(Sponsored Link)

溶連菌とはのどに感染する細菌で感染すると、のどの痛みや発熱を引き起こしてしまいます。

 

一般的には子供にかかりやすく5~15歳の子供に多いです。空気の乾燥や寒くて喚起があまりできない冬の季節に多い病なのです。

(Sponsored Link)

 

溶連菌感染症の概要 

溶連菌感染症 大人と子供の症状は熱や咳、発疹?出席停止はいつまで?

溶連菌感染症は、風邪のような症状に近いですが、通常の風邪よりも熱が高く、喉の粘膜が赤く腫れて強い痛みを伴うのが特徴です。

 

また、溶連菌は合併症を引き起こしやすい細菌といわれています。

 

溶連菌感染症の感染経路

溶連菌感染症 大人と子供の症状は熱や咳、発疹?出席停止はいつまで?感染経路は溶連菌にかかった患者さんの咳やくしゃみのつば・しぶきによる飛沫感染が多いです。

 

また、細菌が手を介して口に入っても感染することもあります。特に、溶連菌感染症になり始めの時期は感染力が強いです。

 

溶連菌感染症の症状について

■喉の痛み・高熱38~40度

■体・手足に赤い発疹

発熱後12~24時間後※かゆみを伴う場合もある

■舌に苺のような斑点ができる

■腹痛・食欲不振・頭痛・倦怠感

飛沫感染するので大人や家族に二次感染する可能性が高いです。兄弟間では約50%で親子間では約20%という統計があります。

ちなみに、潜伏期間は1~7日となります。

 

溶連菌感染症で咳や鼻水、めまい?疲れで頭痛も?

 

感染した子供の出席停止・検査方法とは

溶連菌感染症 大人と子供の症状は熱や咳、発疹?出席停止はいつまで?

溶連菌に感染した子供の出席停止ですが、学校保健安全法第三種により

 

■医療機関の受信日とその翌日

 

までは登校・登園はできません。ですので、抗生物質を服用して熱も治まった3日間後に登校すると感染力もないので安心ですね。

 

病院での検査方法とは?

病院での検査方法は唾液を調べて、約10分程経過したら結果がわかります。症状がわかりにく時は喉の赤く腫れた所を綿棒等でこすったり、鼻汁で検査する場合もあります。

 

また、腎臓にも異常はないかを調べるために尿検査をする場合もあります。

 

何科にいけばいいの?

子供であれば、小児科でいいですが、大人であれば耳鼻科がいいです。完治したかどうかは、発症時の症状が改善された2~3週間後に再検査をしましょう。

(Sponsored Link)

 

合併症には注意した方がいいですし、必ず再検査をした方がいいです。

 

溶連菌感染症の治療方法

溶連菌感染症 大人と子供の症状は熱や咳、発疹?出席停止はいつまで?

 

溶連菌感染症は菌がしつこいので自然治癒することはないです。治療はペニシリン系の抗生物質を服用する必要があります。

 

大体2~3日程で熱は治まりますが、解熱後約1週間経過して手足の皮膚がふやけてくることもあります。これは治っている途中なので安心してもいいでしょう。

 

ですが、アトピー性皮膚炎の子供は病変部に溶連菌がはいると重症化することもあるので注意が必要です。

 

ですので、溶連菌を完全に治癒させるために10日間程は抗生物質を飲み続けないといけません

 

溶連菌感染症に抗生剤でジスロマックやクラリス?

 

有効な抗生物質を服用すると24時間後には感染力がなくなるので他人にうつすこともないでしょう。抗生物質以外にも水分補給を十分に行うといいです。食べ物は消化の良いもがいいですね。

 

のどごし・消化の良い食べ物

■ゼリー・ヨーグルト・プリンポタージュ等

■おかゆ・煮込みうどん・煮た野菜・豆腐・茶碗蒸し・パン粥

また、発疹が出ている時はお風呂に入って温めるとかゆくなってしまうので、温め過ぎないようしましょう。

 

溶連菌感染症の合併症とは

溶連菌感染症 大人と子供の症状は熱や咳、発疹?出席停止はいつまで?

風邪のような症状ですが、完全に治さないと合併症を引き起こす可能性が高いです。

 

合併症には

■血尿

■中耳炎・急性腎炎

■全身の皮膚に赤い発疹がでる紅熱

■壊死性筋膜炎
⇒筋肉が腫れて腐る症状

■リウマチ熱
⇒感染者の2~3%

 

溶連菌感染症が治ったと思っても2~3週間後に突然40度近くの高熱が発症して、関節痛になることもあります。

 

大体7割程が関節痛になりますが、心臓弁膜症になることもあるのです。

 

心臓弁膜症とは?

心臓には4つの弁があり、これは心臓に流れる血液の流れを一方向にするためについているものです。逆流すると大変ですもんね。

 

その弁膜に障害をきたすことが弁膜症というのです。また、溶連菌感染症の合併症になると溶連菌感染症の再発にかかりやすいので、抗生物質で完全に治した方がいいですね。

 

溶連菌感染症は風邪の予防と同じで手洗い・うがいを十分にするといいです。

 

大人の溶連菌感染症について

子供が溶連菌感染症になると、上記のような症状を引き起こす可能性が多いですが、大人の場合、免疫がついていることが多いので熱・咳等の症状がでないことが多いです。

 

(Sponsored Link)
The following two tabs change content below.

ペリ&肌男

健康や美容がテーマとなります。主にダイエット&ニキビを中心にブログを立ち上げました。男女2人がこのブログの管理人で、それぞれのコンプレックス解消に役立った商品の生のレビューや解消方法などを紹介しています。