低温やけどの跡は一度出来てしまうとなかなか消えません。昔してしまったやけどの跡が、大人になっても残ってしまっているというやけど跡の方もいらっしゃいます。

 

低温やけどしてしまった場合の対処法やおすすめの治療方法などについて紹介していきます。低温やけどとは、どういった状態のことを言うのか、どういう種類があるのかなどを知りたい方は必見!

 

低温やけどの原因には、低温のものでも長時間肌に密着など、つけたままにしたことから起こるやけどです。

 

(Sponsored Link)

低温やけどの原因

yakedo

体に貼るタイプのホッカイロをつけたままで外出などしてしまい、長時間付けたままにしていたり、湯たんぽなどに直接足を乗せたまま寝てしまったりすることでやけどになります。

 

カイロで低温やけど!処置や治療は?症状はしびれ?

 

また、スポーツなどで良くやるアイシングなどの氷でも長時間皮膚に付けることで低温やけど(厳密には凍傷)の原因になります。

 

アイシングする際は、氷などを入れ過ぎないようにして冷たくし過ぎないように注意して下さい。また、同じ箇所にずっと長い時間氷や氷水などをあてないようにして下さい。アイシングによるやけども起こります。

 

低温やけどの症状

症状としては、赤みが出たり、腫れ、水ぶくれ(水泡)、肌の皮が剥けるなどがあります。皮膚の表面ではわかりにくい真皮や皮下組織などが熱傷しているケースが多くあります。

 

見た目ではわかりにくいのが低温やけどの症状で、低温やけどではやけどをした当初は症状が出ていなくても、時間の経過と共に症状が表れるということがあります。

 

皮が剥け始めると痛みを伴いますし、部分的な腫れだとアザが出来たようになりますし、水ぶくれなども治療が遅れたり、放置したりすると後々までやけど跡(痕)として残ってしまいます。

 

低温やけどの対処法!氷は危険?

急に氷水などの入ったもので冷やすのではなく、徐々に冷やすようにして下さい。やけどの具合によっては体温の調節機能が上手く機能しないことがあります。氷を使うことで、低体温などになる可能性もあるので水道水で冷やすようにしましょう。

 

氷はやけどによる熱傷を刺激してかえって熱傷部位を悪化させてしまう可能性があります。

 

低温やけどの特徴は、深いやけどで、表皮、真皮、皮下脂肪組織にまで及びます。高温やけどのように瞬間的な痛みや症状として出にくいですが、肌に与えるダメージは大きいのでワセリンなどの軟膏で良いので対処する必要があります。

 

特に冬場などの寒い時期は、やけどのダメージと気温により低体温の心配もありますので、氷を使わないで冷やす方法で応急処置として下さい。損傷がひどい場合だと患部を切除するなど、手術をしなくてはならなくなるケースもあります。

 

やけどが酷い場合は皮膚科へ行こう!

低温やけどをしてしまった際には、皮膚科に少しでも早く受診されることをおすすめします。やけどは治療や対処が遅れると肌に跡(痕)として残ってしまいます。

(Sponsored Link)

 

やけど跡(痕)は、残るとなかなか消えにくいやっかいなものとなるので、なるべく早い初期段階での皮膚科などへの診療をおすすめします。

 

専用の軟膏などを処方してもらえ、市販では手に入らないものなので病院へ行かれて下さい。やけど跡(痕)がひどいようだと皮膚移植などの手術をしなければいけないなどのケースもあります。

 

やけどは3段階に分けられる!

やけどには3段階に分かれており、第1段階として皮膚の表面のやけど。第2段階では肉にまで及ぶやけど。第3段階では神経にまで及ぶやけど。とあります。第3段階になると移植などが必要になります。

 

また、自分で出来る治療方法では、市販の白色ワセリンやワセリンを購入してきて厚めに塗るようにしましょう。

 

低温やけどは、高温やけどと違って最初はむくんでる程度のものでやけど跡(痕)にもならないだろうと放置などしていると、徐々に赤みが出てきたり、すり傷のように剥けてきたりします。

 

時間の経過と共に症状として表れる場合があるので、軽視しないでしっかり対処、治療などしましょう。また、カイロや湯たんぽなどでの低温やけどの場合、水ぶくれなどになることがあります。

 

皮膚の深い部分まで傷を負っている証拠なので、放置しているとやけど跡(痕)として残るようになってしまうので注意して下さい。

 

氷でも低音やけどを発症する!?

kori

低温やけどは、氷などでも発症するのでしょうか。ドライアイスなどは直接手で触ったりするとやけどになることで有名ですが、ドライアイス以外にも気をつけておきたい低温やけどについて紹介致します。

 

一般的にやけどというと高温での火傷をイメージしがちですが、低温でもやけどになりますし、やけど跡(痕)も残ります。

 

高温での火傷は冷たい水や氷水などにつけることで自宅で出来る応急処置となりますが、低温やけどの場合は水や氷水につけて冷やしても意味がありません。

 

凍傷のリスクとは

氷などで起こるやけどは、正確には低温やけどではなく、凍傷です。凍傷はやけどの場合などと違い、冷たい水につけてもしょうがないので、洗面器などにぬるま湯をはり漬けて下さい。

 

凍傷は、極度に低温の物質を肌で直接触ることでなります。ドライアイスのようなものと、アイシングなどを長時間し過ぎで起こるものです。

 

ドライアイスなどは決して、肌で直接触るなどしないように注意して下さい。貼り付いてしまい、凍傷になる確率が高くなります。もちろん氷を直接、手で持つなどしても時間が長くなると凍傷になります。

 

やけど跡(痕)になることもあり、10円玉くらいのアザのような腫れになることもありますし、水ぶくれなどになることもあります。

 

ぬるま湯で応急処置しよう!

氷を長時間、肌にあてるなどの行為(アイシングも含め)は凍傷の可能性があるので、止めるようにした方が良いと言えます。

 

ぬるま湯などの応急処置が終わったら、速やかに皮膚科などの診療を受けるようにして下さい。雑菌などが傷や潰れた水ぶくれから入ると化膿して悪化する原因にもなります。

 

氷でも凍傷は発症するので、十分注意をしてアイシングしたり、氷を取り扱うなどするようにして下さい。

 

(Sponsored Link)
The following two tabs change content below.

ペリ&肌男

健康や美容がテーマとなります。主にダイエット&ニキビを中心にブログを立ち上げました。男女2人がこのブログの管理人で、それぞれのコンプレックス解消に役立った商品の生のレビューや解消方法などを紹介しています。