(Sponsored Link)

「糖尿病 初期症状女性は40代や50代に注意!?」です。

 

 

糖尿病は一度かかってしまうと完治するのが難しい病気です。

 

(Sponsored Link)

40代・50代女性の糖尿病初期症状

糖尿病 初期症状 女性は40代や50代に注意!?

 

糖尿病は誰にでも発症することでありますが、

 

 

一度発症してしまうと完治することが難しいといます。

 

メタボ検診で糖尿病予備軍と診断された方は少なからず糖尿病を気にしているでしょう。

 

特に、40・50歳~は定期検診や体の状態への気配りが大切となり、

 

 

気づかない内に2型糖尿病になっている可能性もあります。

 

10~15年経過して初めて糖尿病の初期症状である神経障害や網膜症がおきます。

 

こうなってしまっては画びょうを踏んでも気づかず、足が腐ってしまっている場合、

 

 

むくんだ足の甲をメスで切ると、痛みを共わずに膿が溢れ出ることもあります。

 

糖尿病患者の多くはお酒や食べ物の量が多い女性よりも男性に多いです。

 

 

ですが、8~9%の女性は糖尿病予備軍の疑いがあるといったデータがあります。

 

年代別によると、

■30代女性が全体の1%

■40代女性が30代の3倍以上

■50代が30代の7倍以上

■60代が全体の10%以上

 

といった結果になっています。

 

つまり、30代後半から糖尿病に気をつけなければいけません。

 

特に女性の方は40代くらいから女性ホルモンが減少していくので内蔵に脂肪が溜まりやすくなり、

 

 

コレステロール値も上がりやすくなります。

 

糖尿病には風邪が発症した後に突然あらわれたり、

 

 

女性の方であれば、妊娠中に体調が急変して1型糖尿病が発覚することもあります。

 

また、2型糖尿病であれば、5~10年前に発症していることにも気づかないで、

 

 

月日を過ごしている可能性もあります。

 

また、この場合、症状が軽いのではなく、

 

 

すで初期の慢性的合併症を引き起こしている可能性が2人に1人はいるといわれています。

 

1型糖尿病は突発的に発症するので合併症が隠れるということはないです。

 

糖尿病の症状が良くなる運動や食事法とは!?

 

糖尿病の怖い初期症状

糖尿病 初期症状 女性は40代や50代に注意!?

 

典型的な糖尿病の初期症状とは頻繁に多量の尿がでたり、

 

 

喉が乾いたり、何もしていいないのに体重が落ちたといったケースが見られます。

 

また、血糖に関して、空腹時が126mg/dl以上、または普段から200mg/dl以上、

 

 

HbA1C 6.1%以上である場合、糖尿病だと判断して良いでしょう。

 

 

糖尿病の血糖値が安定しない理由とは!?

 

 

糖尿病の判断には特に症状がなくても、別の日と合わせた2回以上の血糖値の検査から診断できます。

 

その際に上記のような血糖値が現れた場合、糖尿病となります。

 

血糖値ですが、健常者であれば、食後であっても140mg/dlを超えることはないですが、

 

 

糖尿病患者がインスリンの不足事態に陥ると約1,000~2,000mg/dlになる可能性もあります。

 

糖尿病で怖いのが意識障害を起こしてしまう「高浸透圧高血糖症候群」というものがあり、

 

 

これは2型糖尿病患者にみられます。

(Sponsored Link)

 

 

高血圧の予防に効果的なサプリはどれ!?

 

 

また、薬剤や感染症・脱水などから血糖値が600~1,500mg/dlまで上がり意識を失うことがあるので、

 

 

一人暮らしをしている糖尿病患者は気をつける必要があります。

 

 

現状では3人に1人が糖尿病と診断されていない隠れ糖尿病患者がいますので、

 

 

突破的な意識障害は本当に危険です。

 

では、以下に糖尿の高血糖が全身に及ぼす症状をまとめますね。

 

糖尿病の初期症状!足にかゆみやむくみ、痛みも出る!?

 

 

糖尿病が体に及ぼす悪影響とは

糖尿病 初期症状 女性は40代や50代に注意!?

■頻繁な排尿や喉の渇き

血糖値が高いと、血液が濃い状態なので、

 

 

水を飲むことで薄めようとします。

 

その際に、水を多く飲むことから大量の尿を排出するようになるのですが、

 

 

高血糖だとブドウ糖を体内に取り込めないせいで、砂糖入りの甘いソフトドリンクを飲みたくなります。

 

こうなってしまっては、水を飲めば飲むほど、喉が渇いていくようになるので、

 

 

予防するためにも、血糖値は常に図り、インスリンの単位不足を防ぐ必要があります。

 

また、頻繁な排尿といっても一概に同じ量ではなく、少量であったり、

 

 

排尿時に痛みや血が混じることで尿道炎である可能性もありますし、

 

 

前立腺に問題が生じている可能性もあります。

 

 

特に、普段からお茶やビールが好きでよく飲んでいることから、

 

 

喉の渇きや多尿に気づかない場合もあるので注意しましょう。

 

 

■目がぼやける

高血糖が何年にも渡ると、網膜症になる可能性もあり、

 

 

数年であったとしても糖尿病網膜症と診断されることもあります。

 

 

高血糖が数日以上続くと、眼のレンズが膨らみ

 

 

厚みが増すので老眼鏡をかけたような状態になります。

 

 

ですが、血糖を抑制すれば数日で改善されますが、

 

 

眼のレンズが完全に元にもどるまで約6週間以上かかります。

 

 

■脱力感や疲労感

糖尿病による低血糖や高血糖は脱力感や疲労感につながります。

 

 

高血糖であれば、インスリン不足によりエネルギー源のブドウ糖が筋肉に取り込めない状態になっているのです。

 

 

低血糖となれば、インスリンを取り込み過ぎて、不安感や集中力の低下といった、

 

 

自律神経や中枢神経に問題が生じます。

 

 

■空腹感や体重減少

インスリン不足による高血糖は糖が尿として排出されてしまうと、

 

 

ブドウ糖が取り込めないことによるエネルギー不足が起きます。

 

 

これが原因で、ブドウ糖を代替えするために、

 

 

筋肉のタンパク質や脂肪を分解してブドウ糖の代わりにエネルギーに変えてしまうので、

 

 

体重が減っていくのです。

 

また、高血糖で痩せてしまうのは体にとっては悪い状態といえます。

 

免疫力が下がり感染症を患ってしまったり、思考力の悪化や神経障害の痛みを増すこともあります。

 

40代・50代の方で糖尿病を気にしている方であれば、糖分や塩分を控えて、

 

 

体を動かす時間を増やす必要があります。

 

生活習慣の改善を継続していくことで失明や足の切断といった最悪の事態を回避することが大切ですね。

 

白井田七は糖尿病やアトピー、痛風の改善に効果的!?

 

(Sponsored Link)
The following two tabs change content below.

ペリ&肌男

健康や美容がテーマとなります。主にダイエット&ニキビを中心にブログを立ち上げました。男女2人がこのブログの管理人で、それぞれのコンプレックス解消に役立った商品の生のレビューや解消方法などを紹介しています。