良いです。

 

最近は良い薬もありますので利用することがおすすめです。ですが、あまりにも治らないようであれば是非病院に診察しにいきましょう。

 

逆流性食道炎を放置しておくと「食道がん」になることもあります。

 

慢性的な胸焼けの症状を放置しておくのは危険ですので病院にいくことをおすすめします。

 

 

吐き気の原因

2015-10-09b-1

(Sponsored Link)

吐き気とは、みぞおちから胸の辺りがムカムカして、嘔吐が起こりそうな感じで、悪心ともいわれています。

 

消化器が原因で吐き気が起こることもありますが、心臓や脳、目や耳などさまざまな病気が原因となって起こり、生命に関わる場合のものもあります。

 

日常生活から考えられる原因のものは、食べすぎや飲みすぎ、ストレス、乗り物酔い、食あたり、妊娠、薬の副作用などが上げられます。

 

上記が原因の場合は、それぞれにあった対応をとることが可能です。

 

食べ過ぎや飲みすぎは市販の胃薬を飲むことはもちろん暴飲暴食はしない。

 

乗り物酔いは乗車まえに酔い止めを服用するなどです。

 

ただ、妊娠中や薬の副作用で起こる吐き気は、病院に行き相談してみることをおすすめします。

 

吐き気は、疾患が原因で起こるともあります。

 

それは、急性胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がん、虫垂炎、腸閉塞などの消化器疾患や、肝炎、膵炎、胆石、腹膜炎など数々の疾患が原因になります。

 

また、上記だけではなく、耳の異常から起こるものや、脳卒中、心筋梗塞、緑内障、更年期障害や、自律神経失調症などでも起こります。

 

吐き気のと治し方

まず、吐き気を催したときは、衣服などを緩めて横になり安静になることをおすすめします。

 

そして、手元に市販の薬などがあれば薬を活用します。

 

内臓疾患から起こる吐き気は、我慢することができず吐いてしまいますので、そういった場合は即救急車を呼ぶべきです。

 

また、吐き気とともに激しい頭痛や胸痛、腹痛、意識障害をともなう場合や、頭部を強く打ったりした場合も、救急車を呼び一刻も早く病院へ行くべきです。

 

背痛とは!?症状と原因や治し方!

1367834937957

背中の痛みの原因には、背中の筋肉疲労によるものから、背骨や体のゆがみによるもの、胃・肝臓・腸などの内臓の病気に伴う痛みなど、様々なものがあります。

 

まずは、「筋肉疲労」です。背中の筋肉の疲労による「こり」や「筋肉痛」です。

 

背中の筋肉を疲労させる原因には、

「背筋を使った運動」

「姿勢の悪さ」

「肩こりや腰痛に伴うものや姿勢のゆがみ」

「長時間同じ姿勢でいることによるもの」

などがあります。

 

骨の異常の場合は、整形外科や神経科にいくことをおすすめしますが、こりや筋肉痛などの場合はストレッチやマッサージなどで解消できます。

 

背痛は内臓が病気になることも!?

背痛は、背中の筋肉や骨が直接の原因ではなく、内臓が原因で背中が痛むことがあります。

 

それは、肺の病気、胸膜炎、肺炎、心疾患、腎疾患、消化器系の疾患、生殖器系の疾患、神経系の疾患と様々あります。

 

内臓の病気のサインとして出ることもあり、右の背部痛の場合は、主に肝臓・胆のう・十二指腸などの病気が疑われ、左の背部痛の場合はすい臓の病気が考えられます。

 

すい臓の病気の場合は、自覚症状がほとんどなく進行が遅く発見が難しいため深刻な状態になっていることもあるようですので、それが疑われる場合は病院にいくことをおすすめします。

 

アルコールを多量に摂取している人や脂肪分が多い食事をしている方は、背中の痛みがでたらすい臓を疑ってみても良いでしょう。

 

ですが、大体の場合は背部痛の原因として多いものは内臓の病気によるものではなく、筋筋膜痛症候群といわれるものになります。

 

これは急性の筋肉の障害や筋肉の使い過ぎが原因で、筋肉内に硬いしこりのような部分ができる症状のことです。

 

いわゆる、凝っている状態や筋肉痛と言われるものです。

 

この場合の背痛は、お風呂などでマッサージをしたり、シップをしたり、軽めのストレッチを行うことをおすすめいたします。

 

(Sponsored Link)
The following two tabs change content below.

ペリ&肌男

健康や美容がテーマとなります。主にダイエット&ニキビを中心にブログを立ち上げました。男女2人がこのブログの管理人で、それぞれのコンプレックス解消に役立った商品の生のレビューや解消方法などを紹介しています。