低血圧症状には、身体がフワフワとしてふらついたり、疲れやすいなどがありますが、それに伴いめまいやしびれ眠気などを感じることもあります。

 

低血圧は、血液が流れているときに血管を押す力である血圧が低い状態を指します。血管が広がりすぎたり、血液の循環が悪いということでも現れます。

 

男性よりも女性に多く見られ、20代から30代の女性では100人に2人から7人程度の割合で低血圧が確認されています。

 

(Sponsored Link)

低血圧の症状はしびれや眠?原因とは?

低血圧の症状はしびれや眠気?病院で治せるの?
自分自身で低血圧であると確認していない人もいることから、この数字以上に存在していることが考えられます。痩せ型で筋肉質に人に多いということは言われています。

 

ですが、その体型でなくともめまいやふらつき、しびれ、眠気、倦怠感、耳鳴り、食欲不振、むくみ、冷え性などを度々感じるようであれば、低血圧を疑ってみましょう。

 

低血圧は血液の循環が悪いことを表していますが、これらの症状は「血液の循環が悪い」ことが原因で起こる症状です。全ての症状が一度に現れるということではなく、一つないしは複数が重なって起こるものです。

 

一つも当てはまれば、可能性はあるということです。ただし血液内のヘモグロビンが不足することでこのような不快感を訴えることもあり、これは貧血症ですので全く別のものとなります。

 

サプリの摂取も大切

規則正しい生活習慣に務める改善方法もあるという意味ではどちらが原因でも必要な処置になりますが、食事やサプリメントの取り方は変わってきます。

 

なぜそのような不快な状態に陥るのかといった原因ははっきりさせなければた正しい対策を講じることはできません。

 

また全く別の病気が原因で起こっていることも考えられますので、病院での受診が望ましいと考えられます。単に低血圧であるというだけではなく、身体の内部で出血を起こしているときに、血圧の変化が起こるということもあります。身体の不具合を知らせる大切な情報ということお、考慮しましょう。

(Sponsored Link)

 

低血圧を病院で治せるのか?

低血圧の症状はしびれや眠気?病院で治せるの?

低血圧が病院で治せるの?ということについては、有効な薬などもありますので、可能です。重度な低血圧において交感神経を刺激することで血管を収縮させるとともに心臓からの血液の量を増やして血圧を上げる昇圧剤や、自律神経の緊張をほぐす抗不安剤などが治療に用いられることもあります。

 

これらの薬には副作用があり、動機や頭痛、吐き気といったものを伴うことから、高齢者には使われないといったこともみられるます。

 

若ければそのリスクに耐えられる体力がありますから用いることもできますが、副作用の危険性と低血圧が引き起こす健康被害との兼ね合いを見て、投与を検討しなければなりません。

 

しびれやめまいには要注意

確かにめまいやしびれの症状が激しければ、それだけ生活にも支障が出てしまいますので、若干の副作用は覚悟の上で投与を選択すべき時もあります。

 

しかし出来る限り薬に頼らず、身体への負担が少ない生活習慣の改善によるアプローチが勧められているのはいるのはそのためです。

 

自律神経の働きを整え、血管の拡張や収縮が円滑に行われるように生活リズムを改善し、適度な運動とバランスの良い食事に気をつけることが、症状の緩和に役立ちます。昼間は日光を適度に浴び、夜は夜更かしをせずに充分な睡眠に心がけることも有効です。

 

精神的なストレスも自律神経に影響!

また精神的なストレスを強く受けると自律神経の働きにも不具合が出てしまい、結果として低血圧の症状が悪化するということもあります。精神的なストレスは人間関係によって起こるものですので、自分ではどうしょうもないと考えがちです。

 

しかし体力は気力と言われるように、健康を維持することで精神的なストレスに対する耐性が生まれます。まずは健康的な生活に心がけることが先決となります。

 

低血圧症は病院で治すことが可能ですが、薬による症状の緩和だけではなく、根本的な自助努力が改善には大きく影響します。

 

低血圧の症状の改善法とは?原因を予防するには!?

 

(Sponsored Link)
The following two tabs change content below.

ペリ&肌男

健康や美容がテーマとなります。主にダイエット&ニキビを中心にブログを立ち上げました。男女2人がこのブログの管理人で、それぞれのコンプレックス解消に役立った商品の生のレビューや解消方法などを紹介しています。