低血圧になると、めまいや立ちくらみなどが酷くなり、特に朝起きたばかりのときなどの立ち上がる際に、血圧が低下する起立性低血圧が生じます。

 

症状が重くなると失神することもあり、そのときの周囲の状況によっては体の一部に負担がかかるような転倒をしたり、骨折する危険性もありますので、日頃から注意が必要です。

 

低血圧というのは、原因は血圧が通常の人よりも低いことによって生じます。血圧が低いので瞬時に血液が組織に行き渡ると言うことがなく、動き出したときに貧血の状態になってめまいや立ちくらみを起こすと言うものです。

 

(Sponsored Link)

低血圧の原因は?改善方について

低血圧の症状の改善法とは?原因を予防するには!?

そのため、これらの症状の改善法としては、やはり自分の血圧についてきちんと把握しておくことが最も重要になります。

 

高血圧でも同じような対策を取りますが、まずは病院にいって正確に血圧を測ってもらいましょう。その結果、やはり最高血圧が特に低いと判断された場合には、昇圧剤、自律神経調節剤、血管を収縮する薬などを処方してもらい、ある程度症状を抑えることができます。

 

低血圧で怖いのは、血圧が低いことよりもいきなり失神したりふらついたりする危険性があるということです。

 

低血圧による事故に注意!

特に、電車を待っているときや信号を待っているときなど、事故に遭う危険性が高いところで失神してしまった場合には、他に人が居なければ命に関わる危険も考えられます。そのため、普段から気をつけて生活しましょう。

 

たとえば、目が覚めたときは飛び起きたりせずにゆっくり体を起こしたり、入浴はぬる目のお風呂で早めに上がったり、血液が頭にたまらないように枕を高くして眠ったり、暑い時期はめまいなどを引き起こす可能性が高いため、外出を避けるなど、少し気をつけるだけで危険度はかなり減少します。

 

また、薬の服用は医師や薬剤師の指導の下、きちんと服用するようにしましょう。

(Sponsored Link)

 

低血圧の予防法とは!?

低血圧の症状の改善法とは?原因を予防するには!?

これは、日常生活において少しでも症状を改善させる効果があると考えられることを行うのが理想的です。たとえば、ストレスは万病に通じると言われていますが、やはりめまいの原因になることも考えられます。

 

極力リラックスして、休みを取りながら動くようにしましょう。また、高血圧の人は塩分を制限されていることからも分かるように、塩分には血圧を高める働きがあります。

 

あまり塩分を摂りすぎても逆効果ですが、成人の場合には一日の理想的な摂取量が10gと言われています。これに2~3g程度追加して摂取するようにすると、徐々にではありますが、血圧が高くなっていくことが実証されています。

 

筋肉で血流の流れを改善!?

また、運動も低血圧の症状の改善法としてよく知られています。元々、低血圧というのは下半身に血液がたまり、脳や心臓に十分な血液が行き渡らなく、これらの症状を引き起こすきっかけであると言われていますが、下に溜まった血液を押し戻すのは筋肉の力です。

 

そのため、運動をすることによって筋肉をつければ、これまでよりは血流が上に上がりやすくなり、症状を改善させたり予防することができるようになるのです。

 

といっても、必要なのは下半身の筋肉で、上半身だけを鍛えてもそれほど期待できるような効果は見られません。

 

また、低血圧の人は激しい運動をすると心拍数が増えすぎることがあります。誰でもできる方法としては、無理のない範囲のウォーキングなどがおすすめです。

 

また、スクワットや水中歩行などもおすすめですが、この方法は継続して行うこと出始めて効果が期待できるようになりますので、基本的には誰でも毎日続けることができるメニューを組むことが重要になります。日常生活に気をつけつつ、運動も行って、徐々に正常な血圧に戻していくと良いですね。

 

(Sponsored Link)
The following two tabs change content below.

ペリ&肌男

健康や美容がテーマとなります。主にダイエット&ニキビを中心にブログを立ち上げました。男女2人がこのブログの管理人で、それぞれのコンプレックス解消に役立った商品の生のレビューや解消方法などを紹介しています。