(Sponsored Link)

「溶連菌感染症で咳や鼻水、めまい?疲れや頭痛?」

 

溶連菌感染症は、言葉の通り菌による感染症ですが、症状だけ見ると、咳や鼻水などはもとより頭痛などを引き起こしますので、風邪の症状に近いことが多いです。

 

(Sponsored Link)

この風邪の症状というのがくせもので、風邪だから、薬でも飲んでれいれば治るだろうと軽く見ると痛い目に会うことがあります。

 

それはなぜかというと、溶連性感染症は風邪ではなく感染症ですので、合併症を引き起こす可能性が高く、重篤なケースですと、死に至るケースもないわけではありません。

 

ですから、風邪が長引いているなと思った時は症状の原因をよく把握して溶連性感染症がどうかを確認する必要があります。

 

また、溶連菌感染症に感染してしまった場合にはそれは受け入れざるを得ないので、溶連菌感染症の症状別にその原因と対処法について考えていこうと思います。

 

溶連菌感染症 大人と子供の症状は熱や咳、発疹?出席停止はいつまで?

 

溶連菌感染症の症状で咳や鼻水が起きる原因や対処法とは

溶連菌感染症の症状で咳や鼻水が出たり、発熱が出ることがあります。

 

ほぼ、風邪の症状ですが、菌による感染症ですから、誤ると大変なことになりますし、特に家庭に妊婦の方がいる場合には、要注意です。

 

では、この咳や鼻水が出たりするのはどうしてなのでしょうか。

 

これは溶連菌の感染によって現れる症状の一つで、この場合急性咽頭炎か扁桃腺炎である可能性が高いです。

 

症状的には、これ以外に全身に発疹が現れることもあり、これは猩紅熱(しょうこうねつ)と呼ばれています。

 

検査や診断をして貰う場合に、「のどが赤くなってますね」で終わる場合もあります。

 

ですが、風邪薬を服用しても症状が良くならなかったり、或いは猩紅熱(しょうこうねつ)の症状があったりした場合には、溶連菌感染症と診断されることになります。

 

この急性咽頭炎や扁桃腺炎が併発している場合の溶連性感染症の治療については、まずは、しっかりとうがいをして、清潔にすることがまず大事です。

 

次にタバコや飲酒と言ったの喉に無用に刺激を与えるようなことはしないということですね。

 

次に薬の服用に関しては、痛みや発熱に対しては解熱剤を用いますし、何よりも溶連性感染症なので、抗生剤の服用が最低でも10日は必要です。

 

また、抗生剤についても、本来抗生剤の中でペニシリン系が一番効果があるということが、ここ50年ほどの治験で明らかになっています。

 

ですが、一方で、アレルギーの問題もありますので、その点はよく医師と相談の上で処方してもらうことがよろしいかと思います。

 

溶連菌感染症の症状でめまいや頭痛の原因や対処法とは

溶連菌感染症の症状でめまいや頭痛が起きた場合は、A群溶血性連鎖球菌によって起こる感染症の1つである劇症型溶血性連鎖球菌感染症を疑った方がいいかもしれません。

 

この劇症型溶血性連鎖球菌感染症の症状はというと、めまいや発熱、頭痛といった初期症状から始まり、その後全身に赤い斑点がでたり、ひどい症状になるとインフルエンザに似た症状が出て、錯乱状態に陥ることもあります。

 

それ以外の症状で言うと、舌に発疹が出てイチゴのようになるイチゴ舌になることもあります。

 

このように溶連性感染症であるかどうかを確かめるためには、医療機関などでA群溶血性連鎖球菌迅速診断キットを使用することです。

 

ここで溶血性連鎖球菌感染症になった場合のち療法としては、抗生剤をやや長期に服用する以外にありません。

(Sponsored Link)

 

それは、溶連性感染症はその名の通り感染症ですから、医師の指示通りきちんと抗生剤を服用しないと治りません。

 

逆に熱が下がったからという理由で抗生剤の服用を止めたりとかすると、急性糸球体腎炎やリウマチ熱が併発してしまう可能性があります。

 

したがって、医師の処方箋通りきちんと抗生剤を服用しましょう。

 

通常は、1ヶ月ほど服用した後に尿検査をしましょうと医師からの提案がありますので、その時はきちんと検査をして溶連性感染症が完治したかどうかを確認する必要があります。

 

また、溶連菌感染症の予防についてですが、溶連性感染症は咳やくしゃみなどの飛沫感染によって感染しますので、家族の誰かが溶連性感染症になってしまった場合には

 

・同じ食器は使わない

・手洗いやうがいはしっかりする

・マスクをする

・家族全員が抗生剤を服用する

 

というような予防をするように心がけることが必要です。

 

溶連菌感染症で疲れた時の体力回復法とは

以上、溶連性感染症というのは、色々な症状があり体への負担が実に大きいということがわかります。

 

この病気で弱った体を、回復させるためにはどのような方法があるのでしょうか。

 

食事の面から考えてみると、まずは消化の良い温かいものを食べるということが、体には優しいと言えます。具体的にはおかゆやうどんとったものがお勧めです。

 

また、もし秒後ということもあって食欲がもしなければ、無理して食べる必要もありません。

 

また、食べるにしても、満腹も避けたほうが良いです。

 

まずは腹5部目くらいが良いと思います。

 

では、こういう状態の時に食べることを控えたい食べ物をご紹介しておきます。

 

・生もの(果物、生野菜、刺身など)

・冷たいもの

・ねばねばするもの

・油っこいもの

・肉類

・消化が悪いもの(ナッツ類)

・温かいうどん以外の麺類

・辛いもの、塩辛いもの

・甘いもの(お菓子、ジュース、パンなど)

・味の濃いもの(添加物の多いもの)

・酒

・乳製品

 

などで、いわゆる刺激物や味の強いものは食べないほうがいいでしょう。

 

生活はどう心がけることが必要かというと、病気で体力を消耗しているので、まずは体を回復させることが大事です。

 

具体的には

・体を温めるように心がける

・無理にお風呂は入らない。無理をすると逆に体力が奪われます。

・寝る!(体を横にすることで肝臓に血液が戻るので、体力の回復が早まります)

・首や手首、足首に風をあてない(つまり冷やさないということですね。)

 

以上、溶連性感染症は体へのダメージが思っている以上に大きいですから、

・体をとにかくいたわる

・体を冷やさない

 

という心がけがとても大事です。

 

溶連性感染症は、通常冬場と夏が始まる直前に発症することが多いです。

 

この時に風邪の症状があるけれども、風邪薬を服用しても一向に良くならないというようなときは、溶連性感染症の可能性が無きにしもあらずです。

 

ですから、一度医療機関で検査をすることをお薦めします。

 

(Sponsored Link)
The following two tabs change content below.

ペリ&肌男

健康や美容がテーマとなります。主にダイエット&ニキビを中心にブログを立ち上げました。男女2人がこのブログの管理人で、それぞれのコンプレックス解消に役立った商品の生のレビューや解消方法などを紹介しています。